日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

内閣府の関連ニュース

None

加計学園 学部新設「総理のご意向」

獣医学部新設に慎重な文部科学省に対して、内閣府が「総理の意向だ」などと圧力をかけたことが記載された文書を朝日新聞が入手し、17日の最終版1面トップで報じた。 同紙が入手したのは昨年9~10月に文科省が作成した文書。「獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項」と題した文書では、内閣府側が「平成30(2018)年4月開学を大前提に……」と認可スケジュールを示し、「これは官…

札束を受け取る顧問/ユーチューブより)

内閣府動いた相撲協会「裏金疑惑」 マスコミはなぜ追及せず?

8月30日の朝日新聞に掲載された、「相撲協会顧問の現金授受問題、内閣府が対応を検証へ」という記事。事の発端は北の湖理事長(元横綱)の右腕といわれている協会顧問が、パチンコメーカーから2度にわたって裏金を受け取った様子がネットの動画サイトに投稿されたことだ。さらに相撲協会は別のメーカーと過去現在すべての力士の肖像権を1億円でライセンス契約したことも発覚した。 動画の…

共産党の小池書記局長(左)と新資料

やっぱり加計学園ありき 共産党が入手した内部文書の中身

決定的なのは、諮問会議の獣医学部設置原案に対し、文科省が内閣府に提示したとみられる修正内容だ。文科省側は〈既存の大学・学部では対応が困難な獣医師養成の構想が具体化し〉〈近年の獣医師の需要の動向も考慮しつつ、全国的見地から〉などと原案に挿入すべき文言を赤字で示し、〈修正理由〉として〈日本再興戦略改訂2015の趣旨〉を挙げつつ、〈今治市の構想が適切であること〉を示すよ…

None

巻頭特集

「加計学園疑惑」決定的証拠を「怪文書」と言い切る腐敗

文科省が昨年9~10月に作成したとされる一連の文書には、加計学園の獣医学部新設について、国家戦略特区を担当する内閣府が「総理の意向」を実現するため、早期開学に否定的だった文科省に圧力をかけていた実態が生々しく書かれている。 「獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項」というタイトルの文書には、「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有い…

None

巻頭特集

ついに疑獄の本丸が扉を開けたぞ

文部科学省が昨年9~10月に作ったとされ、国会で民進党が同じ文書8枚をもとに追及、本紙も入手したが、国家戦略特区を担当する内閣府が、早期の獣医学部新設を求めてかけた“圧力”はものすごい。「準備が整わない」などと渋る文科省に対し、「これは官邸の最高レベルが言っていること」「総理のご意向だと聞いている」と、政権トップの強い関与を示す文言が出てくるのである。 3月に国会…

写真はイメージ

内閣府調査の裏読み? 増える女性の「東京移住」は“風俗需要”

内閣府が住民基本台帳などから分析したもので、東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)で転入と転出の差の転入超過数を調べたところ、東京圏への超過数は2014年は女性が約6万人、男性が約4万9000人だった。09年以降、女性の転入数のほうが多く、15~34歳が大半を占めたという。 内閣府は地方に女性の働き口が少ないのが原因とみているが、ほかにもある。ずばり、都会の“風俗需要…

None

無理筋が現実に 加計学園「総理の意向」文書 全文公開

内閣府は〈総理のご意向〉=⑤を前面に出し、国家戦略特区制度を利用した獣医学部の〈平成30年(2018年)4月開学を大前提〉=①という早期開学を促す。安倍の“威光”を借りたゴリ押しには、所管の文科省サイドが辟易する様子が読み取れる。 トップの松野博一文科相からの「ご指示事項」には〈教員確保や施設設備等の設置認可に必要な準備が整わない〉として、〈31年4月開学を目指す…

支持者が離れていく…

安倍支持者カンカン 内閣府「米国訪問事業」に“裏の狙い”

あまりのポチぶりに保守系の支持層からも「売国奴」批判が続出しているが、そんな安倍支持者がカンカンになっているのが、内閣府主催の「歩こうアメリカ、語ろうニッポン」事業だ。 事業は2014年度から始まり、一般公募で選ばれた市民が10日間ほどかけて米国を訪問。在米日本関連団体で講演したり、集会でディスカッションを行ったりする。 事業の目的は〈米国において、現地の方々に対し…

左から西村、茂木、林の3氏

水面下で情報乱れ飛ぶ 甘利ワイロ大臣「後任候補」の名前

後任探しは始まっているし、実は候補者も限られているのが本当です」(永田町関係者) で、名前が挙がっているのが西村康稔前内閣府副大臣(53=当選5回)だ。東大法卒、元通産省キャリア。内閣府副大臣時代はTPPも担当していて、国会答弁をしている。ピンチヒッターには「持ってこい」だが、西村氏には閣僚経験がないだけでなく、過去に週刊文春にベトナム人買春疑惑を報じられたこともあ…

みずほFG佐藤康博社長

必要なのかこの人 社外取締役名鑑

みずほFGなど【大田弘子】売りは安倍官邸との太いパイプ

みずほは大田を取締役候補者とした理由を「内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)等を歴任。豊富な経験と高い識見、特に公共政策、経済政策といったマクロ的な視点や日本再生のための高い課題認識を生かし、経営陣から独立した立場で当社取締役会の意思決定機能や監督機能の実効性強化等に大いに貢献していただけると判断した」としている。ホンネは首相の安倍晋三と太いパイプでつながっている…

None

衝撃 アベノミクス「GDP伸び率」あの民主党政権に完敗

民主党の山井和則衆院議員が今月、内閣府に対して民主党政権時代と安倍政権下で実質GDPはどれだけ伸びたのか――を比較できる数値を求めたところ、数値は民主党政権の方が断然、良かったのだ。 この結果には驚きだ。内閣府経済社会総合研究所の調べによると、民主党が政権を奪取した2009年7~9月期から、政権を明け渡す12年10~12月期までの実質GDPの伸び率が「5.7%」だ…

上戸彩のCMが認知度アップに貢献!?

