日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「二階堂ふみ 女優」に関する記事

None

肉食女優二階堂ふみが辿る 宮沢りえの道

女優の二階堂ふみ(22)にまたまた新たなロマンスが発覚だ。モデルの米倉強太(22)と半同棲生活を送っていると、発売中のフライデーが報じている。都内にある米倉の自宅マンションに、二階堂は送迎車で出入りしているようで、“事務所公認”のお付き合いとみられている。お相手の米倉は映像制作会社を起こした映像作家でもあるという。 二階堂といえば、若手屈指の実力派女優として、業界内…

年上男性が好みなのか

浮名を芸の肥やしに 二階堂ふみが歩む“カマキリ女優”の系譜

若手女優の中でも群を抜いて演技派で知られる二階堂ふみ(21)に新たな熱愛報道だ。 相手は俳優でミュージシャンで文筆家の星野源(34)。自著「働く男」(文春文庫)で〈何の仕事がメインとか肩書きとか、関係なくやりたい〉と明かしているようにマルチな活動を有言実行する同世代に人気のオトコである。ちなみに異性関係では、歌手のaiko(39)と長らく半同棲生活を送っていたのが有…

古風な顔立ちが魅力

早くも“NHK御用達女優” 黒島結菜が備える「ブレークの条件」

事務所の先輩で、若手演技派の筆頭格である二階堂ふみ(20)と同じ、沖縄出身。デビューの形態も同様で、素人の美少女が表紙を飾るフリーペーパー「美少女図鑑」沖縄版で注目を浴び、賞を受賞したことで芸能界入り。今春から上京し、都内の有名大学に通いながら、芸能活動も本格化したばかりだ。 NTTドコモのCMが出世作といわれ、宮藤官九郎脚本の連ドラ「ごめんね青春!」(TBS系)で…

(左から)二階堂ふみ、黒木華、橋本愛/(C)日刊ゲンダイ

二階堂ふみ、黒木華…映画界は“第2世代”若手女優が花盛り

トップランナーになりそうなのは二階堂ふみ。少し前にモスクワ国際映画祭で最高賞の金賞と最優秀男優賞を受賞した「私の男」に出演。受賞した浅野忠信と堂々たる愛欲シーンを見せて驚きを与え、映画もヒット中だ。 二階堂は現在19歳。12年に公開された園子温監督の「ヒミズ」で、いきなりベネチア国際映画祭の新人俳優賞を共演の染谷将太とともに受賞し、一躍脚光を浴びたのは記憶に新しい…

小学生のころから子役として活躍

ブレーク夜明け前 あのCM美女の正体

ドコモCMの美少女 久保田紗友に“ポスト北川景子”の片りん

「所属事務所は、二階堂ふみや土屋太鳳など若手有望女優の育成には定評がある。その事務所が今、“最高の素材”として全力を挙げて推しているのが久保田です。久保田はモーニング娘。のオーディションに落選しているのですが、今では“落ちてくれてよかった”と言われるほど女優としての活躍が期待されている。近いうちにブレークするのは間違いないでしょう」(スポーツ紙デスク) さしずめ「…

「A-Studio」アシに起用された森川葵

鶴瓶の“相棒”に抜擢…森川葵は同世代女優たちと何が違う?

20歳前後の世代は二階堂ふみ、小松菜奈、松岡茉優など“渋滞中”だが、森川は他の女優たちと少し毛色が違う。 「深夜ドラマで王道のヒロインをやった後、徐々に映画やドラマで存在感を出していくのが普通ですが、彼女の場合は連続ドラマで経験を積んだ後に、深夜ドラマ『監獄学園―プリズンスクール―』でかなり際どい役に挑戦しました。このドラマは原作マンガにあるセクシーな描写をかなりリ…

