日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

斎藤工特集

やっぱり似ている?

ananでお色気再び…斎藤工の原点回帰に“激似俳優”の存在

2011年に放送された斎藤工(34)主演の医療ドラマ「最上の命医」(テレビ東京系)が10日、スペシャル版「最上の命医2016」として復活する。番組HPに届き続ける続編待望の声から実現に至ったという。 その斎藤が発売中の「anan」でAKB48の小嶋陽菜(27)と共に表紙を飾り、女性ファンの間で話題沸騰中だ。ホテルでの密会をテーマにした巻頭グラビアは、18ページにわた…

人気絶頂なのに本人はビクビク

斎藤工は心配するが…「一発屋俳優」評論家が挙げたあの名前

「昼顔」や「医師たちの恋愛事情」で人気絶頂の斎藤工(33)が意外や、自分の将来に不安を感じているという。「昼顔」での“壁ドン”があまりに有名になり過ぎたため「このままだと一発屋俳優になってしまうのでは?」というわけだ。 実際、「さんまのまんま」や「ヨルタモリ」などで同様の発言を繰り返している。さすが、売れっ子、「一発屋芸人」になぞらえて「一発屋俳優」とはうまいネーミ…

すでにあちこちで裸を披露している斎藤工/(C)日刊ゲンダイ

「絵になる」「キモすぎ」 俳優・斎藤工の“不倫”ヌードに賛否

テレビドラマ「昼顔 平日午後3時の恋人たち」(フジテレビ系)で上戸彩(29)演じる主婦の不倫相手役を演じ、現在ドラマ「ダークスーツ」(NHK)に出演中の人気俳優・斎藤工(33)。4日発売の「週刊文春」(12月11日号)の巻頭グラビアで斎藤が披露した衝撃ヌードをめぐり、ファンの間で賛否が巻き起こっている。 “不倫の情事”をテーマに、急所を手で隠すようなポーズの全裸写真…

いっそ開き直ったら

酉年生まれ “年男年女”の吉凶

イメージ脱却どころか…斎藤工の逃れられぬセクシー路線

今年36歳になる年男の斎藤工がドラマ「昼顔」で上戸彩の不倫相手役を演じてブレークしたのはもう2年前。番組は尻上がりに視聴率を伸ばし、最終話は16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録、その年の流行語大賞にもノミネートされる社会現象にまでなった。斎藤自身も、このドラマ出演をきっかけに「医師たちの恋愛事情」「臨床犯罪学者 火村英生の推理」などのドラマに主演したほか…

イメチェン作戦の行方は…

斎藤工を自虐モードにさせる サンシャイン池崎の後遺症

17日、都内で行われた宝酒造の「松竹梅白壁蔵『澪(みお)』」の新CM発表会に登壇したのは、山本美月(25)と斎藤工(35)。今注目の美女とイケメンとあって会場は報道陣で賑わった。 お笑い芸人・サンシャイン池崎の絶叫完コピ芸が話題になって以来、イベントのたびに“意外性”を求められる斎藤。今回は手品を披露するも「僕なんかプラスアルファがないと、この場に立てないと思ってま…

池松壮亮とトム・クルーズ(右は03年の「ラストサムライ」公開当時)

斎藤工とラブシーンも 名子役から成長した池松壮亮の13年

■邦画に欠かせない俳優に 一昔前は藤竜也(75)や奥田瑛二(66)がでんと鎮座していたポジションを引き継ぎ、門脇麦(24)や市川由衣(30)、宮沢りえ(43)といった美人女優陣と絡むだけでなく、男優の斎藤工(35)とも濃厚なラブシーンをこなすなど濡れ場には欠かせない役者に……。 この日の会見では「(監督とトムの)お2人に出会っていなかったら東京にも出てきていなかっ…

広島県のガイドブックは即品切れ

福山雅治に代わる“最後の独身” 斎藤工が人気再上昇中

イケメン俳優・斎藤工(34)が異常な(?)人気になっている。 斎藤を表紙&巻頭ページに起用した広島県の観光プロモーション究極ガイドブック第3弾「カンパイ!広島県 広島秘境ツアーズ」がWEBでは即品切れ、銀座の「広島ブランドショップTAU」などにはガイドブックを求めて行列ができる騒ぎになっている。 昨年は奥田民生が登場して3週間で10万部が品切れになったとか。今の斎藤…

男同士のラブシーンを演じた池松壮亮(左)と斎藤工

池松壮亮&斎藤工の“BL濃厚ラブシーン”に女性ファン歓喜

今をときめく“裸体俳優”のツートップといえば、池松壮亮(25)と斎藤工(34)。 今月26日公開の映画「無伴奏」(矢崎仁司監督)では男同士の濃厚なラブシーンを披露し、とりわけBL(ボーイズラブ)好きの女性の間で話題になっている。 14日に行われたホワイトデープレミア試写会にも多くのファンが駆けつけ、座席数800の会場は満員御礼状態。池松が「あまりヒットのにおいがしな…

インパクトの強い独創ネタに中毒者続出

2016 新春「笑」芸人解体新書

斎藤工もハマった 芸人・永野はお笑い界の“危険ドラッグ”

転機となったのは、俳優の斎藤工(34)が永野の大ファンだとテレビで公言して紹介してみせたことだ。今をときめくイケメン俳優が絶賛したことで、世間の永野を見る目が少しずつ変わり始めた。それに伴って、永野自身にも変化があった。 従来は黒一色だった衣装の色もカラッと明るい青と赤の上下にかわり、見た目が華やかになった。そして万人には伝わりづらいマニアックな持ちネタが多い中で…

