日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

神田うの特集

好きと嫌いは紙一重

“嫌われ”に悟りの境地 神田うのに「泉ピン子目指せ」の声

神田うの(41)が新著「女も“殿”であれ!」(講談社)を出版するのを機に、オリコンスタイルが神田にインタビューした内容が話題になっている。 特に注目なのは「嫌われ有名人ランキング」に20年間ずっと入っていることに関するくだり。若いころはバッシングへの対処に悩み、泣いた日々もあったそうだが、その後はあまり気にならなくなった。 つい最近も神田自身が出演する検証番組があっ…

一発逆転のチャンス到来か

資産2000億円社長と交際報道…紗栄子が狙う「第2の神田うの」

けなげなママタレ路線はやめて、年間総売り上げ約1800億円の大手パチンコチェーン社長を夫に持つ神田うの(40)のような、“セレブママタレ”キャラに転じる算段かもしれません」(芸能ライター) 報道によると紗栄子が前沢氏に出会ったのはこの秋だという。現時点では結婚の予定はないとのことだが、かつてダルを射止めた“歩く上昇志向”とも言える紗栄子だけに、ひょっとしたらひょっと…

マネキンじゃありません

神田うの ベビーシッターによる窃盗被害は「人生のいい勉強」

ガラスの向こう側から歓声を浴びるのは美魔女風のマネキンではなく、神田うの(40)。14日、東京・銀座で行われた健康食品販売などを手がけるRAPASの初の路面店舗「RAPAS銀座店」オープニングセレモニーに出席した際の一コマです。 神田といえば先日、ベビーシッターから3000万円相当の窃盗被害を受けていたことを告白したばかり。この日は家の中にも監視カメラを設置したこと…

神田うの(左)寿美花代(右上)中村江里子(左下)

神田うの、松居一代、中村江里子…芸能人「家政婦トラブル史」

神田うの(40)が家政婦に3000万円もの金品を盗まれていたことを告白。実業家としても大忙しだけに、家事や育児を任せる存在は必要不可欠だったのだろうが、シッターや家政婦が派遣先の芸能人とトラブルになった例は意外と多い。 「昔の話ですが、俳優の高島忠夫の妻で、高嶋政宏・政伸兄弟の母の寿美花代は、かつて家政婦に2人の上の子供を殺害され、その時の心の傷をいまだに引きずって…

新作ウェディングのPR効果は絶大

盗難被害も宣伝に? 神田うの“イベント日に報告”の商売上手

ネットメディア、新聞各紙、ワイドショーの露出を考えたら宣伝効果は計りしれません」(PR会社スタッフ) 2日、神田うの(40)が自身のウエディングドレスブランド「シェーナ・ドゥーノ」の新作発表会に登場。もちろん、大挙して詰めかけたマスコミの関心は、この日発売の女性誌「女性自身」に掲載された家政婦による窃盗被害のことである。 同誌でうのは、長女(3)のベビーシッターだっ…

神田うのは4人のベビーシッターを雇っていた

神田うのは3000万円被害…怪しいベビーシッター見抜く方法

神田うの(40)の盗難事件にはビックリさせられた。うのは4人のベビーシッターを雇っていたが、その1人がブランドバッグや指輪など約70点を盗んでいたという。約3000万円の被害というから大変だ。シッターは60歳の女性で、4人の中で最古参だった。 うののケースもそうだったが、シッターや家政婦を雇う場合、専門の派遣業者に依頼することが多い。業者はシッターに講習を受けさせて…

セレブママに絶大な人気

最新ママタレ名鑑

神田うのが芸能界ママ友“最大派閥”ボスに君臨し続けるワケ

だが、代表的ママタレでありながら主婦目線とはかけ離れたコメントを連発し、物議を醸し続けているのが神田うの(40)だ。 4月にはレギュラーを務める「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、「子供がラブホテルのイルミネーションをキレイと言う」という視聴者の悩みに対して、「子供を連れて入ってみればいい」とコメント。 3月にはモラハラ問題で「(夫のハラスメントなど)無視すればい…

娘の弁当に「マツタケ」「松阪牛」

神田うの“超セレブ”誕生会 海外の5つ星ホテルで「前夜祭」も

3月28日に四十路を迎えたタレントの神田うの(40)が、家族と過ごした誕生日の様子をブログで一挙公開し、浮世離れしたセレブぶりを披露している。バースデーの“前夜祭”までもうけ、海外の5つ星ホテルで豪華ディナーに舌鼓だから、いやはやだ。 同月26日に情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)の生放送を終え、うのと家族が向かったのは香港。そのまま“100万ドルの夜景”が見…

意外な顔ぶれが…/(C)日刊ゲンダイ

嵐と壇蜜、神田うのと紗栄子も…独占入手「共演NGリスト」

神田うのと香里奈はともにウエディングドレスを手がけている。紗栄子は一時、ブランドを手がけたことがあり、うのとはNGだという。 以下は個別の事情。小島慶子と安住紳一郎はTBSの先輩、後輩の関係だが、小島はフリーになってからグラビアで水着になった際、安住にケチをつけられた。 松たか子と寺島しのぶは松の父が幸四郎、寺島は尾上菊五郎で、名門のお嬢さま同士。松の兄・市川染五郎…

美貌をキープ/(C)日刊ゲンダイ

神田うのがお膳立て? 伊東美咲が探る“復帰タイミング”

しかも、アシストしているのは、パチンコチェーンを運営する「日拓グループ」社長の西村拓郎氏の妻・神田うの(39)だ。 「共にパチンコ業界に身を置く夫を持つ2人はママ友。伊東は数年前からうののブログに登場するようになり、話題になりました。うのは昨年までファッション誌『25ans』で『エレママ対談』という連載をもっていて、その最終回で伊東が登場。うのに<娘が小学校に上がっ…

