日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ピエール瀧に関する記事

まさにカメレオン俳優/(C)日刊ゲンダイ

「アナと雪の女王」大ヒットの陰に“声優”ピエール瀧の名演

吹き替えを担当したのはピエール瀧(47)。テクノバンド「電気グルーヴ」として活動しているが、ミュージカル音楽は意外にも初挑戦。オラフが歌う「あこがれの夏」では、ピエールの顔を想像させない無邪気で愛らしい声色を披露。オリジナル版にも負けない絶妙な間とテンションでシリアスになりすぎそうな場面にうまく水を差し、会場の笑いを誘っている。 ■ディズニーも映画批評家も太鼓判 N…

朝は“ピエール学園”の投手

就寝は明け方…“中年の星”ピエール瀧を支える「自分の時間」

「本業は無職」などと語るピエール瀧(48)の人生観、生活術が話題だ。ピエールといえば、テクノバンド「電気グルーヴ」での活動のほか、俳優としてNHKの朝ドラ「あまちゃん」あたりからお茶の間に知られ、日本アカデミー賞優秀助演男優賞(映画「凶悪」)にも輝く演技力から、今やドラマに映画に引っ張りだこの売れっ子。その原動力は私生活の過ごし方にあるようだ。スポーツ紙の芸能記者が…

大根仁監督とピエール瀧(右)の間でおちゃらける石野卓球

「電気グルーヴ」卓球が大暴走 ワインで“ほろ酔い”舞台挨拶

結成25周年を迎えた音楽ユニット「電気グルーヴ」の初の伝記映画「DENKI GROOVE THE MOVIE?―石野卓球とピエール瀧―」が26日封切りとなり、大根仁監督と、2人の主人公――石野卓球(48)とピエール瀧(48)が登壇したのだが……。 蓋を開けてみれば、赤ワイン片手にほろ酔い状態で「いえ~い、めっちゃホリデー!」とノリノリで姿を見せた石野による大暴走の…

ヒットチャートめった聴き

結成25周年「電気グルーヴ」初のドキュメンタリー映画

「DENKI GROOVE THE MOVIE?―石野卓球とピエール瀧―」と題したこの一本は、門外不出だった89年8月20日の初ライブの映像や彼らをよく知る関係者らの証言を紡いだ内容。いち早く本格的なテクノミュージックを取り入れ、日本に浸透させてきた彼らの軌跡がそこにある。エディット&ディレクションを手がけた大根仁監督のプレッシャーたるや半端なかったはず。愛してや…

None

小泉抜きで「潮騒のメモリー」? どうなる、紅白“あまちゃんコーナー”

小泉、薬師丸ひろ子(49)、小池徹平(27)、ピエール瀧(46)を「鶴瓶の家族に乾杯」にゲストとして呼び、「アメ女」センター役の足立梨花(21)を「七人のコント侍」(BSプレミアム)のレギュラーに抜擢した。さらに、10月からは橋本愛(17)主演のドラマを放送中。今月29日には、「薬師丸ひろ子35周年記念コンサート」の模様を放送する予定だ。 「『GMT』メンバー、古田…

左から時計回りに、リリー・フランキー、長澤まさみ、安めぐみ

福山雅治が神と呼ぶモテ男 リリー・フランキーの口説き術

福山雅治が密かに“恋愛の神様”と呼び、堤真一やピエール瀧ら芸能界にも数多くのシンパがいることで知られるリリー・フランキー(52)。 俳優、イラストレーター、カメラマン……いくつもの肩書をもつマルチタレント。一見するとヒゲをたくわえた細面のオッサンだが、その素顔は女性のハートをわし掴みにして離さない不思議な魅力に満ちている。先ごろも女性週刊誌に人気女優、長澤まさみとの…

TBSドラマで主演した西島秀俊、佐藤健、唐沢寿明、阿部寛(左から)

TV見るべきものは!!

2015年の放送界 「BPO」と「ドラマ」で振り返る

NHKでは、ピエール瀧が主演した「64(ロクヨン)」が印象に残る。少女誘拐事件の謎と警察内部のせめぎ合いを扱いながら、じりじりするような緊迫感と時代の空気感を表現して見事だった。さらに、現在放送中の朝ドラ「あさが来た」が視聴者の支持を集めている。幕末生まれの大店のお嬢さんが、どう流転し成長するかという実話ベースが功を奏した。同じく実在の女性の生涯を描いてきた、大河…

「Dr倫太郎」vs「アイムホーム」

春ドラマ辛口採点 キムタク「アイムホーム」に識者の評価二分

軍人のような独特の存在感を持つピエール瀧も持ち味を出している。NHKが本気になるとここまでやれるんだという本格的な映像で、ぐいぐい引き込まれる」(放送ライターの八雲翠氏) せっかくの貴重な時間。くだらないドラマでロスしたくないものだ。…

None

角ハイ3代目に就任 井川遥が酒に酔ったらどう変わる?

「私自身、角ハイボールをよく飲んでいるので、自信を持っておいしさをお伝えできます」 こう抱負を語った井川はピエール瀧、加瀬亮、田中圭といった常連客を相手に小さなバーを切り盛りするミステリアスな女主人に扮する。 この日も時折、髪をかき上げ、バーテンダーに教えてもらったというおいしいハイボールの作り方を披露。 「ソーダはそうっと注いで、マドラーもそうっと抜くんです」 …

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事