日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

沼田市の関連ニュース

すでに西武と仮契約を済ませた/(C)日刊ゲンダイ

西武ドラ1高橋光成 保育園の頃に父がグローブをプレゼント

私は長男でしたが、実家の反対も何も有無を言わさずに家を出ちゃったもんですから(笑い)」 義行さんが婿に入った尋美さんの実家は同じ群馬県の沼田市利根町。昔から野球が盛んな地域で、お父さんたちが休日に草野球に興じるのはもちろん、還暦チームまである。他の土地からやってきた義行さんは早く地域に溶け込もうと草野球チームに入ったものの、そこは見る専門の素人。ボールの投げ方、グラ…

帰省の楽しみがひとつ増える

高速道を知り尽くすプロ太鼓判「SA・PA」必食メニュー

群馬県沼田市の高校生が特産品の枝豆をもとに開発した「えだまメンチ」(250円)は、丸ごと入った枝豆の粒が食べ応えがあってウマかった。 ■丼メシは魚沼産コシヒカリ 次のおすすめは、小千谷ICの手前「越後川口SA上り」のフードコートだ。魚沼産コシヒカリを使っているのでご飯物がすこぶるウマく、記者は「タレかつ丼」(850円)をガッツリと。軽く済ませるなら、「レストラン火ぼ…

森田順平さんは知る人ぞ知る酒豪

今だから語れる涙と笑いの酒人生

初舞台前夜に大酔っ払い…俳優・森田順平の酒エピソード

杉村春子さんの息子役を頂戴して、前日から会場の群馬県沼田市へ。新人は舞台の設営もしなくてはならなかったため、“前乗り”したんです。 その晩、旅館で宴会になり、初舞台を控えた高揚感でこれまたガンガンいっちゃった。たぶん1升なんてもんじゃなかったと思います。そのツケは翌朝きました。バケツを頭にかぶせられてバットで殴られてるように頭はガンガンするし、胃はムカムカ。薬を飲ん…

原田農園

大人も満足な「フルーツ狩り」

桃が食べ放題にスイーツ作り体験教室も

群馬県沼田市内にある「原田農園」では、畑に入って桃1個を試食し2個を持ち帰るというコース(756円)と、畑に入らず収穫済みの桃を館内で30分食べ放題(1080円)という2コースがある。 「両方のコースを申し込んで、収穫体験と食べ放題の両方を楽しむという家族連れが多いですね。今年は気温が高いため桃の生育が早く、早めになくなってしまいそうです。桃園での桃狩りは21日まで…

川内を1年間預かていれば…

ケニア人ランナーを売る男

川内優輝をケニアに誘って五輪代表にしたかった

「群馬県沼田市出身の女房がね、沼田高に金井豊という才能ある選手がいる。インターハイ800メートルで優勝したけど、早稲田受験のため浪人中だとね。そこで私は“沼田高校・校長さま”宛てで手紙を書いた。『金井豊君を預かり、ナイロビで高地トレーニング、受験勉強もさせます……』との内容でね」 結果、金井はケニアに来ることなく、早大に入学。箱根駅伝で活躍し、83年に中村清監督率…

毎年4月に開催される「上田真田まつり」

全国走破 平成の街道をゆく

上田、沼田、名胡桃…真田氏ゆかりの城を巡る

群馬県に入って、沼田市には真田昌幸の長男・信之が初代城主となった「沼田城跡」、みなかみ町には真田家の戦略的拠点で小田原攻めのきっかけともなった「名胡桃城址」などがある。 長野・群馬といえば街道沿いには別所や草津など名湯があるが、日帰りではなかなか立ち寄っているヒマはない。その代わり、道の駅はいかが。東吾妻町には「あがつま峡」、中之条町には「霊山たけやま」、川場村に…

わずか5キロのミニ街道

全国走破 平成の街道をゆく

焼きトウモロコシの香り漂う群馬県「とうもろこし街道」

沼田市から国道120号を北上し、尾瀬大橋の手前の鎌田という信号を越え、そのまま道なりに日光方面(尾瀬の方に行ってはいけない)へ1キロほど走ると、橋の手前にトウモロコシのイラストが描かれた茶色の門柱が現れるが、それが目印。 界隈の東小川地区はトウモロコシの名産地。時季になると20軒ほどの直売所が軒を連ねる。気の早い店は6月ごろから開けるが、並ぶのは去年の冷凍モノ。とれ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事