日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「前田敦子 センター」に関する記事

None

女優・大島優子は前田敦子を反面教師に“肉体派”へ転向

「初代センター」の前田敦子(22)をはじめ、篠田麻里子(27)、板野友美(22)など主要メンバーが続々とグループから離れている。大島の卒業も時間の問題だった。 自身のライブではなく、複数のアーティストが集まる紅白歌合戦の場で発表したことが非難の対象にもなっているが、大島にとって、歌手としてのステージはすでに過去の居場所に過ぎないという。冒頭の言葉に続けて、「こうして…

映画での体当たり演技が高評価

佐藤健、尾上松也…恋愛経験が花開かせた前田敦子の演技力

総選挙間近のAKBの“元・不動のセンター”前田敦子が、この7月からスタートする連続ドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ系)に出演する。同ドラマは、70年代に一世を風靡した同名人気漫画の実写版で、原作の世界から16年がたったという設定。前田は30歳になった主人公・ひろしのマドンナ「京子ちゃん」役を演じる。 前田といえば、AKB48で人気絶頂の時代から卒業後にかけて出演し…

コアなファンや映画監督を魅了

地道な活動が実を結んだ 前田敦子“本領発揮”までの4年間

11日に自身初のフリーライブを行った、女優で歌手の前田敦子(24)である。ソロ活動5周年を記念したファーストアルバム「Selfish」(6月22日)を引っさげ、収録曲2曲を披露。トークもノリノリで、「最近恋していますか?」という質問には、「したいですねー」と笑顔で答えていた。 来月には米NYで開催される日本映画祭「ジャパン・カッツ」へのゲスト出演を控え、多忙な毎日…

新大久保で焼肉店経営/(C)日刊ゲンダイ

「かわいそう」の声も…AKB48内田眞由美は一番の勝ち組?

AKB48の11月26日に発売が予定されているシングル「希望的リフレイン」のMVに、前田敦子や大島優子などの卒業生も含む、これまでセンターポジションを経験したメンバーが出演することで話題になっている。 ちなみに出演メンバーは、ミリオンヒット連続達成の1曲目のシングル「桜の木になろう」(2011年2月11日発売)以降のセンターポジション経験者である。 ところが、一部の…

大化けするか

前田敦子や大島優子を超える? AKB48高橋みなみの卒業後

前田敦子(24)や大島優子(27)をはじめとするOGの中には卒業後の芸能活動で苦戦している者もいるが、たかみなの今後はいかに? 今回の卒コンを会場で観賞していた作家でアイドル評論家の中森明夫氏は、こう言う。 「総選挙のスピーチからも分かるように抜群のリーダーシップに加え、臨機応変に自分の意見が言えるトーク力は、日本中、いや、世界のアイドルの中で随一です。歌手や女優に…

None

「映画女優」から「梨園女房」へ 熱愛継続中の前田敦子の行方

公私ともに絶好調な前田敦子(22)から目が離せない状況である。 昨年9月末、歌舞伎役者・尾上松也(28)に“熱愛バージン”を奪われ、「ビッグカップル誕生」の一報が流れた。それまで若手俳優にパンツ丸出しのあられもない姿で抱っこされる様子を週刊誌にスッパ抜かれたことはあっても、決定的な恋愛報道はなかっただけに芸能マスコミは色めき立ったが、あれから約4カ月――。公の場に姿…

運も味方に/(C)日刊ゲンダイ

「48グループ」リーダー有力 松井珠理奈に備わる“エースの資質”

しかも、劇場デビュー直後に発売されたAKB48の10枚目のシングル「大声ダイヤモンド」で、当時のエースだった前田敦子とダブルセンターとして、AKBの選抜メンバーに抜擢された。 なんと、当時からダンスレベルはトップクラスで、レッスンなどでも率先して、小学生ながら、すでにSKE48全体を引っ張る存在だったという。 素顔はダジャレ好き。人が集まるとダジャレで、みんなを和ま…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事