None

アイドル勢力図を塗り変える“当たり年”の「東宝シンデレラ」軍団

グランプリの上白石萌歌(13)はまだ表情こそあどけないが、「二階堂ふみさんのような存在感があって独特のオーラを出せる女優さんになりたい」と語るなど、中学2年生とは思えないプロ意識の高さ。 審査員特別賞を受賞した最年長の山崎紘菜(19)に至っては、「いつかは日本アカデミー賞で主演女優賞を取りたい。TOHOシネマズのスクリーンを私でいっぱいにしたいです」と、親会社の東宝…

ポスト二階堂ふみの声も

18歳山本舞香「絶対ブレーク」5つの理由 アイドル評論家語る

■若手実力派・二階堂ふみ(21)と同じ系譜 素人の美少女が表紙を飾る「美少女図鑑」鳥取版(10年)の登場をきっかけに芸能界入り。 「二階堂は沖縄版『美少女図鑑』の出身。その後、ティーン誌『ニコラ』の専属モデルとなっていますが、山本も同じ。見た目も二階堂をほうふつとさせるオリエンタルな顔つきで引きつけられます」 ■リハウスガール出身 宮沢りえ(42)や一色紗英(38…

None

二階堂ふみ 最新作で映画業界人をうならせた“タブーなき演技”

二階堂ふみ(19)の最新作「四十九日のレシピ」(11月9日公開)が話題になっている。永作博美、石橋蓮司というベテランを相手に“当たり負け”しない演技力もさることながら、試写会で評論家やマスコミ関係者をうならせたのは豊満な肉体美だった。 映画批評家の前田有一氏はこういう。 「今作で彼女は石橋蓮司演じる、妻を失って意気消沈している男の家に雑用バイトでやってくる訳あり女の…

若手演技派もテレビドラマでは四苦八苦

夏ドラマ“主役・脇役・敵役”辛口採点

二階堂ふみ 「誰もいなくなった」の演技がイマイチな原因

そんな主役の藤原以上に不評なのが、民放連ドラ初ヒロインの二階堂ふみ(21)。その“魔性”ぶりから、共演の伊野尾慧と急接近している印象を与えてしまい、ジャニーズファンを敵に回しただけでなく、ネットでは二階堂の演技に対して“手抜き説”が語られているのだ。 「映画で主演を続け、バラエティーでも活躍し、“大物感”のある二階堂ですが、テレビでの実績はまだまだ。実力があるのに…

「ぐるナイ」出演が好評な二階堂ふみ

「ぐるナイ」好評の二階堂ふみにバラエティー番組が熱視線

二階堂ふみ(21)がバラエティーでも引っ張りダコという意外な情報が飛び交っている。 二階堂といえば、女優ぶっている、つんけんしているうんぬんと評判がよくない若手女優のひとり。映画出演が中心で、バラエティーどころか、ドラマ出演も年に1回程度がこれまでだった。 ところが、年明けからなんと「ぐるぐるナインティナイン グルメチキンレース・ゴチになります!」(日本テレビ系)に…

なかなかの“ベテラン感”

二階堂ふみは「友人」…“飄々”対応の菅田将暉に大物の風格

11日発売の写真週刊誌「フライデー」で女優の二階堂ふみ(21)との深夜のデートを報じられた俳優の菅田将暉(23)。14日には報道後初の公の場となる花王の新商品発表会見に姿を見せたが、そこでの振る舞いは、23歳ながらすでに大物の風格すら漂わせるものだった。 二階堂との仲を聞かれると、「交際は全くしていないです」と笑顔で対応。「完全に役者仲間」「普通に友達」とも語ったほ…

夏ドラマで大ブレークなるか?

蓮佛美沙子 民放連ドラ初主演で躍り出る若手女優トップ争い

「何しろ、土屋太鳳、二階堂ふみ、橋本愛など、若手の注目女優が揃って所属している。個性を伸ばす方針で、プライべートは本人任せで関知せず。監督や演出家が使いたくなる素材を育成している。蓮佛は土屋と同じオーディション『ミス・フェニックス』のグランプリ受賞者。彼女たちの後を追うトップランナーといえます」(テレビ関係者) 蓮佛の夏がやってくる。…

主演女優賞の二階堂ふみ

左手薬指のリングは健在 二階堂ふみ“新しい恋の相手”は誰?