None

神田うの 「離婚ネタ」逆手にブランドPRのたくましい商魂

3日、自身がプロデュースするウエディングドレスブランドの新作発表会を開いた神田うの(38)。イベント後に行われた囲み取材では、一部で報じられた離婚危機について、「ケンカすると、口グセで<離婚する>って言ってしまうのが私たちの大変悪いところ。ケンカしてもすぐ<うのちゃんしかいない>と仲直りする」と完全否定した。 夫でパチンコチェーン「日拓グループ」社長の西村拓郎氏(…

元ヤクルト古田敦也監督と

私の秘蔵写真

大木凡人が語る古田敦也「なぜか凡チャンと呼ばれていた」

新郎新婦の前のテーブルには野村克也夫妻とかとんねるず、神田うのチャンと超有名人ばかり。敦也に酒でもつごうかと新郎新婦に近づいて行ったら、うのチャンにつかまっちゃった。ちょうど「スーパーワイド」で「凡ちゃんの先読み編集局」っていう夕刊紙を読むコーナーをやってたから、「どうしてあんな記事読むの!?」って怒られちゃってね。 美穂チャンは実物の方がずっとキレイで、敦也はよく…

安倍首相夫妻は政界と財界の結びつき

「ニッポン富裕層」の実像

家系図を見れば明らか 超富裕層は閨閥で固まる

芸能界では、伊東美咲や神田うのらがこのクチか。 ■女医との結婚も夢じゃない? さて、ここまではどちらかというと、超富裕層(家や土地を除く投資可能な金融資産5億円以上)や富裕層(同1億円以上)のお話。その下の準富裕層(同5000万~1億円)の結婚となると、少々事情が違ってくる。 たとえば、平均年収が2500万円(厚労省調査)といわれる医者の世界では……。 「昔は地方の…

紀香&愛之助は結婚式に5億円

「ニッポン富裕層」の実像

ユニクロ社長も…趣味のゴルフはコース買収して一人前

■食事 セレブ妻の神田うのは10月5日のブログで、娘のママ友とロイヤルホストで200グラム2570円~のステーキを食べたと報告。庶民派をアピールしたいらしいが、同じ日の投稿では銀座での家族だんらん風景をつづる。 それによると、昼に続いて夜もステーキをペロリ。料金は、ファミレスのアンガス牛の3倍近い和牛で7000円。「(ファミレスでの)色々な経験」は、上から目線のた…

熱愛発覚後ブログのアクセス数が増えた紗栄子

ネットのプロ分析 「炎上商法」ブログが疑われる芸能人は?

証拠があるわけではないので断定はできませんが、“紗栄子さんならやりかねない”というところまでは言えると思います」 意外だったのは神田うの。ブログがたびたび炎上していることから「炎上商法を狙っている?」と思われがちだが、「神田さんは特にお金には困ってないだろうし、出産したことで守るものもできた。あえて“炎上商法”は狙わないと思います」(井上氏)。 アメブロの月刊アクセ…

芸能評論家が“素顔”を語る

嫌い部門トップも「好き」で4位 和田アキ子“本当の評価”は?

ちなみに、「嫌い」部門で和田に続くのは神田うの、泉ピン子、熊切あさ美、安藤美姫など。逆に「好き」部門で和田の上を行くのはローラ、松田聖子、ベッキーのみ。両部門で顔を出すのは和田とローラぐらいだ。 同誌で作家の岩井志麻子さんが「その人たちの動向が多くの人の耳に届いているということですよね。好きでも嫌いでも名前が出なくなったら、おしまいだと思いますよ」とコメントしていた…

芸能界は妊娠ラッシュ

上戸彩も蛯原友里も…ママタレに続いて「妊タレ」急増のワケ

生活用品などのCMが期待できるママタレは神田うの、大沢あかね、木下優樹菜、坂下千里子などの活躍で今や芸能界で最も“激戦区”になっています。今からそこへ参戦するよりは、もっと前倒しして“妊娠から発表しちゃおう”ということじゃないでしょうか」 かつてはドラマ撮影中やCM出演中に妊娠発覚となったら、「契約違反」などと騒がれたものだが、スポンサーサイドも変化しているという。…

千秋

最新ママタレ名鑑

ビジネス上手は血統か 千秋は年商50億円の“ママタレ女王”

芸能界ママ友派閥で最強を誇る神田うのの「うの会」にとって最大のライバルが千秋(43)だ。何しろ千秋の“ビジネスママ”ぶりは、うのと比べても桁違いに優秀なのだ。 ママビジネスのスタートは長女出産(03年)の翌年に、子供服ブランド「リボンキャスケット」を立ち上げたこと。創業10年を超えた同ブランドは今や年商50億円規模に成長している。 「芸能人の名前貸しブランドが多い中…

派閥「大沢会」のドン

ママ友派閥を拡大中…大沢あかねは“庶民派路線”のアネゴ肌

神田うのを中心とした「うの会」がセレブママタレの派閥だとすると、庶民派ママタレの代表的派閥が大沢あかね(29)を中心とした「大沢会」だ。 祖父譲りの親分肌が慕われ、辻希美や藤本美貴らハロプロ系のタレントが集っている。09年にお笑い芸人の劇団ひとりと結婚。その翌年、妊娠・出産した新米ママではあるが、意外な人望を得ているのは、人脈の広さと元来持って生まれた世話好きな性格…

幸せな瞬間は長く続かず…

スザンヌ離婚に「やっぱり」の声…妊婦フォトの不吉ジンクス

芸能界にはほかにも、神田うの(39)、小雪(38)、熊田曜子(32)ら妊婦フォト経験者が多い。余計なお世話かもしれないが、こうなると次は誰が続くのか、心配になってくる……。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事