日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小室哲哉に関する記事

小室 哲哉(こむろ てつや)1958年11月27日東京都生まれ。ミュージシャン、音楽プロデューサー。妻はglobeのボーカルのkco。1984年、宇都宮隆、木根尚登と共に「TM NETWORK」を結成。90年に名称を「TMN」に変更。94年5月に解散。この頃から、安室奈美恵などのプロデュースにより「小室ブーム」が到来。プロデュースを受けた歌手は「小室ファミリー」と呼ばれるようになる。99年ごろから徐々にブームが沈静化し、2001年には安室奈美恵のプロデュースを終了。私生活では歌手のASAMIとのわずか10カ月の結婚生活など、本人の威光に陰りが出始める。08年11月4日、著作権料をめぐるトラブルで大阪地検特捜部によって逮捕される。09年5月11日、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が大阪地方裁判所から言い渡された。その後は音楽活動に復帰し、12年には幕張メッセで行われた東日本大震災復興支援チャリティコンサートに参加。
予言的中?

未来予知? 小室哲哉が1年前「ボブディランに文学賞を」

歌手であるボブ・ディランの受賞には驚く声が多く、ネット上には<毎年騒がれる村上春樹さんも気の毒だけど、よりによって抜かれた相手がボブ・ディランというのが……>なんて声があふれたが、そんな中、音楽プロデューサーの小室哲哉(57)が1年前に投稿したツイートが話題になっている。 昨年のノーベル文学賞の受賞者が発表された2日後となる2015年10月10日、小室は「ノーベル…

None

小室サウンドの光と影

音楽プロデューサー、小室哲哉(58)のサウンドへの再評価の機運が高まっているという。シンセサイザーなどの電子音からなるダンスミュージック「EDM」の世界的な流行を受けたもの。90年代半ばから00年ごろにかけ、小室ファミリーが当時のヒットチャート上位を独占、このジャンルでミリオンヒットを連発したのは、当時を知る世代には記憶に新しいに違いない。 「高音を張り上げる歌声と…

小室哲哉がパチンコ市場に本格参戦

懐かしヒット曲も 小室哲哉“パチンコ台”デビューの切実事情

TKとはかつて日本の音楽界を席巻した音楽プロデューサーの小室哲哉(57)。同機種では小室がメンバーのバンド「TM Network」、小室がプロデューサーをつとめた「TRF」、鈴木亜美、闘病中の妻・KEIKOがボーカルをつとめた「globe」、楽曲を提供したダンス&ボーカルグループ「AAA」が実写とアニメで登場。 リーチ時にはTMの「Get Wild」、TRFの「寒…

小室哲哉

プレイバック芸能スキャンダル史

小室哲哉 5億円著作権詐欺容疑で逮捕

「天才プロデューサー」の名をほしいままにした小室哲哉だが、08年、思わぬ形で世間の注目を集めることになった。 06年ごろから小室が「自作曲の全著作権を売却する」という噂が業界内でささやかれ始めた。02年にAsamiとスピード離婚し、KEIKOと再婚しているが、離婚慰謝料の総額は10億円とも。しかし、この頃から小室人気は衰えを見せ始めていた。ヒット曲を連発するような目…

“元サヤ”に戻る小室哲哉(左)と華原朋美

小室哲哉&華原朋美 17年ぶりの“合体”で取り戻したい過去

「やっぱり元サヤか」――音楽関係者も得心しているのは華原朋美(40)と小室哲哉(56)の“合体”だ。華原が5月に発売する新曲を元恋人の小室が担当する。両者のタッグは17年ぶりのことだ。 「それもそのはずです。華原は薬物中毒、小室は詐欺事件と、ともにスネに傷持つ身で、なんとか過去の栄光を取り戻したい最中。そのため、両者ともにアノ手コノ手で話題作りに励んでいますが、ほと…

None

華原朋美&小室哲哉 15年ぶり共演のウラに“大人の事情”

