日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

団十郎に関する記事

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

市川団十郎 16億円借金騒動

■1992年12月 昨年2月、他界した歌舞伎界の大名跡、市川団十郎。長男・海老蔵のスキャンダルなどお騒がせの一家だが、ことあるごとに取り沙汰されたのはバブル崩壊後の92年にかけて発覚した、12代目団十郎の16億円ともいわれた借金騒動だった。 85年に“30億円興行”ともいわれる襲名披露を行った団十郎だが、思ったほど収入は上がらず台所事情が逼迫(ひつぱく)しているとい…

妻の三田寛子は悩みが尽きない

息子とキャバ通いも 中村橋之助に見る歌舞伎界の“女遊び”

まあ、親子でキャバクラに行っていたのは故団十郎さんと海老蔵もそう。芸妓との不倫なんて梨園の伝統みたいなもの。口上のネタにされるくらいで、とがめる幹部なんていやしません」 たしかに人間国宝の中村鴈治郎(現・坂田藤十郎)は70歳の時に19歳の舞妓との密会どころかバスローブの前をはだけ、下半身が露出した写真をスクープされたこともある。故中村勘三郎の艶聞はいわずもがな、故坂…

(左から時計回りに)小林麻央、市川海老蔵、小林麻耶

小林麻央「進行性がん」報道 海老蔵“成田山で得度”の意味

当初は父である12代目市川団十郎が亡くなって3年が経つのでその供養をかねてではと言われていましたが、麻央夫人の体調回復の願掛けが理由でしょう」と話す。 成田屋のお家芸である“にらみ”は邪気を払う所作で、見た者は無病息災の御利益があるといわれている。またしても試練の時を迎えた海老蔵。そして麻央夫人の一日も早い回復が待たれる。…

萬家一斎さん

この人に密着24時間

浮世絵師・萬家一斎さんが語る 故団十郎さんとの“約束”

これでスイッチをオフにし、8時には床に就きます」 ■“十八番”を浮世絵に残したいと依頼され… そんな萬家さんが思い出の人物として挙げるのが、12代市川団十郎だ。 「亡くなられたのが13年2月ですので、早いもので3年が過ぎました。亡くなる1年前、団十郎さんからお声がかかったのです。ご体調も悪かったのかもしれませんが、『十八番を絵に残したい』という要請でした。そこで歌舞…

坂東三津五郎

歌舞伎界のジャッキーとは私めでございます

“名コンビ”故・三津五郎とはプライベートでも親友で…

母の晃子は7代目松本幸四郎の長女で、きょうだいに11代目団十郎、8代目幸四郎(後の松本白鸚)、2代目尾上松緑がいる。従って、当代の幸四郎と中村吉右衛門、12代目団十郎(平成25年没)、尾上辰之助(昭和62年没)は芝雀といとこに当たる。染五郎、市川海老蔵、当代松緑はいとこの子供だから親戚関係だ。 芝雀は「伯父さん方からたくさんのことを教えていただきました」と語る。ま…

こまつ座「紙屋町さくらホテル」

演劇えんま帳

井上ひさし作「紙屋町さくらホテル」問う 戦争責任の所在

移動演劇隊「桜隊」の先発隊として、“新劇の団十郎”と呼ばれた人気俳優・丸山定夫(高橋和也)と宝塚出身の園井恵子(松岡依都美)らが、米国籍の日系2世の神宮淳子(七瀬なつみ)が経営、いとこの正子(伊勢佳世)が手伝うホテルに宿泊する。 同宿するのは言語学者大島(相島一之)、敵性外国人である淳子を監視する特高刑事(松角洋平)、天皇の密使として本土決戦が可能かどうか国情を探る…

歌舞伎俳優の中村芝雀

歌舞伎界のジャッキーとは私めでございます

女性の心情を深く表現する「役の性根」が女形の勝負

リアリズムを取り入れた新作が上演されるようになり、9代目市川団十郎らの推進で演劇改良運動が起こった。団十郎の相手役を務め、明治から昭和初期まで立女形として君臨したのが5代目中村歌右衛門である。その類いまれな美貌で人気を集め、歌舞伎座の座頭になるほどであった。 戦後を代表する名女形は5代目の子の6代目中村歌右衛門、7代目尾上梅幸、4代目中村雀右衛門であろう。この3人の…

タレントが通う店 やってる店

市川染五郎が長年ひいきにしているシチュー専門店「銀之塔」

昭和30年の創業以来、市川団十郎、海老蔵親子をはじめ、名だたる役者たちから親しまれてきた、歌舞伎界御用達の名店だ。 メニューはシチューとグラタンのみ。長年、支持され続ける最大の理由は、料理人の丁寧な手仕事が生み出す、“昔と変わらぬ味”にある。 「デミグラスソースは3日間かけて作りますが、その間に火を入れては寝かせ、アクを丁寧に取り除いています。そうすることで、比較的…

