日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

成海璃子に関する記事

None

清純派イメージをズタズタにした 成海璃子の「オフ写真」

慣れた仕草でタバコをプカプカしている成海璃子(21)――。 発売中の「フライデー」が交際中の新進モデル山下翔平(23)とのデート現場をスクープした。子役でデビュー以来、清純派路線を突っ走ってきた成海の路上喫煙というオマケまでくっついてきた。 しかも、成海が吸っている銘柄はオジサン御用達のハイライト。ファンはちょっと幻滅か……。 もちろん、成人した成海がたばこを吸おう…

原作の設定を生かしつつ現代風に書き換えた

TV見るべきものは!!

バカリズムが巧みにデフォルメ 「黒い十人の女」脚本の妙

水野美紀(舞台女優)、佐藤仁美(ドラマAP)、MEGUMI(脚本家)、成海璃子(テレビ局受付嬢)、そしてトリンドル玲奈(若手女優)もいる。これから登場する愛人も含め、船越P、モテすぎだろう。 脚本のバカリズム(写真)は、原作の設定を生かしながら舞台を現代に移し、今どきのテレビ界・芸能界の生態を巧みにデフォルメして描いていく。先週も、水野美紀演じる舞台女優の活動を「情…

映画では濡れ場にも挑戦した遠藤新菜

ハーフ不利でも 遠藤新菜「無伴奏」で挑んだ体当たり艶技

主演の成海璃子(23)をはじめ、池松壮亮(25)、斎藤というメジャーどころが名を連ねる中、遠藤ひとりだけマイナーだ。が、恐れや不安を感じるどころか「うれしいという気持ちしかなかった。芝居に説得力のある3人が揃うなら、私が観客だったら絶対に見に行きます」。 高校生の頃からワークショップに参加し演技の勉強をスタート。「何かしら周囲の印象に残ればいい」と参加した劇団アロッ…

左から清水富美加、バカリズム、水野美紀

あれもこれも言わせて

オススメは「黒い十人の女」 深夜ドラマに見どころ多し

水野美紀、佐藤仁美、成海璃子、トリンドル玲奈、MEGUMI……と愛人役の女子も満足そう。 愛人たちがやたらとたばこを吸うのはバカリズムがヘビースモーカーだからなのか。いまどき喫煙推奨とは。いろんな意味でチャレンジング。 ほかにも、テレ東系「勇者ヨシヒコと導かれし七人」と「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」もばかばかしく、振りきれている。社屋を移転してもテレ東クオリティー…

喫煙疑惑に困惑の皆藤アナ

皆藤愛子は全面否定…女性芸能人と喫煙疑惑のイタチごっこ

昨年1月、モデルの山下翔平とのデート現場を写真誌「フライデー」に撮られた女優の成海璃子(22)は、オジサン御用達の銘柄「ハイライト」を慣れた手つきでくゆらせていた。また、昨年8月には「女性セブン」が歩きたばこをしている安室奈美恵(37)の姿を掲載。世間から驚きの声が上がった。 女優の榮倉奈々(27)はイベント会場の喫煙所でモデルの鈴木えみ(29)と煙草を吸う姿がネ…

じっくりと成長を見守ろう(2014年12月8日撮影)

橋本環奈の“プニ化”が話題も「これくらいがいい」とファン称賛

子役としてデビューした女優の成海璃子(22)は初主演映画が高く評価されて注目を浴びたが、ブレーク直後から別人と見紛うばかりに“激太り”。その後、痩せてスッキリとした硬派な美貌を取り戻した。 天才子役として名を馳せた鈴木杏(28)も成長期を経て“どすこい体形”に変化。それがかえって女優としての貫録を与え、映画「軽蔑」ではフルヌードのラブシーンを演じるなど意欲的だ。 …

新恋人発覚の矢先に…/(C)日刊ゲンダイ

北川景子は否定…喫煙で騒動になった女性芸能人の面々

さらに、成海璃子(22)は写真週刊誌「フライデー」でモデルの山下翔平との“お泊まりデート”を報じられた際に、たばこをくゆらす姿が撮られて話題になった。 言うまでもなく、喫煙それ自体は個人の自由。たばこを吸っていると、いちいち騒がれるタレントが気の毒になってくる。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事