日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小塚崇彦 選手」に関する記事

写真=安藤美姫のインスタグラムから

元恋人・南里康晴の父激怒で再燃する安藤美姫バッシング

パーティーに出席したのは、浅田真央(24)や織田信成(27)、パトリック・チャン(23)や小塚崇彦(25)、荒川静香(32)ら錚々たるメンバー。婚約者を捨てたハビエルと唐突に“結婚宣言”した安藤を素直に祝う気になれないのも無理はない。 12月12日から行われるグランプリファイナルは、ハビエルの祖国スペインで行われる。どうやら安藤も応援に駆け付けるらしいが、そこでハビ…

まさかのミスで… 真野慎也/JMPA

羽生は4回転ミスも…次の五輪「5回転ジャンプ」時代突入か

小塚崇彦(25)は6位だった。フリーは28日に行われる。 国際大会で上位争いをする男子にとって、今や4回転ジャンプは必要不可欠。4回転を跳ばずしてメダルを手にすることはできない。4年前のバンクーバーでは4回転を回避したライサチェク(米国)が頂点に立ったが、4年という時間がフィギュアの潮流を変えた。 そこでだ、18年平昌五輪での男子フィギュアはどう変わるのか。 「必ず…

フジ大島アナ(左)とフィギュア小塚崇彦

フィギュア小塚と結婚 フジ大島由香里アナに「賢い選択」の声

「いい男性を射止めましたね」 23日にフィギュアスケートの小塚崇彦(26)との婚約を発表したフジテレビの大島由香里アナウンサー(31)に、同局関係者からこんな声が出ている。 10年のバンクーバー五輪で知り合い、13年から正式に交際していたこの2人。もともと小塚のファンだった大島が小塚に急接近したという。女子アナといえば、相手は野球選手が通り相場だが、億を軽く超える年…

無良崇人はすでに既婚者

フィギュア国別対抗戦 協会が無良崇人に“熱視線”の理由

羽生と人気を二分してきた小塚崇彦(26)も今月に入って大学院に復学、今夏限りの引退までほのめかした。仮に小塚が引退すれば、男子シングルは羽生と無良が当面、引っ張っていくしかない。そこで、関係者は無良の人気、実力をあらためて検証したいのである。 「(フィギュアの)実力はある程度把握しているので、関係者の注目はファンの数やグッズの売り上げ、テレビ視聴率などです。フィギュ…

復帰に向けた「後方支援」は整ったか/(C)日刊ゲンダイ

トヨタが10億円スポンサーに 浅田真央がGW電撃復帰!

現在、トヨタは男子フィギュアの小塚崇彦(25)と所属契約を結んでいますが、女子フィギュア選手とは契約していません。これも真央の受け入れのためといわれています」 トヨタ自動車は本紙の取材に関し、「現時点では何も決まっていませんし、白紙の状態です」(人事担当者)と話したが、現役復帰を模索するヒロインにとってトヨタが最高の後ろ盾となる日は近いようだ。…

None

家族、稼ぎ、男…メディアが報じない浅田真央の“私生活”

高橋大輔や小塚崇彦との仲を勘ぐる声もあるが、互いにジュニア時代から顔を合わせてきた仲。兄妹のような関係の域を出ないとか。やはり……。 そのため、五輪後は真央を1年ほど休養させ、現役は続行させる。18年の次回五輪に出るのかどうか。ファンの気をもたせ、フィギュア界の屋台骨を支え続けてもらう――。そんな声もメディア関係者から漏れ伝わってくる。 真央がささやかな夢をかなえる…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事