■昨年は過去10年最低視聴率 元恋人同士の華原朋美(39)と小室哲哉(54)が“再合体”――。来月4日生放送する「FNS歌謡祭」(フジテレビ)で破局から15年ぶりに共演するという。 このコンビの復活は1年前、華原が同番組で芸能界復帰した時から取り沙汰されてきた。それだけによ~く練られたプランなのは確かである。さるテレビ関係者の話。 「明治天皇の玄孫(やしやご)との恋…

None

春風亭小朝 大いに語る

「芸」がない回転寿司的な落語家が増えている

「先日、小室哲哉さんと対談したんですが、音楽界では全体的に音程を上げる傾向があるそうで。クラシックでも高いピッチで演奏すると、聴く者を興奮させるけれど、しっとりした感じがない。わかりやすい分、質の低下につながってる。わかりやすい落語を喜ぶ客が多いのと同じです。面白ければいいと」 確かに「わかりやすい」というのは大衆受けするキーワードである。しかし、小朝ほどになれば…

体調不良で出演を見合わせた華原朋美

過去も恋愛で不安定に 華原朋美の“体調不良”に広がる懸念

98年に音楽プロデューサーの小室哲哉と破局した時も、精神的に不安定になった。しかも、テレビなどで、過去に口説いてきた男のことなど“恋愛暴露トーク”をしてしまう。本業の歌より、話題になるのは“男のこと”ばかりです」(週刊誌記者) これまで、プライベートで数々の騒動を起こしてきた華原。引退状態にあった09年には大量の精神安定剤を飲み、救急搬送されたこともある。今回も大事…

このままゴールインもある?

今度こそ? 華原朋美に7歳下イケメン実業家と“熱愛報道”

華原は、音楽プロデューサーの小室哲哉(57)と交際するも98年に破局し、精神的に不安定に。13年には明治天皇の玄孫の竹田恒泰氏(41)から求愛されたと明かしたが、竹田氏が二股交際していたことが発覚して騒動になった。…

ビールかけの醍醐味を熱弁

今だから語れる涙と笑いの酒人生

ギャオス内藤が語る 「ビールかけ」の楽しみ方と目立ち方

当時、親しかった小室哲哉さん率いるTMネットワークのパーティーが六本木であって、僕も呼ばれましてね。でも、お酒に弱いもんだから、他の参加者が盛り上がってるのに、しばらくして隅っこのソファでグーグーいびきをかいて寝てた。 そうしたら、小室さんが僕を起こそうと、顔にコップの水をかけたらしい。それでも一瞬、目を覚ましてまたすぐにグーグー。これを何度繰り返しても起きないもん…

ディスクガレージの中西健夫社長

語り部の経営者たち

ディスクガレージ中西健夫社長 レコード店バイトが転機

「私は小室哲哉さんのように、作詞・作曲しながらバンドで演奏するというスタイルでした。デビューシングルは1500枚プレスしましたが、そのうち売れたのは500枚。デビューはしたけれど、売れないミュージシャンでした」 親に反対されていたから、京都の実家には戻れない。生活ができなくなって、「何かアルバイトをしたい」とレコード会社の担当プロデューサーに相談したところ、「知り…

左から小室哲哉、氷川きよし

損得で答える人生相談

役員報酬で大差 「エイベックス」×「日本コロムビア」

その後、ディスコブーム、小室哲哉プロデュース作品で急成長。またアニメや特撮にも積極的で、02年以降の仮面ライダーシリーズにも携わっています。売上高はコロムビアの約13.4倍です。 さて、初任給を見ていきましょう。コロムビアは月20万2000円(14年実績)。社員持ち株会や確定拠出年金制度があります。対するエイベックスは年俸制を採用しており、最低保証は390万円。月給…

SMAP解散騒動に揺れるジャニーズ事務所

キムタク翻意で独立ご破算 窮地のSMAP4人に吉本入り浮上

「吉本はかつては小室哲哉を所属させたこともあるし、近年は従来のお笑いに加えてアイドルを売り出したり、映画製作に乗り出したりと“芸能総合商社”として多角化路線を進めている。人気・実力ともに申し分ない中居ら4人の移籍は大歓迎でしょう。吉本ならジャニーズ事務所にも伍するパワーがあります」 その中居は「SMAPやめたくない」などと親しい友人らに“後悔メール”を送っていたと…

朋ちゃんは今も迷走中?

