日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

済州島の関連ニュース

リハビリで調子を戻し医者に「奇跡」と言われた

プレイバック芸能スキャンダル史

西城秀樹 ディナーショー開催の韓国済州島で脳梗塞を発症

6月21日、韓国・済州島でディナーショーを開いていた西城は終了後「だるい」「ロレツが回らない」と訴えた。ショーの翌日に帰国した西城は成田空港からそのまま都内の大学病院に入院。検査の結果、脳梗塞と判明して10日間入院した。 済州島入りする数日前から「疲れ気味」「寒けがして声が出ない」と話していた。ホテルに着いても言葉が出ない、左の頬が下がっているなどの症状が出たため…

賢明にPR

現在妊娠7カ月の小森純 子どもの名前は?「言わねーよ!」

韓国有数のリゾート地である済州島には日本人観光客も多く訪れていたが、現在は3年前のピーク時から3分の1、あるいは4分の1程度に激減しているという。 一部では運航中断とも報じられていた大韓航空による済州への直行便(成田および関西)の運航続行も正式に決まったばかり。関係者が観光振興を目指す中、「済州島には行ったことがないんですよ、マジで!」と驚愕の告白をした小森。それで…

None

文庫あらかると

「おれたちを笑うな!」椎名誠著

その他、韓国・済州島でのサバイバル釣りや真冬の海浜強化合宿など、大真面目に遊ぶコドモ大人たちの珍釣り紀行。(小学館 670円)…

None

日本外交と政治の正体

米軍に利用される沖縄・辺野古と韓国・江汀村

3日間の日程で韓国・済州島を訪れた。観光目的ではない。江汀村で行われた「平和コンファレンス」で講演するためだ。主催はイエズス会で、日韓の両関係者が参加し、韓国側が私を招いた。 実は江汀村では、沖縄・辺野古に類似した現象が起こっているのだ。 冷戦終了後の1993年に済州島に海軍基地をつくる構想が持ち上がった。2002年にいくつかの地域が指定されたのだが、住民の反対運動…

None

日本人が知らない韓国人プロの素顔

イ・ボミビキニ写真を掲載した韓国ゴルフ誌と大ゲンカ

今から6年ほど前、済州島取材の際にホテルのプールで遊んでいた時のビキニ姿だが、当時は使用しない約束だった。 この写真掲載をめぐって母親ファジャさんとゴルフ誌が大ゲンカに発展。一時期、そのゴルフ誌への取材拒否が続いた。 イ・ボミもそうだが、ファジャさんのマスコミに対する姿勢は厳しい。 数年前、韓国ゴルフ記者が「イ・ボミに婚約者がいる」という噂を聞いて、母親に疑問をぶ…

None

●日本人の知らない韓国人プロの素顔

イ・ボミ父の遺言「頑張って賞金女王になれ」を2年連続達成

15年2月には、済州島で一緒に焼き肉を食べながらマッコリを飲んだことがあった。 その時、「お母さんを狙っている男が日本でも韓国でもいるから気をつけたほうがいいよ」と冗談半分に言うと、イ・ボミは「そうなのよ」と口をとがらせていたことを思い出す。 未亡人になった母が心配でならないのだ。 ◆ファザコン イ・ボミの父に対する感謝の気持ちは強い。儒教のお国柄だから両親を敬うの…

かつて4回開催されたゴルフ日韓戦の復活も立ち消え状態(写真=11年日本チーム団長の青木功と石川遼選手ら)

韓国ゴルフの光と影

ゴルフどころじゃない韓国 政治混乱“飛び火”で会員権暴落

済州島の「ナインブリッジ」は12億ウォン(約1億2000万円)だが、こうした高額コースは財閥系企業が所有のため、一般募集はなく景気には影響しないという。ちなみに日本人客が多い南ソウルCCは1億2900万ウォン(約1290万円)。韓国のゴルフ会員権の売買には国家が基準地価の設定に介入し、日本のように会員権が一晩のうちにただの紙切れになるというリスクはないから、金持ち…

中国への対応に苦慮(潘氏)

