日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

錦野旦特集

None

プレイバック芸能スキャンダル史

どん底の錦野旦と結ばれた清純派女優 武原英子

<1980年9月> 9月19日午後2時、東京・品川区の妙光寺で錦野旦(にしきのあきら、当時31)と武原英子(同34)の結婚式が開かれていた。“1億円挙式”といった豪華さを競っていた時代に、芸能人同士にしては地味だったが、詰め掛けたファンたちの目には逆にそれが新鮮に映った。白無垢(むく)に文金高島田の武原の美しさに感嘆の声が上がった。 2人が出会ったのは2年前。当時の…

手を振っただけで大歓声

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿2

過去最大級…路上がパニックになった石橋貴明の“大名行列”

おぎやはぎや秋山成勲さん、錦野旦さんたちを引き連れて大人数で路上を闊歩してたわ。いわゆる「男気ジャンケンメンバー」。 スタッフらしき男性が何とか道をつくろうとしてたけど、貴明さんに握手を求めるサラリーマンでパニックよ。最後は仕方なく逃げるように飲食店ビルに入って行ったけど、さすがは大御所ね。ビルに消える前に手を振っただけで、みんな納得。「おぉー!」って歓声を上げて、…

None

この人物のオモテとウラ

藤圭子「女のブルース」を歌い継ぐ一条聖矢「訃報は録音翌日」

そんな時、椿山荘の前で建設作業中、目に飛び込んできたのが「にしきのあきら(現・錦野旦)ディナーショー」の看板。チケットを買って見に入り、衝撃を受けた。 「師匠(錦野)のあまりのカッコ良さに<俺ももう一度、芸能界で勝負したい>と思ったのです。翌日から師匠の事務所通い。もちろん、本人に会えるはずもなく、社員の方に<事務所に入れてください>と言っても全然取り合ってもらえ…

錦野旦さん

その日その瞬間

錦野旦さん 妻の「金メダル取ってきなさいよ」に発奮

デビュー46年目の今も「スター錦野」としてコンサートやバラエティーで活躍中の錦野旦さん。16年前に健康を維持するため水泳を始めたが、今では水泳チーム「ザ・スター」を率いてマスターズ大会に出場。今年5月には優勝も記録した。 「水泳のマスターズ大会に出場して、金メダル取ってきなさいよ」 一昨年の正月明け、家内が突然、僕にこう言ったんですよ。16年ほど前から健康と体形維持…

プライド命の西岡

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神・西岡剛 の主役的発言は自意識過剰のヒロイズム

古くは錦野旦や田原俊彦、近年では木村拓哉にも通ずる自意識過剰のヒロイズム。言わば、スター西岡だ。 今回の発言も、そんなスター西岡ならではの主役志向のあらわれに見える。チーム内の秩序などを考えた場合、いくら本人が進言したところで実際に最低年俸になるわけもなく、おそらく野球協約の減額制限(年俸1億円以上は40%)前後で決着するだろう。当然、西岡もそれをわかっているはずだ…

称賛するわけにはいかないが…

プレイバック芸能スキャンダル史

「芸能界大麻汚染」でひとり黙秘貫いたジョー山中の“男気”

山中に続いて井上陽水、内田裕也、研ナオコ、内藤やす子、錦野旦、美川憲一が捕まり、検挙された芸能関係者は70人に達した。 「佐世保コネクションと東京コネクションの2つのルートがあって、佐世保の方は5年前に運送会社の社員から400グラムの大麻を譲り受けた山中がバンドや芸能界の仲間と使用。九州に行けば大麻が吸えると評判になっていた」(元社会部記者) 佐世保ルートで逮捕され…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事