日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

上原さくらに関する記事

着々と前進/(C)日刊ゲンダイ

タヒチ旅行の前はお伊勢参り 観月ありさ「結婚」へ一直線

「伊勢神宮は前妻の上原さくらと毎年一緒に参拝していた“聖地”だった」(芸能関係者)そうで、少々縁起が悪い気もするが、青山氏は本気であるという証拠だ。 青山氏は年収数十億円と報じられる超大金持ち。無類の車好きで、フェラーリ、ロールスロイスといった高級車を何台も所有。趣味はカーレースで、“フェラーリ王子”と呼ばれている。最近は都内高級住宅街に「総額10億円」にもなるとい…

アネゴ肌/(C)日刊ゲンダイ

年商150億円社長と結婚報道 観月ありさ“男の履歴書”

青山氏はタレント上原さくら(37)の元夫で、自宅にはフェラーリやロールスロイスなど高級車を何台も所有する超大金持ち。過去にはC・C・ガールズの森洋子とも浮名を流したプレーボーイなのが心配だが、子役時代から芸能界で活躍し、23年連続で主演ドラマが放送されている観月の相手としては、少なくとも稼ぎの面では申し分ない。 観月サイドは友人のはるな愛を通じて結婚報道を否定して…

苦労もしてきた

観月ありさの結婚に祝福の声 「酸いも甘いも経験してこの人」

タレント・上原さくら(37)の元夫でもあり、青山氏にとっては2度目の結婚となる。 二人は2013年秋ごろから交際をスタートして1年半でのスピード婚。もとは友人であったが、食事やデートを重ねるうちに徐々に距離が近づき親密になっていったという。 観月は過去、ミュージシャンの光永亮太(34)や、俳優・永井大(36)、滝川クリステルの実弟でモデルの滝川ロラン(35)、タレン…

花嫁になる日は?/(C)日刊ゲンダイ

観月ありさ ギネス更新も気がかりな“アノ社長”との結婚話

というのも、相手がタレント・上原さくらさんの元夫で、泥沼の争いの末、2013年4月に離婚した建築関連会社社長なんです。『出入禁止の女』の撮影で京都に行ったのは、距離を置くことで頭を冷やす意味もあったのではないか」(芸能ライター) 観月はこれまで、サッカーの永井秀樹選手、歌手の光永亮太、滝川クリステルの弟でモデルの滝川ロラン、そしてつるの剛士、上地雄輔とおバカユニット…

この頃ずっとNIGOを支えていた牧瀬里穂/(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

牧瀬里穂 裏原系カリスマプロデューサーとアラフォー玉の輿婚

牧瀬は上原さくらに誘われた食事会で、ファッションプロデューサーのNIGOと知り合った。猿の顔をモチーフにしたストリートファッション系ブランド「A・BATHING・APE」を立ち上げた、裏原宿のカリスマプロデューサー。ドラマでキムタクが「APE」のTシャツを着たことでブームに拍車が掛かり、新作発売時には店の前に行列ができるほど。年収は5億を超えるといわれ、六本木ヒルズ…

光浦も太鼓判/(C)日刊ゲンダイ

光浦靖子もよゐこ濱口ベタ褒め「髪を切って気づくのは彼だけ」

ほかにも上原さくら、藤本美貴、榎本加奈子、内田有紀……とウワサになった女性芸能人がワンサカ。それも、いいオンナ揃いで羨ましい限りだ。 最大の理由は「優しさ」にある。当時、付き合っていた彼女に「仕事と私、どっちをとるの?」と迫られ、彼女を取って仕事に遅刻して行ったとか、夜中に迎えに来てと言われ、すぐに迎えに行くなど、とにかくマメなのだ。 本人いわく、「ワガママな女性に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事