日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高樹沙耶 特集

高樹 沙耶(たかぎ さや)1963年8月21日静岡県生まれ。元女優。本名は益戸 育江(ますど いくえ)。ドラマ「相棒」シリーズに女将・宮部たまき役で「season1」から「season9」までレギュラー出演していたが、2011年10月放送開始のドラマ「相棒 season10」には第1話のみに出演し、同ドラマを降板。同年11月には沖縄県石垣市に移住したことが「週刊女性」によって報じられる。12年10月には所属先のオスカープロモーションを退社。このころから「大麻栽培家」を自称するようになる。16年5月10日、第24回参議院議員通常選挙に新党改革から東京都選挙区で立候補することを表明するが、同年7月10日、同選挙区で落選。同年10月25日、沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を隠し持っていたとして、大麻取締法違反(所持)の容疑で逮捕される。
オールホワイトのファッションで第一声

「相棒」女将・高樹沙耶 選挙演説も渋谷の若者に届かず?

新党改革から参院選に立候補した元女優の高樹沙耶(52)。東京・新橋駅前のSL広場で22日、第一声を上げた。 5年前まで右京サンの元妻で、小料理屋「花の里」女将役として人気を博した女優である。知名度は抜群のはずだが、同日18時過ぎに渋谷駅前で「女優をやっておりました、高樹沙耶です!」と自己紹介する彼女の演説に立ち止まり、熱心に耳を傾ける人は少なく……。 若者の街・渋…

高樹容疑者が37歳のときに離婚

歌手25周年に水差され…中西圭三“高樹沙耶逮捕”で大迷惑

大麻所持で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)だが、思わぬ“とばっちり”を受けている者がいる。高樹容疑者の元夫でシンガー・ソングライターの中西圭三(51)だ。逮捕直後は高樹容疑者の元夫として、ワイドショーなどで名前が出まくった。 2、3日後は「中西圭三」という名前は消え、「シンガー・ソングライター」という表記となったが、土日の情報番組やワイドシ…

理想郷のはずが…

次々明らかに…ウソで塗り固めた高樹沙耶の“理想郷生活”

元女優・高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)の大麻逮捕から、29日で5日目。沖縄・石垣島の“理想郷生活”のウソが次々に明らかになってきた。 そもそも高樹容疑者は以前から「大麻は持っていない」とメディアに明言していたが、自宅からは100回分以上に相当する乾燥大麻55グラムが見つかり、吸引用パイプも10本以上見つかった。 高樹容疑者のウソはこれだけではない。今月7日…

コロラド州の“ジャック法案”のモデルとなった脳性麻痺を持つジャックさん

高樹沙耶逮捕でイメージダウン 医療用大麻の正しい知識

元女優の高樹沙耶(53)が、大麻所持の現行犯で逮捕された。女優引退後は、国内で禁止されている「医療用の大麻」の解禁を訴える活動に力を注ぎ、今年7月の参議院議員選挙にも立候補(落選)している。これだけ目立てば、当局に目をつけられて当然。本人もマークされていることなど重々承知だったろうに、あまりに軽率だ。 「どんなに正しい主張を訴えていたとしても、旗振り役が捕まっちゃダ…

平将明前内閣府副大臣(左) 高樹容疑者と森山容疑者

自民前副大臣にも接触 高樹沙耶“事実婚相手”の政界人脈

大麻所持容疑で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)の同居人で、建設会社役員の森山繁成容疑者(58=同容疑で逮捕)は、所属する政治団体を通じて政治家との付き合いもあったという。 知人によると、森山容疑者が医療用大麻などの解禁活動にのめり込むようになったのは10年ほど前。森山容疑者も所属する市民・政治団体「全国勝手連連合会」の関係者が明かす。 「5…

参院選で高樹沙耶容疑者を支援した平山誠・元参議院議員

高樹沙耶と“共同生活” 平山元参院議員は「TVの過剰演出」

逮捕された高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)と会社役員の森山繁成容疑者(58)ら男性4人の共同生活が放送された際、「共同生活者」として紹介されたのが、平山誠・元参議院議員(64)だ。 一時は「高樹容疑者と一緒にパクられた」なんて話も流れて報道陣が色めきたったが、日刊ゲンダイの取材に本人が全面否定。「共同生活」に至ったいきさつを激白した。 平山氏によると、共同生…