習近平「アジア皇帝」への野望

“韓国イジメ”に拍車 戦々恐々とする次期大統領候補たち

今年に入っても中国は、1月9日に済州島南部の上空で軍用機10機を飛行させ、韓国を威嚇した。これに対して次期韓国大統領の候補者たちはといえば、15日、現在支持率トップの文在寅前「共に民主党」代表は、「韓米で決めたこと(THAAD配備)を取り消せるとは思わない」と述べた。支持率2位の潘基文前国連事務総長も同日、「韓国政府と軍が熟慮の末に決定したものだ」と語った。 こう…

賞金2億円突破が目前のイ・ボミ

さくらパパ アジアゴルフ珍道中

韓国人プロはなぜ勝負強いのか

そして国家代表・常備軍メンバーは毎年1月、済州島に集合して、約1カ月間は朝6時起床、夜10時就寝の日程で缶詰め教育を受けます。 この訓練がもっともつらいのです。早朝の運動場でランニングして鼻血を出す中学生もいますが、この缶詰め教育でジュニア選手は韓国の国家威信を浮揚させるという使命感と代表選手に対するライバル意識を培うのです。 試合転戦や練習には費用がかかるため、…

「韓一館」のアワビ海鮮料理(右上)と「忍冬草マウル」食堂のエイ、豚肉料理

おでかけ出張コンシェルジュ

ソウルから1時間40分 韓国全羅南道でゴルフとグルメ三昧

ゴルフの環境は最高で、韓国のナショナルチームの選手たちは、済州島と全羅南道を拠点にして特訓に励んでいます。全羅南道のゴルフ場で腕を磨き、友人たちを驚かせたという日本人も増えてきました」 これらのリンクスコースに宿泊し、2泊3日で54ホールプレー(朝食付き)するプランは、いずれも5万円前後(ただし航空券は別途・光州空港や麗水空港まで出迎えシャトルサービスあり)。日本で…

当時大ヒットした「北空港」

また覚醒剤で逮捕…歌手・桂銀淑の“近況”を関係者が語る

済州島でディナーショーを開いたりしていたというし、昨年は32年ぶりに母国のステージに立ったというので、また日本でも歌えるよう、打診していたんです。ビザの問題とか、いろいろあっても、彼女のハスキーボイスを心待ちにしているファンはまだ数多くいて、当人もその気だと思っていたものですから。ところが復帰後、高級スポーツカーをめぐる詐欺騒動があったからか、連絡がぷっつりと途…

4月13日に還暦を迎えた西城秀樹

2度の脳梗塞克服しステージ 西城秀樹の支えは「3人の子供」

1度目は03年6月で、ディナーショーのために訪れた韓国・済州島で発症した。ディナーショー後に帰国し入院。まだ48歳だった。 軽い言語障害の後遺症は残ったものの見事に復帰。栄養バランスを考えた食事をとり、1日3箱吸っていたたばこをやめ、酒も控えるように。ところが、11年12月、2度目を発症してしまった。しかも、トイレも風呂も1人では入れないなど重い症状が出て、右半身マ…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

深田恭子 有田哲平との熱愛騒動

21日、小泉首相と韓国・盧武鉉大統領が済州島で会談。30日、扇千景が女性初の参議院議長に就任。…

いまや実業家/(C)日刊ゲンダイ

韓国沈没船 寄付した著名人に「ヨン様」の名前がない!?

それどころか、日本の女性誌に「事故直後、女性同伴で一緒に済州島へ旅行していた」とスッパ抜かれた。 「ペ・ヨンジュンが母国の海難事故に寄付をしないのはメリットが少ないからでしょう。震災の寄付金は、もちろん日本で荒稼ぎした金の一部。それでも日本の中年女性は『ヨン様が寄付してくれた』と涙を流して感動しました。しかも寄付金は経費扱いとみなされ税金対策にもなり、売名と合わせて…

芝居への情熱はまだ消えていない

プレイバック芸能スキャンダル史

後に俳優引退宣言 病気を抱えた根津甚八が起こした交通事故

21日、小泉純一郎首相と韓国の盧武鉉大統領が済州島で会談。30日、扇千景が女性初の参議院議長に就任。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事