日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

竹内結子に関する記事

交際9カ月のスピード婚

小島よしおが“海の日婚” 竹内結子似28歳OLと交際9カ月で

相手は女優の竹内結子に似ているという。 所属事務所のサンミュージックは年明けからベッキーの“ゲス不倫”問題でドタバタだったが、久しぶりの明るいニュースとなった。…

竹内結子よりも気になる…?

「真田丸」竹内結子を無表情で見守る“乳母役女優”は誰?

NHK大河「真田丸」で竹内結子(36)演じる茶々のコケティッシュぶりには改めて圧倒させられるが、ドラマを見ている人たちにとって、この人間関係の中でもうひとり、気になっている人物がいるのではないか。 茶々の行動を監視するように見つめながらも表情ひとつ変えず付き従う乳母役の大蔵卿局だ。演じているのは峯村リエ(52)という女優さん。どんなキャリアの人なのか。演劇ジャーナ…

“プレモル”片手に満面の笑み

竹内結子 注ぎたてのビールにご満悦「のどにしみます」

4月1日の誕生日で36歳となり、色香が漂いまくっている女優の竹内結子。 27日は、サントリービールの野外イベント「ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル」オープニングセレモニーに登場。注ぎたての“プレモル”を試飲し、「外の空気を感じながら飲むのは最高! のどにしみます」。ご覧のような満面の笑みで大好きなビールを楽しんでいた。 こりゃあ、周囲のオトコが放っておかないわ…

今年は時代劇への出演が続く

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

竹内結子演じる茶々 他人蹴落とした天下人最愛のセレブマダム

「真田丸」後半のカギを握る女といえば、竹内結子演じる茶々だ。戦国ナンバーワン美女ともいわれる織田信長の妹・お市の方を母に、義に厚い武将・浅井長政を父に持つ、浅井3姉妹の長女・茶々は、伯父の信長に実父を殺され、秀吉に義父の柴田勝家と母を滅ぼされる悲劇を経験。自らは憎い敵である秀吉の側室となって、豊臣のプリンス・秀頼を産むのである。 いったいどんな気持ちで憎い秀吉と過ご…

ちょっとした気づかいもできる女優

ビジネスに使えるスターたちの処世術

竹内結子 不機嫌な沢尻エリカを尻目に評価高めた“あの言葉”

と、この沢尻の話は次回に譲るとして、その時の舞台挨拶で同じ壇上にいた竹内結子(35)について触れたい。 この時の竹内の、ちょっとした行動が後々の彼女のイメージをガラッと変える効果をもたらしたのだ。 当時の竹内は、ちょうど歌舞伎俳優の中村獅童の“浮気疑惑”で離婚騒動の渦中にあった。長期別居中だが、事務所のガードもあって、芸能マスコミとしても最も取材しにくい女優のひとり…

意外にも時代劇初挑戦

実は時代劇初挑戦…“小顔”竹内結子に寄せられる期待と不安

女優歴19年の竹内結子(35)が時代劇に初挑戦だそうだ。 出演するのは来年5月公開予定の「殿、利息でござる!」(中村義洋監督)。この中で竹内が演じるのは、竹を割ったような性格の飯屋の女将。原作「無私の日本人」(磯田道史著)には登場しないキャラクターだが、中村監督の「結子さんの日本髪を一度見てみたい」との希望で実現したそうだ。そこで気になるのは「初時代劇」「初日本髪」…

「今年は私の番!?」

“邦画押し”が追い風に 竹内結子は「最優秀女優賞」取れるか

25日は竹内結子(35)が主演作品「残穢―住んではいけない部屋―」(来年1月30日公開)を引っ提げ、記者会見とワールドプレミアに出席したのだが、まさかのまさか。主演女優自ら「見ると本当に後悔する」と営業妨害にもなりかねない“失言”を放ち、会場を沸かせたのだ。 同映画は山本周五郎賞受賞のドキュメンタリー・ホラー長編「残穢」(小野不由美著)を原作とし、複数のホラー映画の…

浴衣姿で手を振る竹内結子

竹内結子の“欲張り”な願い 引退後は「世界一周の船旅に…」

同映画の日本語吹き替え版の声優を務めた竹内結子(35)が、七夕にちなんで自分の願い事を発表。短冊に書かれたその願いとは、〈世界一周の船旅に行けますように。〉 その理由が……。 「欲張りでスミマセン。この仕事を引退する日が来たら、船旅に行こうと思っていて。そのために筋トレしています。いっぱい遊びたいことがあるので元気でいないと」 15歳の時、原宿でスカウトされてデビュ…

左から竹内結子、久石譲、武田双雲

シンママが板についた竹内結子 共演者イジリで“舌好調”

3日、サントリーの期間限定ショップ「Master’s Dream Lounge」のオープン発表会に出席した竹内結子(34)。ビールを思わせる黄金色のドレスで登場すると、CMの音楽を担当した作曲家の久石譲(64)やCM内で「夢」という字を書いた書道家の武田双雲(39)と共にビールを手に乾杯した。 武田が「“酔拳”じゃないけど、ベロベロの状態で作曲する久石さんを見たい」…

None

ドラマ「ダンダリン」大コケ…竹内結子の“役者魂”が裏目か

確かに主演は、「ストロベリーナイト」(フジテレビ)などのヒットドラマで知られる人気女優の竹内結子(33)。竹内演じる段田凛は、ブラック企業に立ち向かう「労働基準監督官」と、内容もイマドキだ。脇には、人気若手俳優の松坂桃李(25)を置くなど、女性視聴者対策もバッチリ。それなのに、なぜ? ある制作スタッフは、「竹内の“役者魂”のせいでしょうが、自分で自分の魅力を殺して…