女優の二階堂ふみ(20)が9日、第24回日本映画プロフェッショナル大賞授賞式に出席。「私の男」(熊切和嘉監督)、「ほとりの朔子」(深田晃司監督)での演技が評価され、主演女優賞に輝いた。 「自分が最も変化を感じ、いろいろなことを経験した時期。運命だなと思う瞬間やステキな偶然がたくさんありました」 受賞した2作品の製作時期について、感慨深げに振り返っていた。 このところ…

None

二階堂ふみ “空き家”の期間は短いが…

女優の二階堂ふみ(22)がモデルで映像作家の米倉強太(22)と半同棲中であることが報じられて1週間が経過――。 二階堂といえば、かつては星野源との交際が報じられており、「今回は、星野と交際続行の情報をもとに張り込んだところ、米倉との交際が発覚しました」(マスコミ関係者)というから偶然の発覚だったようだ。 二階堂は13年春、映画の共演で知り合った俳優の新井浩文との交際…

雑誌の対談で急接近?

「逃げ恥」と反対のモテ男 星野源が有村架純に“急接近”?

ウワサになったのは女優の夏帆、二階堂ふみ、歌手のaikoら数知れない。共演を機にガッキーも……と心配して見ている人も多いはずだ。 そんな中、星野と女優の有村架純(23)が“急接近”していると一部で話題になっている。雑誌「AERA」で4回にわたって対談しているのだが、その様子が仲むつまじいのだ。星野は有村のことを「架純ちゃん」と呼んだり、有村が星野に耳打ちするなど、読…

交際が発覚した夏帆と新井浩文

夏帆に熱愛発覚 13歳上のモテ俳優・新井浩文と親公認の仲

新井といえば見かけはワイルドながら、これまで二階堂ふみや池脇千鶴といった人気女優と交際してきた美女キラー。親公認とはいえ、すんなりとゴールインとなるか!?…

au三太郎シリーズの“鬼ちゃん”でおなじみ

二階堂ふみと交際報道 菅田将暉「先輩ごぼう抜き」の凄み

11日発売のフライデーが、かねて交際が噂されていた俳優・菅田将暉(23)と女優・二階堂ふみ(21)の深夜デートを報じている。役者仲間の太賀(23)&門脇麦(23)カップルとのダブルデートだったようで、深夜2時過ぎまで表参道のカフェでおこもり。ツーショット写真こそないが、カフェ滞在時間は5時間に及んだという。 菅田と二階堂は昨年9月、一部週刊誌に三軒茶屋の路上でプライ…

赤いドレスで抜群の存在感/(C)日刊ゲンダイ

園子温監督に見いだされたニューヒロイン清野菜名の将来性

園監督はこれまでにも吉高由里子(「紀子の食卓」)、満島ひかり(「愛のむきだし」)、二階堂ふみ(「ヒミズ」)といった女優たちをいち早く起用し、その名伯楽ぶりが話題に。そんな鬼才に見いだされたニューヒロイン、清野の名は覚えておいて損はなし。日本映画界にまた楽しみな女優が現れた。…

話題作つづき/(C)日刊ゲンダイ

下馬評超える迫真プレー 二階堂ふみの匂い立つ「エロス」

女優の二階堂ふみが2日、主演映画「私の男」(14日公開)のプレミア試写会に出席した。 とにかくこの映画、公開前から二階堂が激しい濡れ場に挑戦していると評判に。桜庭一樹の同名小説が原作。10歳で天災孤児となった少女と、遠縁にあたる青年の近親相姦という禁断の愛を描き、08年に直木賞を受賞した際も過激なテーマが話題を呼んだ作品だ。二階堂は浅野忠信(40)演じる身寄りのな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事