日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大沢樹生 子供」に関する記事

None

プレイバック芸能スキャンダル史

喜多嶋舞 大沢樹生 18年前の“デキ婚”騒動

■1996年6月 この年末年始、最大のスキャンダルは大沢樹生のDNA鑑定騒動。喜多嶋舞との間に生まれた息子との親子関係を巡って騒ぎが続いているが、発端が96年の電撃入籍だった。大沢が27歳、喜多嶋が23歳の時である。 交際は89年10月、連続ドラマ「ワイルドで行こう!」(フジテレビ系)の共演がキッカケ。19歳の大沢が16歳の喜多嶋に一目惚れ、ドラマ終了後「僕が紫のバ…

周囲の目は冷ややか

大沢樹生にも批判の声 “実子裁判”が役者人生にもたらす影響

元光GENJIの大沢樹生と長男の間で争っていた実子裁判は、「親子関係が存在しないことを確認する」として、あっさり大沢の勝訴に終わった。前代未聞の裁判だったが、周囲の目は冷ややか――。 「では、誰の子」と元妻の喜多嶋舞には疑惑の目が向けられ、大沢に対しても、「今さら親子でないことを証明してなんの意味がある。長男が傷つくだけ」と批判の声が飛ぶ。両者とも黙して語らず。複雑…

None

大沢樹生“実子騒動” 喜多嶋の父親も出てきて泥仕合加速

アメリカで頑張ろうとしている彼を心から応援したい」 渦中の“息子”について聞かれた大沢樹生(44)は、涙を浮かべてこう答えた。7日、大沢の前妻・喜多嶋舞(41)との間に生まれた長男(16)が実子ではないと報じられたことについて、緊急会見を開いた。 冒頭で「昨年5月、初めて一部週刊誌の方から、DNA鑑定について取材依頼が来ました。その時は否定しましたが、昨年12月に突…

None

喜多嶋vs大沢 「鑑定デッチ上げ」報道で実子騒動ドロ沼化

<全ての皆様に取りまして、素晴らしい2014年でございますよう心より願っております> 今月3日、渦中の大沢樹生(44)が自身のブログを更新したが、こんなたわいもない新年の挨拶さえも、意味深に思えてしまうのである。16年間我が子として育ててきた長男を取り巻く“父性確率0%”問題。初めて表沙汰になったのは、昨年のクリスマスイブだったが、事態は年が明け、ドロ沼化の様相を呈…

None

大沢樹生の“芸能界の母” 「いたたまれない。心配です…」

喜多嶋舞(41)とデキ婚してケジメをつけたつもりが、大沢樹生(44)は父親ではなかった。喜多嶋と大沢、それにもうひとりの当事者以外にも、「父性確率0%」騒動に頭を悩ます人物がいる。大沢が「芸能界の母」と慕ってやまない歌手の安倍里葎子(65)だ。 橋幸夫とのデュエット曲「今夜は離さない」(83年)以来、ヒットを連発した「デュエットの女王」。昨年リリースした15枚目の最…

None

香川照之&西島秀俊とも噂に…喜多嶋舞の奔放すぎた“男遍歴”

できちゃった婚の末に出産した男の子(16)は、当時の夫、大沢樹生(44)の子供ではなかった。DNA鑑定で明らかになったという。 元夫婦は現在、「親子関係の不存在」をめぐり家庭裁判所で調停中。科学的に証明された以上、2人はできちゃった婚でもなかったことになる。いったい、子供の本当の父親は誰なのか。喜多嶋とウワサになった相手をたどってみると、いや、出るわ出るわ。さすがに…

左上から時計回りに加山雄三、大沢樹生、三船美佳&高橋ジョージ

15年テレビの“びっくり” コラムニスト桧山珠美が振り返る

日本中の夫をビビらせた騒動がもうひとつ、「元光GENJI大沢樹生の実子騒動」。ウチの子もまさかと子供の顔をまじまじ見たとか見ないとか。 4月には、萩本欽一(74)が駒沢大学に入学。すっかり世間から忘れられかけていた欽ちゃんだが、大学入学で再び注目。さすが視聴率100%男、目のつけどころが違う。 厚顔無恥なびっくりぽんを3連発。 「日テレ上重聡アナのごっつあん疑惑」…

「父親は大沢さん」と喜多嶋舞は言うが…

大沢vs喜多嶋で注目…日本の“ニセ親子”どれだけいる?

大沢樹生(46)と元息子(18)の親子関係が司法の場で否定されたことで、世の多くの子を持つ男性も他人事ではないと考えたに違いない。日本には現在、どれくらいの「ニセ親子」が存在するのか。 ■“親子確認”は年間約2000件 実際に出産する女性と違って、男性は子が自分の遺伝子を引き継いでいるのか100%の確証を持てない。大沢樹生さんのケースでは、元妻の喜多嶋舞さん(43)…

(C)日刊ゲンダイ

藤田紀子&花田虎上親子 「自虐」と「暴露」で必死の就職活動

■兄弟のDNA鑑定もネタに 今年1月、大沢樹生の実子騒動が話題になった。当時は、若貴にも飛び火して、「本当の兄弟?」なんて言われたが、藤田は「全くのデマ。公のところで(DNA)鑑定しようじゃないかしら」と完全否定している。この日も「大丈夫、(本当の兄弟だという)自信あります」と強調したが、「いやいや、分からないですよ」とまたしても花田が横やりを入れた。 私生活の切…

None

大沢vs喜多嶋 女性誌の“代理戦争”に世間の関心今ひとつ

大沢樹生(44)と喜多嶋舞(41)のDNA鑑定騒動が、女性誌の代理戦争に発展している。 そもそもの始まりは、昨年末の「週刊女性」のスクープ。大沢が、16歳の長男のDNA鑑定をしたところ、実子ではなかったことが分かったと報じた。 これに喜多嶋は書面で報道を批判するコメントを出したが、その後、喜多嶋の父親で長男の親権を持つ喜多嶋修氏が「女性自身」で猛反論。すると、「週刊…

左から田原俊彦、山本淳一、豊川誕

SMAP分裂回避の理由は? 辞めたジャニーズの悲惨な末路

94年に光GENJIを脱退した大沢樹生(46)なんて、話題になるのは子供のDNA鑑定だけ。同じく光GENJIメンバーだった山本淳一(43)は職を転々とするも借金まみれで、「妻をソープに売り払った」などと週刊誌に書かれたこともある。 12年に黒木メイサとできちゃった婚し、14年に独立した赤西仁(31)は自主レーベルを立ち上げて頑張っているそうだが、ヒット作を出したとい…

祖母の内藤洋子は「孫に夢や希望を」と語っていた

親権変更3回、虐待報告も…気の毒すぎる大沢&喜多嶋の長男

大沢樹生(46)と元妻、喜多嶋舞(43)の間にもうけた長男(18)について、大沢が実子ではないと訴えた訴訟は、DNA鑑定の結果などから、東京家裁が親子ではないという判決を下した。 “親”はそれぞれの思いを自分で処理できるだろうが、気の毒なのは長男である。父親と思っていた人間が父親だったりそうではなくなったり、この長男の場合、親権も二転三転した。喜多嶋→大沢→喜多嶋…

つける薬がない山本淳一

山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

覚醒剤で捕まった赤坂晃もその一人でしょう」 大沢樹生(46)は息子のDNA鑑定問題でモメにモメ、諸星和己(44)は暴走キャラで芸能界から干されるなど、アイドルのなれの果ては悲惨だ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事