日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮沢りえ 篠山紀信」に関する記事

今や大女優の風格

芸能界を生きる女のサバイバル術

母離れより影響大 宮沢りえの飛躍に坂東玉三郎の“父性”

宮沢りえ(43)の主演映画「湯を沸かすほどの熱い愛」が30代以上の女性を中心に好評だ。年下イケメン俳優との熱愛も報道され、かつての“薄幸の美女”の面影もない。 宮沢の実力が世間にとどろいたのは、2013年「おのれナポレオン」の公演中に、軽度の心筋梗塞で緊急入院した天海祐希の代役を、稽古時間わずか2日半にもかかわらず、4公演ノーミスで成功させたことだ。「『奇跡の代役』…

左:“りえママ”こと光子さん(日本雑誌協会代表撮影)

宮沢りえの母・光子さん死去…“一卵性母娘”の呪縛と壮絶秘話

母の死を受けて、宮沢りえ(41)が24日夜、書面で、こう思いをつづった。“りえママ”の呼び名で知られた宮沢光子さんが23日、肝腫瘍のため死去。享年65。通夜、葬儀はすでに近親者のみで執り行われたという。 光子さんは留学目的で渡欧した船中で船乗りだったオランダ人と知り合って結婚。73年にりえが誕生したが、生後4カ月で破局。その後、母の姉夫婦にあずけられたりえが、光子…

日本を代表する女優に成長

プレイバック芸能スキャンダル史

世間騒然も本人アッケラカン 宮沢りえ「Santa Fe」発売騒動

―1991年11月― 1991年11月13日に発売された宮沢りえのヌード写真集「Santa Fe」。当時18歳。人気絶頂のトップアイドルの突然のヌードに、世間は騒然となった。 騒動の始まりは写真集発売の1カ月前、10月13日付読売新聞の全面広告だった。紙面には、全裸の宮沢が腰の前で手を組んで扉に寄りかかる姿が掲載されており、豊満な乳房は無修正、乳首まではっきり写って…

宮沢りえ

今週グサッときた名言珍言

「心のマーキングする癖は、いまだに変わってない」(宮沢りえ/TBS「A-Studio」9月11日放送)

約20年前、飲みの席で宮沢りえ(42)が笑福亭鶴瓶のリクエストに応じて描いたという似顔絵。そこには「ブーちゃん(鶴瓶)、大好き」と添え書きされていた。それを懐かしそうに見ながら、宮沢が語った言葉を今週は取り上げる。 彼女のこうした「心のマーキング」作業が、タモリや蜷川幸雄、篠山紀信ら各界の“巨匠”たちに愛される秘訣なのだろう。宮沢はこう言う。 「才能あるクリエイター…

絶賛/(C)日刊ゲンダイ

すっぽんぽんで…篠山紀信ベタ褒め 筧美和子撮影秘話

宮沢りえの「Santa Fe」(1991年)以降、写真集はこぞってヘアヌードを取り入れた。火付け役は写真家の篠山紀信氏(73)。久しぶりに手がけた写真集「ヴィーナス誕生」(幻冬舎)は先月、発売と同時に大きな注目を集めた。被写体は筧美和子(20)。まだ無名のアイドルにどんな思いでカメラを向けたのか。篠山氏と共に“女性の素顔”に迫ってきたアイドル評論家の中森明夫氏が聞い…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事