武士たちのお母さん役

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

鈴木京香演じる北政所 史上最高アゲマン美女の複雑な女心

そして、ついに茶々(竹内結子)が懐妊。秀吉は狂喜するも、寧はファーストレディーの席を茶々に奪われてしまう。ところが生まれた鶴松は3歳で急逝。再度、寧の存在が強まりつつあったが、逆転満塁ホームランのように再び茶々が懐妊。秀頼の母となり豊臣家に君臨することになる。 秀吉の死後、ひたひたと迫る徳川の勢力。冷静な北政所(寧)の心は徳川の天下になると読んでいた。 関ケ原の戦い…

左上から時計回りで中谷美紀、北川景子、竹内結子、橋本愛

中谷美紀、北川景子…映画祭で垣間見せた女優たちの“火花”

スターダストの後輩の竹内結子、北川景子と顔を合わせ、フラッシュを浴びる姿を見て、今後は自分ひとりの力でやっていかなければならないと思っても全く不思議じゃない。白いドレスが意味深でした」(ワイドショー芸能デスク) その北川景子(29)は出演作「の・ようなもの のようなもの」で、主演の松山ケンイチ(30)と共に登場。フラッシュの数で中谷を大きく上回っていたが、DAIGO…

ファッションも独特/(C)日刊ゲンダイ

俳優・笹野高史の意外な顔 「ふしぎな岬の物語」共演者語る

11日からの全国ロードショーを前に8日、TBSが特番を組んで吉永や阿部寛、笑福亭鶴瓶、竹内結子らの対談を放送した。その中で笹野の意外な一面が披露されたのだ。 まず、阿部が「とにかく笹野さんは凄い!」というと、すかさず鶴瓶が「なにしろ乗ってるクルマがポルシェだからね」、続けて阿部も「(あの年で)スマホも自在に操ってるし、なんと電磁波測定器まで持ってるんですよ」。 か…

ジャニーズ事務所

SMAP解散後キムタク正念場 草彅剛とドラマで一騎打ちに

浅野忠信、竹内結子、松山ケンイチら豪華キャストが話題になっている。草彅の「嘘の戦争」(フジテレビ系)は、詐欺男がかつて家族を殺した男と再会したのをきっかけに、復讐の鬼と化していくサスペンスタッチのストーリー。 この勝負、木村にはマイナス材料が多い。まず「ドクターX」と比べられることになるが、勝てるとは思えない。そもそも木村のドラマは、このところ下降線傾向だ。 「14…

キムタク推しに力が入るジャニーズ事務所

芸能界クロスロード

ヒットへ執念 キムタク将来占う2作品の豪華すぎる共演者

医師役のドラマには竹内結子、松山ケンイチら主役クラスが並ぶ。用心棒役の映画「無限の住人」には“朝ドラ”で話題になった役者に、市川海老蔵の初共演。役者として独り立ちする木村の門出を祝うようなキャスティングは期待の表れと見る向きもある一方で、野球のように「落とせない一戦」の強い思いが伝わってくる。 解散を巡り木村はジャニーズ側に付き、一部から「裏切り者」のレッテルを貼ら…

SMAP解散騒動に揺れるジャニーズ事務所

SMAP余波 キムタク主演ドラマに相手役からキャンセル続出

一時、竹内結子が内定したという話がありましたが、竹内には木村側がNGを出したといわれています」(事情通) 意中の女優陣のキャンセル理由は“多忙”“調整不可”など。木村の主演ドラマは台本がギリギリになることも多く、木村のスケジュールが最優先され自由が利かない。それが敬遠される一因にもなっているという。それでも、かつては視聴率が20%超だから女優は我慢したが、解散騒動で…

深田恭子はニセ結婚報告被害

ニセ深田恭子だけじゃない 芸能人“なりすましSNS”の実態

2年ぐらい前にはメールのなりすましというのも頻発していて、AKBの有名メンバーから『友だちになろうよ』『相談に乗ってください』などの連絡があり、実際に金銭をとられた例もありました」 今では事務所の方も敏感になっていて、大手事務所「スターダスト」では竹内結子、北川景子、ミムラ、岡田将生らのSNSが“なりすまし”であることを一覧にして注意喚起している。とはいえ、そこにた…

実はバブルを実体験していない37歳

2016年下半期“ネクストブレーク”芸人

恋人捨ててお笑い選んだ 「バブル女芸人」平野ノラの覚悟

芸能人にもファンが多く、竹内結子やaiko、オードリー若林、菊地凛子、中居正広らが平野ノラファンを公言しています」(テレビ関係者) 「オッケー、バブリー」「おったまげ~」「ワンレン、ボディコン、舘ひろし」などの定番セリフを盛り込みながら、50音の一文字を言われたらバブル時代らしい言葉で返す「OK50音バブリー!」「バブリー保育士」などのネタがあるが、本人はバブル時代…

“和牛王”社長と熱愛が発覚した柴咲コウ

大手プロ巡るナゾ 柴咲コウは熱愛と同時に“独立”したのか

いずれにせよ、スターダストは女優だけでも北川景子や竹内結子ら売れっ子が顔を揃えている。普通の事務所で中谷や柴咲クラスが出ていくとなったら、大変ですよ」(芸能関係者) 熱愛と同様、こちらの事実関係も気になる。…

「吉永淳」改め本名で勝負

「とと姉ちゃん」に再登場 “綾サン”阿部純子の意外な過去

ちなみに吉永淳時代の憧れの女優は、オノマチだったが、現在は竹内結子。その理由が興味深いところである。来週11日からスタートする7月期の月9ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)には、桐谷美玲(26)演じる主人公の職場の後輩として出演。ドラマ界で“アベジュン旋風”を巻き起こせるか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事