森山容疑者(左)はナルシストな面も

女優引退の原因 高樹沙耶に大麻教えた“事実婚相手”の正体

選んだ“相棒”が悪かった!? 大麻所持の現行犯で25日、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)。沖縄・石垣島の自宅で一緒に捕まった会社役員の森山繁成容疑者(58)は、4年前に高樹容疑者と「事実婚状態」と報じられた男だ。 どうやら森山容疑者が高樹容疑者に“大麻”を教え込んだらしい。森山容疑者と親しい知人がこう明かす。…

高樹沙耶容疑者と水谷豊

初代女将・高樹沙耶容疑者逮捕で傷ついた「相棒」の看板

高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)が大麻取締法違反で現行犯逮捕された件で25日、テレビ朝日は同日午後3時55分から再放送予定だった高樹容疑者の出演ドラマ「相棒 season7」第13話を急きょ、出演していない「相棒 season14」第12話に差し替えて放送した。 高樹容疑者は2002年10月に放送開始の「season1」から、11年10月開始の「seaso…

参院選で医療用合法化を訴えていた

高樹沙耶が大麻で現行犯逮捕 参院選では合法化訴え落選

元女優・高樹沙耶(53=本名・益戸育江)が大麻所持の現行犯で逮捕された。 25日午前、沖縄県石垣島で大麻を所持していたところを関東信越厚生局麻薬取締部に発見され、捕まった。麻薬取締部は高樹容疑者の自宅を家宅捜索し、入手ルートの解明を進めている。 高樹容疑者は1983年に女優デビュー、ドラマ「相棒」の主役・杉下右京の元妻で小料理屋の女将役などで人気を博した。2012年…

やっぱり逮捕

選挙では解禁主張…高樹沙耶はツイッターでも“大麻狂い”

元女優の高樹沙耶容疑者(53)が25日、沖縄県・石垣島の自宅で大麻を隠し持っていたとして、厚生労働省の麻薬取締部に現行犯逮捕された。テレビでは早速、ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の再放送が別の放送回に差し替えられるなど、逮捕による影響が広がっている。 高樹容疑者は「相棒」シーズン10の第1話まで出演。その約1年前には石垣島への移住を一部女性誌に報じられていたが、この…

新党改革から東京選挙区で出馬する女優の高樹沙耶(荒井議員と)

女優・高樹沙耶が出馬…参院選東京“自民の2人目”は大混迷

新党改革が参院選での擁立を決めた女優の高樹沙耶(52)は、東京選挙区(改選数6)で出馬すると10日発表された。これには自民党関係者が苦い顔だ。 「毎回大激戦となる東京選挙区では、投票率にもよりますが60万票前後が当選ラインです。高樹さんがそこまでいくとは思いませんが、少なくとも知名度はある。無党派層が多い東京では30万票くらい取るでしょう。民進党現職の蓮舫さんと、タ…

不許処分で釈放となり、東京湾岸署を出るASKA

芸能界にはびこる薬物汚染 ASKAは本当に“シロ”なのか?

また、10月には元女優でナチュラリストの高樹沙耶(53)が大麻所持で逮捕。7月の参院選では大麻の合法性を訴えていたが、4人の男性との奇妙な共同生活などが異様に映った。 12月には成宮寛貴(34)がコカイン使用疑惑を写真誌「フライデー」に追及され、早々に芸能界を引退表明。そして、極め付きがASKA(58)の一件だろう。 11月28日の逮捕の時は自宅前にマスコミだけで…

ニッポンを読み解く読書スクランブル

覚醒剤逮捕はなぜ男女一緒が多いのか

2月の清原和博の覚醒剤逮捕に始まり、6月には高知東生、10月には高樹沙耶が大麻で、11月はASKAが再逮捕。今月に入って成宮寛貴のコカイン吸引疑惑が報道され、芸能界引退を発表している。 なぜ、彼らは違法薬物に染まっていくのか。 本書は、その多くが男女一緒で逮捕されていることに注目。高知東生もASKAも愛人と、過去には酒井法子や小向美奈子も、夫や男と一緒に逮捕されてい…