桂文枝

ゲンダイ落語講座

「桂文枝」襲名に迷った三枝が漏らした言葉

歌舞伎の世界にも市川団十郎、尾上菊五郎、中村歌右衛門といった大名跡がある。それに匹敵する名前が、落語界にも多々ある。(順不同で)前出の三遊亭円生、桂文楽、桂文治、柳家小さん、林家正蔵、古今亭志ん生、笑福亭松鶴、桂米団治、三笑亭可楽、立川談志……。 名前が家のものという考え方がそれほど強くない落語界の場合、すんなりと襲名が運ばないケースもある。 前述の「円生」のケー…

None

ザッツエンターテインメント

時代劇の中にタイムスリップしよう編

その少し前に、初代市川団十郎が釜ゆでにされる石川五右衛門を演じていたとき、共演していた半六に観客の目の前で刺し殺されるという事件があった。半六は両国の川開きで隅田川に花火が上がった夜、どざえもんとなって発見される。 さらに、老舗・弁天堂の蔵が破られるという事件が発生。 名人の錠前師が作った錠前を破る手口が、石川五右衛門の亡霊を浮かびあがらせる。このままでは、おさま…

降りしきる雨の中、自宅前に集まる関係者と報道陣(左 東京・港区)/(C)日刊ゲンダイ

坂東三津五郎さん“波乱”の人生…近藤サトとの略奪婚騒動も

勘三郎、団十郎という大看板に続く三津五郎の死のショックは計り知れない」(松竹関係者) 早すぎる死である。…

西麻布事件も今は昔/(C)日刊ゲンダイ

笑いが止まらぬ海老蔵…ブログに続き「自主興行」でボロ儲け

4月26日に営まれた父・市川団十郎の一周忌法要の際はなんと日に29回も更新。ブログはアクセス数に応じて収入を得られるため、「月間で300万円以上稼いでいる」(IT関係者)ともっぱらだ。 西麻布事件も今は昔。 「特に長男が生まれてからは泥酔するまで飲むこともないし、生活に落ち着きが出てきた」(松竹関係者)という声も上がる海老蔵。日常の出来事にコメントを添えるだけでカ…

None

駐車場代“自腹”…過去最高益の松竹に歌舞伎役者の恨み節

歌舞伎座新開場の直前に勘三郎、団十郎という千両役者が亡くなったため、他の看板役者の負担が大きくなるのは仕方がない面もありますが、高齢化も進んでいるし、このままでは体を壊す役者が続出する」 ■地下駐車場も“自腹” たしかに、重鎮クラスの人気役者でいえば当代の尾上菊五郎は71歳、中村吉右衛門は69歳、松本幸四郎は71歳、坂東玉三郎は63歳。 体力よりも気力で舞台を務めて…

None

過去2作は大コケ 海老蔵「利休にたずねよ」は大丈夫なのか

直木賞を受賞した同名小説の映画化だし、今年2月に他界した父・団十郎との最初で最後の親子共演作でもある。日本での公開に先駆け、モントリオール世界映画祭では「最優秀芸術貢献賞」を受賞し、裏千家バックアップのもと、5000万円は下らない本物の茶器が惜しげもなく登場するといった具合に、話題性も十二分。 ■「歌舞伎も茶道も通ずるところが」 「歌舞伎役者として培われた風格をいか…

None

1日20回更新も…海老蔵、ブログで月360万円の荒稼ぎ

父・団十郎が残した億単位の借金もすでに完済したとのうわさもある。今はただ、新しいオモチャを手にした子供のように、ブログで発信するたびに注目されるのが楽しくて仕方がないのでしょう。実際、自分のブログを取り上げた芸能ニュース記事をブログに逆公開しては、寸評をつけたりして面白がっていますよ」(芸能関係者) 常人では計り知れない男だ。…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

五社協定で映画界追放 山本富士子“引退寸前”もテレビで復活

6月に予定されていた歌舞伎座での団十郎との共演も中止に追い込まれ、影響は舞台活動にも及んだ。一時山本は女優引退まで考えたという。 そんな危機を救ったのはテレビだった。石井ふく子の勧めもあり、山本は63年7月7日放送の東芝日曜劇場「明治の女」で復帰を果たす。初のテレビドラマ出演で、放送が終わって1分も経たないうちに山本宅ではファンからの応援電話が鳴りっぱなしになった。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事