日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「竹内結子 演技」に関する記事

竹内結子よりも気になる…?

「真田丸」竹内結子を無表情で見守る“乳母役女優”は誰?

NHK大河「真田丸」で竹内結子(36)演じる茶々のコケティッシュぶりには改めて圧倒させられるが、ドラマを見ている人たちにとって、この人間関係の中でもうひとり、気になっている人物がいるのではないか。 茶々の行動を監視するように見つめながらも表情ひとつ変えず付き従う乳母役の大蔵卿局だ。演じているのは峯村リエ(52)という女優さん。どんなキャリアの人なのか。演劇ジャーナ…

Jホラーの巨匠・中田秀夫監督が絶賛

「劇場霊」中田秀夫監督が語る 島崎遥香に“ホラー女優”の資質

「僕は、自分のホラー映画には『リング』の竹内結子さんのように、キュートなのにキリッとした目鼻立ちでどこか強さを感じさせる、そんな女優さんに出てほしい。『フェノミナ』に出ていた10代の頃のジェニファー・コネリーみたいなね。とくに今回の『劇場霊』は、魔物と化した等身大の球体関節人形が襲ってくる話ですが、ハリウッド映画みたいにマッチョに対決するんじゃなく、しかし拮抗する…

意外にも時代劇初挑戦

実は時代劇初挑戦…“小顔”竹内結子に寄せられる期待と不安

女優歴19年の竹内結子(35)が時代劇に初挑戦だそうだ。 出演するのは来年5月公開予定の「殿、利息でござる!」(中村義洋監督)。この中で竹内が演じるのは、竹を割ったような性格の飯屋の女将。原作「無私の日本人」(磯田道史著)には登場しないキャラクターだが、中村監督の「結子さんの日本髪を一度見てみたい」との希望で実現したそうだ。そこで気になるのは「初時代劇」「初日本髪」…

「今年は私の番!?」

“邦画押し”が追い風に 竹内結子は「最優秀女優賞」取れるか

25日は竹内結子(35)が主演作品「残穢―住んではいけない部屋―」(来年1月30日公開)を引っ提げ、記者会見とワールドプレミアに出席したのだが、まさかのまさか。主演女優自ら「見ると本当に後悔する」と営業妨害にもなりかねない“失言”を放ち、会場を沸かせたのだ。 同映画は山本周五郎賞受賞のドキュメンタリー・ホラー長編「残穢」(小野不由美著)を原作とし、複数のホラー映画の…

浴衣姿で手を振る竹内結子

竹内結子の“欲張り”な願い 引退後は「世界一周の船旅に…」

同映画の日本語吹き替え版の声優を務めた竹内結子(35)が、七夕にちなんで自分の願い事を発表。短冊に書かれたその願いとは、〈世界一周の船旅に行けますように。〉 その理由が……。 「欲張りでスミマセン。この仕事を引退する日が来たら、船旅に行こうと思っていて。そのために筋トレしています。いっぱい遊びたいことがあるので元気でいないと」 15歳の時、原宿でスカウトされてデビュ…

キムタク推しに力が入るジャニーズ事務所

芸能界クロスロード

ヒットへ執念 キムタク将来占う2作品の豪華すぎる共演者

医師役のドラマには竹内結子、松山ケンイチら主役クラスが並ぶ。用心棒役の映画「無限の住人」には“朝ドラ”で話題になった役者に、市川海老蔵の初共演。役者として独り立ちする木村の門出を祝うようなキャスティングは期待の表れと見る向きもある一方で、野球のように「落とせない一戦」の強い思いが伝わってくる。 解散を巡り木村はジャニーズ側に付き、一部から「裏切り者」のレッテルを貼ら…

「吉永淳」改め本名で勝負

「とと姉ちゃん」に再登場 “綾サン”阿部純子の意外な過去

ちなみに吉永淳時代の憧れの女優は、オノマチだったが、現在は竹内結子。その理由が興味深いところである。来週11日からスタートする7月期の月9ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)には、桐谷美玲(26)演じる主人公の職場の後輩として出演。ドラマ界で“アベジュン旋風”を巻き起こせるか。…

昨年の東京国際映画祭の様子

コンペ部門に初の「邦画3本」 東京国際映画祭に2つの変化

「残穢」は竹内結子、橋本愛が出演するホラー。小説家に届いた女子大生の手紙から、ある家の過去の住人たちのおぞましい出来事が明らかになる。「白ゆき姫殺人事件」を手掛けた中村監督の手腕に期待したい。 「さようなら」は平田オリザの同名の演劇を映画化したもの。人間とアンドロイドが“共演する”まったくユニークな作品だという。 旧作では高倉健や寺山修司の作品、「平成ガメラ」など…

歌も演技もいける

「月9」出演中の大原櫻子 ヒロイン本田翼もかすむ“躍進の夏”

アイドル評論家の中森明夫氏もかつて、「デビュー時の竹内結子を彷彿とさせる存在感」と絶賛していた逸材。モデルやアイドル上がりとは一線を画す、歌手も演技も本格派の“二刀流女優”というわけだ。 充実の夏を過ごしている大原。実りの秋はすぐそこだ。…

お父さんの話を振った坂上忍

「お父さんいない」…人気子役・寺田心クンの“まっすぐな瞳”

今月8日から放送されている「サッポロ一番」のCMで、夫婦役を演じた竹内結子(35)と劇団ひとり(38)の子供を演じている寺田心(6)が脚光を浴びている。 ドラマ「明日、ママがいない」ではギャンブル依存症の母から育児放棄された子供を演じ、今年から放送されているTOTOのCMで一躍、人気子役の仲間入りを果たした寺田クンだが、実は今、別の意味でも注目を集めている。 7日放…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

年齢サバ読み 成人式に2回出席した 安西ひろこ

芸能界でも奥菜恵、竹内結子やともさかりえ、浅田好未(パイレーツ)などの面々が晴れて大人の仲間入りをした。その中に女子高生のカリスマモデルとして活躍し、ポスト浜崎あゆみとも呼ばれた安西ひろこもいた。 安西の誕生日は2月9日。「着物を着るとおしとやかになりますね」と語り、ラメが織り込まれた紫の振り袖に身を包み「車の免許をとる。バラエティー以外に歌も演技も頑張りたい」「2…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事