写真はイメージ

芸能人薬物捜査も伏線か 組対5課“大物マトリ”逮捕の裏側

それでも、昨年から小向美奈子、高知東生、高樹沙耶ら有名人をコンスタントに逮捕しているマトリを目障りに感じているらしい。 「役所レベルの争いというより、現場レベルでしょっちゅうイザコザが起きています。タレントや歌手、スポーツ選手ら有名人の薬物疑惑の端緒を探ろうとすると、どうしても情報源がかぶる。横取りではないが、最近は、マトリが先に捕まえるケースが目立ちました。今夏も…

薬物疑惑を完全否定

「相棒」またも災難…成宮寛貴“コカイン吸引疑惑”の波紋

10月には、シーズン1からシーズン10までレギュラー出演していた高樹沙耶が大麻取締法違反で現行犯逮捕されたばかり。テレビ朝日は再放送の差し替えを余儀なくされた。もし成宮が逮捕されれば高樹と同じ“運命”をたどってしまう。 ■週刊誌報道は「重大警告」 「まだ疑惑の段階なので警察がすぐに動くことはないと思いますが、今後、尾行などがつく可能性は高い。先日、覚醒剤で再逮捕され…

写真はイメージ

非正規社員の現実

親殺しは7割が息子 貧困介護の地獄

大麻で捕まった元女優の高樹沙耶もその一人だろう。 だが、非正規社員でも自分ひとりが元気なうちはいいが、親の介護が身に降りかかれば、理想ばかりも言っていられなくなる。むしろ収入が低く安定しない非正規労働者は、途端に生活が干上がってしまう。 ■月収20万円でアップアップ 厚労省によると、男性正社員の年収は40~44歳で平均367万円。これが同じ年齢でも非正規だと4割減の…

左上から時計回りに今井絵理子、高樹沙耶、堀内恒夫、田中康夫

池上彰氏は今井絵理子に呆れ…タレント候補たちの参院選

■「政治家より大麻」と最後まで“高樹節” 元女優の高樹沙耶氏(52・東京・新党改革)は、代名詞となった「大麻」の重要性を訴えたが、大激戦の東京(改選数6)で完敗。落選会見では「政治家が目的ではなく、医療大麻について知ってほしかった」と最後まで“高樹節”だった。 「ドラマ『相棒』で美人女将役として人気を集め、知名度は抜群。都心の無党派層を取り込もうとしたのですが、街…

左上から時計回りに、変顔までサービスする田中康夫、この身長差の朝日健太郎と菅官房長官(右)、山本太郎(左)が全面支援する三宅洋平

7.10参院選「激戦区ルポ」

【東京】田中康夫vs朝日健太郎 “写メ合戦”で無党派争奪戦

政党名や(無)は野党統一候補…

銀座で声を張り上げた小林節氏

選挙サンデー 銀座に候補者続々「憲法改悪を止めたい!」

他にも、おおさか維新の田中康夫氏(60・東京)や渡辺喜美氏(64・比例)、自民の中川雅治氏(69・東京)や朝日健太郎氏(40・東京)、新党改革の高樹沙耶氏(52・東京)などが姿を見せ、まさに“候補者銀座”の様相だった。…

左から自民党の中川、猪口、中西議員

参院選“首都圏”で自民大苦戦…戦術裏目で4人落選の可能性

しかし、朝日健太郎じゃ『小料理屋の女将』(高樹沙耶)より知名度が低い。あと1カ月で無党派層に浸透しなければ、知名度で勝る田中康夫と組織のある民進の小川敏夫に議席をさらわれてしまう。こうなると都連としても動かざるを得ない。都議や区議を中川から引きはがして、朝日につける準備もしています。ただ、配分を間違えると、中川が落ちる番狂わせもあり得るので難しい。過去の悪夢が頭をよ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事