来年1月開始「マイナンバー」 今さら聞けない“オモテとウラ”

内閣府が先月、上戸彩をキャラクターに起用したテレビCM、新聞・雑誌広告でキャンペーンを行ったアレだ。もっとも、今年1月に実施された「マイナンバー制度に関する世論調査」(内閣府)で、制度の「内容まで知っていた」と答えた人はわずか28.3%。宣伝で名称は認知されても、中身まで理解されていないのは同じだろう。 マイナンバーとは、日本に住む人すべてに割り振られる12ケタの番…

石破大臣のレクサスは約1100万円

クラウンに文句 公用車次々乗りかえた石破大臣の“金銭感覚”

それによると、石破は内閣府が13年11月に購入した公用車のトヨタ「クラウン」を、たった1年3カ月で“乗り捨て”。今年2月に月39万円のレンタカー代を支払ってトヨタ「レクサスLS460」に乗り換えた後、さらに3月、今度はワンランク上の「レクサスLS600HL」を購入したという。 内閣府の運用ルールでは、大臣の公用車は「12年間使用か、10万キロ走行」をメドに買い替え…

イラスト・所ゆきよし

大相撲の内幕

公益法人協会理事長が苦言「前任者への顧問料なんてありえない」

「気になるのが公益認定の時、内閣府に提出した書類に顧問料の説明が書いてあったのかどうか。内閣府がそれを認めたかどうか、ということです。というのも、その顧問料は相撲協会が払うのではないのでしょう? 年寄(親方)は給料が出るということは、職員としての地位を売買していることになる。前任者への顧問料なんて、他の公益法人では普通はありえないことですからね」(太田理事長) 顧…

不祥事の元締め/(C)日刊ゲンダイ

北の湖理事長再選 横暴許す相撲協会と監督官庁の体たらく

「(新公益法人制度に移行した)1月末からは指導監督権限が内閣府に移ったので何とも…。今の段階では法人内の揉め事という認識。(裏金授受疑惑は)協会内で話し合ってから危機管理委員会が調査するということです。ただ、我々も(相撲協会とは)これまでの付き合いもあるので、どうなっているのかは聞いています。(危機管理委の)宗像委員長には、法令にのっとって調査をするようには言って…

こんな広告がムチャクチャ増える/(C)日刊ゲンダイ

露骨なメディア懐柔 消費増税かこつけ政府広報予算5割増

現在、国会で審議中の14年度予算案で、内閣府が「政府広報予算」を消費増税を理由に前年度の44億円から65億円と5割近くも増やしているのだ。 14年度の政府広報予算案の内訳は、国内向けが前年度39億円から50億円に増えた。海外向けは5億円から15億円に一気に3倍増だ。内閣府は「政府一丸となった消費税転嫁対策の実施」という予算も計上し、こちらは7億円から24億円と、約3…

市作成の資料には「総理・内閣主導」の文言(左写真=今治市長)

加計ありきは安倍首相の直接指示か 市長も「総理が主導」

『首相主導』を意識して加計ありきのタイトな日程で進めたことを物語っています」(黒川敦彦氏) 興味深いのは、文科省の「総理の意向文書」で、昨年9~10月に「早期開学」を強硬に求めた内閣府の担当審議官が、市への説明では学部新設に消極的だったらしいことだ。 昨年2月、今治市議会に提示された「大学獣医学部の新設について」との資料。内閣府の藤原豊審議官と市側のやりとりをまとめ…

熊本地震からもうすぐ半年

成功のヒミツ失敗しないコツ

ペットボトル数本では足りない? 「防災準備」の非常識

内閣府の「平成25年版防災白書」によれば、「防災用品の準備」をしている人は82%、「飲料水、食糧、生活必需品の準備」は78%。平成15年の調査と比べて大幅に増加した。 しかし、それが“本当に役立つ準備”でなければ意味がない。防災関係のプロジェクトを数多くこなし、「地震イツモマニュアル」(ポプラ社)を最近出版した「NPO法人プラス・アーツ」理事長の永田宏和さんは、「…

経団連定時総会でもあいかわらず三本の矢

永田町の裏を読む

「統計詐欺」に頼るしかなくなったアベノミクスの末路

そこで今度は日銀が動きだして、内閣府発表の2014年度の名目GDPは490兆円、実質0・9%のマイナス成長だが、日銀統計調査局が独自の方法で計算すると「30兆多い519兆円で実質2・4%のプラス成長になる」と7月20日に発表した。黒田も26日の経済財政諮問会議で「税収が良いのにGDP推計が予想より低いのは違和感がある」と、自らの失敗を統計のせいにするかの発言してい…

今年も猛暑?(写真はイメージ)

プロはこう見る 経済ニュースの核心

経済指標が悪いだけに…暑さ本番「水不足関連株」を拾う

内閣府・財務省が6月13日に発表した法人企業景気予測調査(16年4~6月期調査、5月15日調査時点)では、大企業・製造業の景況判断BSIは現状判断(4~6月)でマイナス11.1と前回見通しのマイナス3.5より悪化した。見通し(7~9月)はプラス7.0と前回の7.1とほぼ変わらなかった。 ただし、これは調査時点から考えて「消費税増税先送り」発表前であり、増税による下…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事