一時は日本中の女性を虜に

昨年の勢いどこへ? 斎藤工「大ブレークと急失速」のカラクリ

昨年のこの時期の勢いがウソのように失速しているのが俳優の斎藤工(34)だ。 昨年は7月クールに放送されたフジテレビ系の連ドラ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で主演の上戸彩の不倫相手を演じ一気に大ブレーク。上戸とのベッドシーンの印象が強烈で、おまけに躊躇せずに脱いで肉体美を披露するため、いつの間にか“セクシー俳優”の称号まで獲得したほどだ。 同ドラマ出演後はCMのオ…

斎藤工は余裕の笑顔

寝取り疑惑は収束も…斎藤工が今度は“妖怪壁ドン”呼ばわり

俳優・斎藤工(33)にかけられた寝取り疑惑の方は、発信元の堀江貴文氏(42)が否定して収束気味だったが、4日のイベントのタイトルが「ぶっちゃけトークショー」だったため、多くのマスコミが集まった。本来の目的は、映画「虎影」大ヒット舞台あいさつ。ここで主役の斎藤と共演者で毒舌キャラの鳥居みゆき(34)の初トークショーが繰り広げられたのだ。 さすがに鳥居も“寝取り疑惑”に…

もう新恋人発覚/(C)日刊ゲンダイ

押尾学に斎藤工も…離婚協議中の奥菜恵“魔性”のオトコ遍歴

その中には2度目の結婚前に写真週刊誌でツーショットを撮られた斎藤工(33)の名前も。08年に出版した告白本『紅い棘』で奥菜は、“年下の彼氏”の二股癖に悩まされたエピソードを明かしている。名指しこそしていませんが、その年下が誰だかは明白。ネットでは面白おかしく書かれたりしています」(芸能ライター) 性に奔放なオンナ。付き合った男はたまったもんじゃないが、「一般常識が全…

「昼顔」とは違った一面/(C)日刊ゲンダイ

ドラマ「ダークスーツ」主演 斎藤工が魅せる“遅咲きの華”

今では一、二を争う旬の俳優となった斎藤工(33)が主人公の企業ドラマだ。 日系の総合電機メーカーで働くヒラ社員が、企業再生を目指し、裏金工作で結託する取締役たちに挑むというオリジナル脚本の物語――。と、まあ、あらすじをさらうと過去に放送された「メイドインジャパン」や「七つの会議」といった、ゴリゴリの硬派なテイストかと思いきや、ノー。コラムニストの桧山珠美氏は「『半沢…

低音ボイスも魅力/(C)日刊ゲンダイ

「昼顔」で上戸彩とキス…斎藤工“男の色気”でブレーク必至

フジテレビ系の連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で、人妻(上戸彩=28)とひかれ合う既婚の高校教師を演じ、お茶の間の主婦たちをキュンキュンさせている斎藤工(32)。7日放送の第4話では、実生活でも人妻となった上戸と、ぎこちない初キスを交わした。 上戸にとって、結婚後初のキスシーン。百戦錬磨(?)の夫、HIROは動じないのかも知れないが、視聴者は大いに盛り上…

20歳で俳優デビューしてから鳴かず飛ばずが続いた

男たちの挫折 栄光までの戦い

ネガティブなポジティブで報われた 斎藤工の下積み時代

20歳で俳優デビューしてから鳴かず飛ばずが続いた

男たちの挫折 栄光までの戦い

ネガティブなポジティブで報われた 斎藤工の下積み時代

鈴木保奈美(左)と原田知世

あれもこれも言わせて

アラフィフ女が主役のドラマはバブル臭がする?

それはともかく、「運命に、似た恋」はそんな原田知世が斎藤工演じる年下男と恋する〈大人の純愛物語〉だそうだ。脚本は「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」の北川悦吏子でNHK初執筆作品。 原田知世演じるカスミは45歳のバツイチ子持ち。高校2年生になる息子がいる。富裕層向けの高級クリーニング店で働いている。ある時、クリーニング済みの品を届けに行…

もともとは脇役で光るタイプの俳優

冬ドラ俳優“辛口”通信簿

“セクシー俳優”バブル崩壊…斎藤工にドラマ主演は荷が重い

女性誌「an・an」(3月8日号)の

ヌード披露の女性誌完売 高橋一生ファン急増に3つの要素

前々回の斎藤工さんはエロを売りにしていただけにある意味“想定内”でしたが、インパクトは大きかったですね。細マッチョで、語れば文学的。子役出身で芸歴が長い割に、最近やっとNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』や『カルテット』で日の目を見た。しかも、同棲していた尾野真千子に捨てられたり、『イケメンなのに女性に振り回されている』感がある。そんな彼を支えてあげたいと密かに妄想…

バツイチのシングルマザーを演じる原田知世

月9撃沈のウラで…原田知世の“本格恋愛ドラマ”が熱いワケ

斎藤工が相手役を務める大人の純愛物語。脚本は「ロングバケーション」や「ビューティフルライフ」の北川悦吏子氏が務めている。 ドラマは、原田と斎藤のしっとりとしたキスシーンや、山口紗弥加が下着姿でフェロモンを振りまいたり、奥田瑛二が河井青葉の乳をもみしだくなど、全般にわたって“お色気ムンムン”。原田が斎藤や息子のことを「キミ」と呼んだり、斎藤が原田に向かって「観念した?…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事