日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「綾瀬はるか 紅白」に関する記事

「安定」か「ドキドキ」か/(C)日刊ゲンダイ

下馬評は仲間優勢だが…「紅白」司会めぐる吉高との一騎打ち

去年、綾瀬はるかさんでハラハラさせられたので、今年は安定感のある仲間さんにするんじゃないでしょうか。吉高さんは、去年でいう『あまちゃん』の能年さん的ポジションに置いて、特別企画の中で仲間さんと絡むかもしれません」(芸能リポーターの川内天子氏) 今のところ“安定と実績”の仲間が一歩リードか。しかし「去年は綾瀬はるかの天然ぶりが話題になったので、今年は吉高由里子の不思議…

「トシの功で」とコメントしたが…

82歳で紅白総合司会 黒柳徹子に囁かれる数々の不安要素

司会者には“新聞辞令”通り、紅組が綾瀬はるか(30)、白組がV6の井ノ原快彦(39)に決定。総合司会には4年連続となる有働由美子アナ(46)が発表になり、その後「もうひとかたいらっしゃいます」と、“隠し玉”の黒柳の名前が明かされた。 もっとも本人は会場に姿を見せずにVTRで「ついさっき伺ったので何をやるのか分かりませんが、トシの功で何とかしようと思っております。57…

None

サザン不出場、小泉今日子も微妙…NHK紅白は目玉なし?

司会は4年連続で任された嵐、大河ドラマ「八重の桜」主演の綾瀬はるかと華やか。「あまちゃん枠」も長い時間を割くといわれている。ヒロインの能年玲奈(20)と橋本愛(17)のユニット「潮騒のメモリーズ」や、テーマソングのオーケストラ演奏で「あまちゃんファミリー」が出演する予定。その中で出演を渋っているといわれているのが、能年の母親を演じた小泉今日子(47)だとか。 「役…

今年の紅白は“綾瀬だのみ”?

13年は放送事故も 紅白司会に綾瀬はるか起用するNHKの思惑

タモリが総合司会を辞退したことで迷走が続いているNHK「紅白歌合戦」で、紅組司会に綾瀬はるか(30)が起用されたことが話題になっている。綾瀬といえば13年暮れの紅白で紅組司会を担当したがトチリまくりで、“放送事故寸前”などの声も上がったからだ。 「トップバッターの浜崎あゆみを紹介する際、セリフを忘れて“ハイハイ”とやったのを皮切りに、天童よしみの曲名を忘れて固まって…

None

和田アキ子 NHKへの恨み節は屈折したラブコールか

実はこの前年も落選候補に挙がっていたのですが、同じ事務所の綾瀬はるかが司会を務めたため、そのバーターで生き残ったともっぱら。昨年も事務所の後輩で、朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロイン高畑充希に司会の話があり、そのバーターを狙ったようですが、結局は有村架純になってしまい工作は不発に終わった」(芸能界事情通) NHKが世代交代を言うなら、自分以外のいつもの顔触れは残っている…

None

綾瀬「ふたたび」…紅白“天然”司会に「来年も」の待望論

綾瀬はるか(28)の「ド天然」司会ぶりが、多くの視聴者の琴線に触れたのは間違いない。 第2部で視聴率44.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、年間視聴率トップの座を死守したNHK紅白歌合戦。4時間に及んだ生放送で司会に歌に大奮闘だった綾瀬は殊勲甲の活躍ぶりだった。 「期待を裏切らないというか、リハーサルの時からハプニング続出。審査結果発表で箱からボールを…

NHK紅白歌合戦の軍配はどちらに?

2015年紅白歌合戦をより楽しむための「10の基礎知識」

それだけに本人も必死だったし、ホリプロも“功労者”の和田を全面的にバックアップしました」(芸能リポーターの石川敏男氏) 紅組司会はホリプロの後輩の綾瀬はるか。これも大きなアドバンテージになった。 ②ジャニーズに屈した? 「昨年はジャニーズが6組。それでもひとつの事務所としては異常という批判があったが、そんな声もなんのその。7組に勢力を拡大させた」(石川敏男氏) ジャ…

タモリのサプライズ復活も?

タモリ辞退でまだ混乱 紅白司会者発表1カ月遅れの異常事態

その後、11月に入って総合司会が有働、紅組・綾瀬はるか、白組・井ノ原という報道が出て、あたかもこの3人で決まったかのような印象だが、まだ決定事項ではない。 そもそもタモリ側が辞退したことが混乱の一因だが、何があったのか。 「発表前に情報が漏れてタモリがヘソを曲げたとか、タモリは12月末にヨット関連の予定が入っていて紅白のリハーサルの時間が取れないのに、リハがビッチ…

None

言い間違え連発…「紅白司会」が危ぶまれる天然女優・綾瀬はるか

23日、綾瀬はるか(28)が「ケンタッキーフライドチキン」クリスマスキャンペーン新CM発表会に出席。 羽のついた妖精サンタの衣装で登場した綾瀬は、同社のクリスマスCMに出演するのは今年で4回目という「ベテラン」だが、さすがは天然女優、期待通り会見で“大失態”を犯した。 綾瀬はこの日、何も入っていない筒に魔法をかけてクリスマスツリーに飾るオーナメントを取り出すという…

40回出場は幻に?

