日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「郷ひろみ 結婚」に関する記事

None

結婚特需で司会番組は…? 国分太一はV6井ノ原に続けるか

かつて「新ご三家」と呼ばれた郷ひろみこそ32歳(最初の結婚)だったが、西城秀樹は46歳、野口五郎も45歳と、晩婚だった。 結婚を発表した「TOKIO」の国分太一もすでに41歳。「元TBS社員の女性との結婚は時間の問題だろう」とメディアは把握していたが、アイドルにとって「結婚」の決断は難しい。女性ファンあっての世界。恋愛だけでもファンは離れる。それでもジャニーズでは木…

None

芸能界クロスロード

アイドル貫く郷ひろみ、松田聖子の矜持

元SMAPのメンバーも「脱アイドル」に向けて取り組んでいるが、61歳になった今もアイドルを続けているのが郷ひろみ。テレビで歌う姿は昔と変わらず。若手アイドルが束になってもかなわないオーラがある。アイドル維持には強い意志と努力が必要。基本は若さと体形を保つこと。そのために酒をやめ、食事に気を使い、日々のトレーニングも欠かさない規則正しい生活。24時間、アイドル・郷ひろ…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

広瀬香美・大沢たかお スレ違いから7年目の離婚

音楽学校を設立して校長に就任したり、郷ひろみや広末涼子に楽曲を提供するなど活動の幅を広げていった。大沢がたまに帰宅しても広瀬が多忙で、スレ違いは広がる一方。大沢は女性誌のインタビューで、「ぼろぼろになって疲れて帰ったとき、優しく迎えてくれる安らぎが欲しい」と語った。 結局、06年11月28日に離婚を発表。その後、大沢は綾瀬はるかとの熱愛が報じられるが、破局して今も独…

None

5.13神田沙也加結婚パーティー全舞台裏 そのとき母・松田聖子は…

郷ひろみさんと破局した後、『生まれ変わったら一緒になろうね』と約束したと言ったように、たとえばコンサート会場などでファン向けに何らかのコメントをするといったアクションは考えていると思います。後年、郷さんはそんな約束はしていないと否定していましたけど、聖子ワールドは、聖子さんがシロだといえば、たとえクロでもファンは納得し快哉を叫ぶ。真偽は二の次なのです」(青山氏) 徹…

野口五郎と三井ゆり

研ナオコの「まっ、いっかで45年」

野口五郎に「あの子しかいないよ」とアドバイス

ゴローちゃんは郷ひろみさん、西城秀樹さんと“新御三家”といわれて大人気。私は3人それぞれと仲良くしていましたけど、ゴローちゃんとはトークをしても、何か生まれるというか、不思議な化学反応が起こる相手でした。こう言ったらこう返してくるだろうなという予測がつく。だから、慣れてくるとわざと外したりして。そうすると、ゴローちゃんは焦って、一瞬、固まるんですよ。それがとっても…

故・二谷英明氏の告別式に駆けつけた郷ひろみだが…

白川由美さん急逝 “絶縁状態”郷ひろみは葬儀に参列するか

その理由は郷ひろみ(60)が参列するかどうかである。 郷は1987年に二谷友里恵さんと結婚。2人の娘を授かったが98年に離婚(友里恵さんは00年に家庭教師のトライで知られるトライグループ創業者の平田修氏と再婚)。 離婚に際して郷は友里恵さんとの夫婦関係や二谷家の内幕を暴露した「ダディ」を幻冬舎からゲリラ的に出版。これが100万部を超えるベストセラーになり、二谷家の凄…

片岡愛之助と藤原紀香

愛之助と羽田2ショット実現せず 紀香“雲隠れ”に大人の事情

「同じ大手芸能プロのグループに所属する歌手の郷ひろみのコンサートツアーのファイナルがあったからです。紀香が愛之助と2ショットで空港に現れようものなら、郷の記事よりも大きくなってしまう。さすがにそこは空気を読んだのでしょう」(別のワイドショー関係者) 右往左往するマスコミ各社をよそに、ネットユーザーのフェイスブックには、日時については触れられていないものの、大阪のケ…

若嶋津との婚約発表(1985年)/

高田みづえ 31年ぶり復活の本音は芸能界入り長女の売り出し

「6月27日に放送されたTBS『音楽の日』では、郷ひろみと樹木希林が36年ぶりにタッグを組み『林檎殺人事件』と『お化けのロック』を歌って、同番組の瞬間最高視聴率を記録しています。高田みづえの復帰も非常に高い注目を集めており、番組の目玉となっていることは間違いない。高視聴率が期待されている。高田サイドとしてもこれを機に芸能界デビューしている長女のアイリをもっと売り出…

None

元ジャニーズひかる一平さん 子役“ほめ殺し”で充実の日々

70年代アイドルの郷ひろみや川崎麻世に次ぐ、80年代期待の星としてジャニーズ事務所からデビューした、ひかる一平さん(49)。「3年B組金八先生」でブレークし、アイドル歌手として活動後は俳優に転向し、時代劇やサスペンスドラマで活躍した。しかし、最近は姿を見ない。今どうしているのか。 「そう、たま~に2時間ドラマや旅番組に出るくらいですね。っていうのも、最近は去年3月に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事