話題は“恋バナ”ばかり 華原朋美の暴露路線に周囲も戸惑い

かつての恋人・小室哲哉のことから口説いてきた男の話等々――。 「(周囲に)言っちゃダメだって言われるんですけど、いつか言ってやろうかと思います」 5年半の休業から復帰して3年。歌手として再起した華原だったが、話題になることは男の話ばかり。二股騒動や恋話と私生活は賑やかだった。 「とにかく明るくて親しみやすく、あっけらかんとしている」と業界内の華原評はいいのだが、「話…

(左から)熊切あさ美、加護亜依、華原朋美

熊切、加護、華原…元カレのことをしゃべりたがる女の品格

「深夜番組の打ち上げで有名プロデューサーが呼んでるから一緒に行こうって言われて」と小室哲哉に指名を受けた話から、「急に消えました。急にいなくなったんですよ、私の前から」と破局の真相まで冗舌に語った。 さらにレギュラーをつとめる翌日の「PON!」(日テレ系)でこのVTRが流れると、「まだまだあります。言っちゃダメっていわれてるんですけど、いつか言ってやろうと思います…

破局過去も赤裸々に…

TVで仰天発言連発 華原朋美の“暴走警報”なぜ解除されぬ?

急にいなくなったんですよ、私の前から」と、名前こそ出さなかったが、音楽プロデューサー・小室哲哉との破局の過去を告白。 さらに、「本当はバラエティーに出たいけれど、言い過ぎちゃうところがあるから、事務所から止められている」とぶっちゃけ。過去の恋愛話や、年齢詐称など要所要所で「ピー」という規制音が入ったものの、ダウンタウンの2人もドン引きするほどの爆弾発言を連発したのだ…

ハロウィーンにのめりこむ裏には…

今年も過熱フィーバー 日本人はなぜハロウィーンに狂うのか

それが文字通り“祭り”で、決して他人を攻撃せず、自ら汗をかいて踊ることで不安や不平を解消しようとするのです」 ま、日本人らしいといえばらしいのだが、振り返ると、第2次平成不況(1997年5月~99年1月)前年の96年には、小室哲哉のプロデュース曲がオリコンチャートのトップ5を独占。日本人は、ダンサブルな小室ソングに浮かれ、踊り狂っていた。第3次不況(2000年11月…

フラれフラれて…

また二股ネタ…華原朋美のなりふり構わぬフラれキャラ商法

小室哲哉との過去を話し出したとたんにマスコミが飛びついてきたことから“これだ!”と思ったのかも知れません」(芸能リポーター) 周囲を見渡せば、芸能界は炎上商法花盛り。わざとブログを炎上させてアクセス数を稼ぐタレントが相次いでいる。華原が「フラれキャラ」に舵を切ったとしてもちっとも不思議ではない。 「本人も一部認めています。華原にとって今年はデビュー20周年で、記念の…

福山雅治は秘密主義でも有名

新妻・吹石一恵は大丈夫? 福山雅治の“完璧主義”エピソード

小室哲哉(56)と20年ぶりの共演で初セッションを披露した4日の放送回。視聴率は6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と深夜帯では上出来の数字だが、ヨルタモリ最終回(10.6%)には及ばず。旬の男がメーンのわりにちょっと物足りない結果だったというのがフジ側の本音だろう。それでもギョーカイの注目度は高く、番組を見た音楽関係者はこう話す。 「コード進行の話を…

全盛時代のマーク・パンサーとKEIKO

globeで唯一ハッピー…マーク・パンサーに見る危機管理力

9日には小室哲哉とともにデビュー20周年プロダクト第1弾「Remode1」のリリース記念ライブを新宿で開催した。くも膜下出血で療養中のKEIKOは録音されたコメントだけの参加だったが、globeのライブは6年ぶりだった。 マークはソロとしても活動を積極化させている。12日にはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」をエレクトリックダンスミュージ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事