日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「佐々木希 モデル」に関する記事

念願だったという「Oggi」12月号

女性誌モデルデビューも…元AKB光宗薫に「また迷走」の声

本人の意気込みも相当なもので、女性向けニュースサイトには雑誌発売前から光宗が登場する「Oggi」の画像が掲載されたが、同誌には女優としても活躍する佐々木希(26)やカバーガールを務め大人気の松島花(25)など、ライバルは多い。 今度こそ迷路から抜け出して、OLのカリスマになれるといいが。…

時代が追いついた?

かつて“遺影”の役も…佐々木希がヤンキー路線で「大根」返上

しかし、主演の永作以上に監督の手紙が胸にこたえたのは共演の佐々木希(27)だろう。「監督はたくさんのことを教えてくれた」と涙目になっていたが、さもありなん。 この映画は能登半島を舞台に、永作演じるコーヒー店の店主と、佐々木演じる2人の子供を持つシングルマザーが心通わせていく姿を描いている。佐々木といえば、モデルから女優に転身したものの演技はなかなか上達せず、「大根」…

実は「ホラーは苦手」/(C)日刊ゲンダイ

「呪怨」主演の佐々木希「シャワーシーンもありますけど…」

ファッション誌編集部の女の闘いを描いたドラマ「ファースト・クラス」でのモデル役から一転、映画「呪怨―終わりの始まり―」では“呪われた佐伯家”の恐怖に立ち向かう女教師を演じる佐々木希。初のホラー演技への意気込みを聞いた――。 「映画はたくさん見るけどホラーは大の苦手。でも、舞台裏では特殊メークで(悪霊役たちの)赤い目とか、すごいなあって思ってじっくり見てた。撮影現場に…

None

二宮和也との破局も…佐々木希の恋愛ベタは「秋田」のせい?

佐々木希(25)が28日、専属モデルを務める女性ファッション誌「with」主宰の「with girls委員会」の委員長就任式に出席。読者ブロガー集団が活動する「婚活部」の部長にも就任した。 結婚については「若い頃は理想の結婚に妄想を膨らませていたけど、最近は全く考えなくなった。現実的になったのかな。(結婚を)するかしないかはタイミングだと思います」とマイペースな回答…

これぞサービスショット

フリル付き衣装でコスプレ姿 佐々木希の美脚に絶賛の声

モデルで女優の佐々木希(28)が30日夕方、インスタグラムにドラマのオフショットを投稿し、その美脚ぶりが話題になっている。 「趣味じゃないですよ〜! 仕事です!笑 今日は朝からラストコップの撮影です」と佐々木がアップしたのは、メイドのようなお姫様のようなフリル付きの衣装をまとった自身の姿。スカートからのぞく長い美脚が印象的な1枚だ。 コスプレ姿で恥ずかしさを抑えられ…

友情は今なお健在(左・佐々木希、右・木下優樹菜)

交友関係に変わりなし? 佐々木希が木下優樹菜宅を訪問

かつては「お互いを『心友』と呼び合っている」とも言われていた、女優の佐々木希(28)とタレントの木下優樹菜(28)。今年に入り、交友関係が途切れがちになっている可能性が一部で報じられたが、どうやら友情は変わらないようだ。3日、佐々木がブログを更新し、木下の自宅を訪問したことを明かした。 「久々に優樹菜ファミリーとご飯」と、佐々木が公開した3枚の写真には、木下と夫のフ…

左から蒼井優、高畑充希、太賀、石崎ひゅーい

“噂のカップル”蒼井優&石崎ひゅーいが初のツーショット

奇麗どころでは、中国人女優の蒋勤勤(41)が胸元パックリのスケスケドレスでカメラマンを興奮させ、モデルで女優の佐々木希(28)は今年流行のベルベット素材のセクシーなロングドレスで魅了。同映画祭は六本木を中心に来月3日まで。…

DJ役はお手の物

ツヤ肌披露も…鈴木亜美「劣化説」加速させる“夜のお仕事”

「一時期、女優の佐々木希さんも劣化が噂されたことがありましたが、現在では元の美貌を取り戻しています。2人のように小顔であごが小さいタイプの女性は、疲れや不摂生が顔のむくみ、たるみとして現れやすいんですね」 最近は、俳優・高岡奏輔(34)との破局や、ゲス不倫で辞職した自民党の宮崎議員のお相手に間違えられるなど、パッとしない話題が続いていた鈴木。不規則なDJ活動に活路…

(C)2015「さいはてにて」製作委員会

趣味「ハマってます!」

「さいはてにて」主演の永作博美 プライベートも珈琲にハマる

▼映画「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」 故郷の奥能登で焙煎珈琲店を開いた岬(永作博美)はシングルマザーの絵里子(佐々木希)と出会う。価値観や生き方の違う2人が反発したり共感したりしながら深い絆で結ばれる。2月28日公開。…

意外な顔ぶれが…/(C)日刊ゲンダイ

嵐と壇蜜、神田うのと紗栄子も…独占入手「共演NGリスト」

佐々木希と藤井リナは楽屋でモメたといわれている。 はるな愛と椿姫彩菜は“男女”どうし、マツコ・デラックスとIKKOは見るからにだ。 面白いのは宮崎あおいと二階堂ふみ。演技がうまいだけでなく、顔が似ているから。並んだらどっちがどっちかわからなくなる。 壇蜜も敵(?)が多い。嵐の松本潤や二宮和也はファンだそうだが、壇蜜のセクシーなイメージが事務所的にダメらしい。その壇蜜…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事