すでに落選報道…和田アキ子「紅白」逆転出場はあるのか

昨年も落選危機にありましたが、同じホリプロの綾瀬はるかが紅組司会になったため、出場できたともっぱら。しかし、本番では以前のような声量はなく、精彩に欠けた。紅白に影響力を持つ“芸能界のドン”も、ついに見切りをつけたようなんです」(レコード会社関係者) 発売中の「週刊文春」でも、すでにNHKサイドから和田サイドに対し「今年は出場いただけない」と落選通知がされたと報じてい…

和田アキ子にとってはメモリアル

40回目紅白濃厚の和田アキ子は今年も後輩とセット出場か

ところが、所属するホリプロの後輩でもある綾瀬はるかが紅組司会を務めた結果、そのバーターといいますか、セットのような形で出場を果たした。和田にとって、今年は出場すれば40回目というメモリアル紅白ですから、NHKも邪険にはできないだろうとみられていたのですが」と冒頭の関係者。 とはいえ当落線上にあることは変わりなく、どうなるかという時に、今回も高畑というホリプロの頼れる…

三木谷幸喜と堺雅人/(C)日刊ゲンダイ

紅白も大河も…情報タダ漏れのNHKが本腰入れて犯人捜し

井上真央が2015年の大河「花燃ゆ」の主演に抜擢されたことも、昨年の紅白歌合戦の司会者が綾瀬はるかと嵐に決まったことも、正式発表の直前に「日刊スポーツ」が報じている。あまちゃんキャストの紅白総出演もそうだ。 その上、今回は、真田幸村を主人公に三谷幸喜が脚本を担当する2016年大河「真田丸」の主演について、「女性自身」が堺雅人と報じた。こちらは正式発表がまだなのでハ…

None

「八重の桜」散々…それでも揺るがないブランド「綾瀬はるか」

となれば、今回も、主演の綾瀬はるか(28)に少なからぬ影響があってもおかしくない。「タレント好感度ランキング」で3回連続女性トップの座に君臨する人気女優も、厳しい状況に追い込まれるのか。 ところが、芸能評論家の金沢誠氏は「今後も“綾瀬ブランド”は堅調に支持を得る」とみる。 「『八重の桜』の視聴率が伸び悩む中でも、好感度ランキングの首位を守ったのは、人気が普遍的なもの…

None

「独身の星」有働由美子アナ NHKに捧げた“女の幸せ”

先週行われた発表記者会見では、緊張した面持ちでタジタジする紅組司会・綾瀬はるかを、さりげなくフォローし、白組司会の「嵐」が昨年見せた冷静な進行ぶりを評価するなど、変にでしゃばらず、両者を立てる“名脇役”に徹していた。 朝の情報番組「あさイチ」のMCを担当して3年。脇の“汗ジミ”騒動やセックスレス論争などもあったが、その後も温泉特集で撮影したヌード写真の公表もいとわ…

連ドラ女優たちの夢の共演なるか

絶好調「あさが来た」 綾瀬&吉高“サプライズ出演”の現実味

「びっくりぽんなラストがぜ~んぶわかっちゃいました」と題した記事では、彗星のように現れたディーン・フジオカ(35)演じる五代友厚が間もなく難病にかかること、あさの姉・はつの息子とあさの娘が恋に落ちること(史実とは違う)などが書かれているが、中でも興味深いのが、綾瀬はるか(30)と吉高由里子(27)のサプライズ出演だ。 綾瀬は3年前の大河ドラマ「八重の桜」で演じた新島…

井上真央(上)と左下から綾瀬はるか、松たか子、深田恭子

井上真央どうなる? “低視聴率”大河俳優の気になるその後

主演・綾瀬はるかのその後の“快進撃”は言わずもがなで、翌年放送された「きょうは会社休みます。」は平均視聴率が16%をマークし、同期ドラマの2位に輝いている(1位は「ドクターX」)。今年公開された映画「海街diary」でも各映画賞を総ナメし、大晦日は2度目の紅白司会にも抜擢されている。 民放連ドラで途中打ち切りになると確かに痛手は大きいが、大河の低視聴率なんてむしろ向…

左から時計回りに清原果耶、有村架純、高畑充希

「あさが来た」で演技光る 13歳の清原果耶に秘めた可能性

NHKがことに力を入れている作品で、主演は綾瀬はるか。綾瀬が紅白歌合戦で紅組司会に選ばれたのも、このドラマとの関係が大きいといわれている。この番組が終わる頃、つまり4年後には民放連ドラで主役を張っていてもおかしくありません」(芸能関係者) 「あさが来た」は今後、あさが銀行→生保へ進出するなど見どころ満載となってくるが、もうひとつ、ふゆの活躍も楽しみになってきた。…

None

連ドラ主演 がむしゃらに働き始めた小泉今日子の“事情”

4月の連ドラがヒットすれば、綾瀬はるかや上戸彩を抑えてCM女王に躍り出る可能性だってあります」(広告代理店関係者) <今はがむしゃらに働けっ! て感じがしてますね>とファッション誌のインタビューで話していた小泉。大歓迎だ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事