日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「玉置浩二 現在」に関する記事

再犯率60%の壁/(C)日刊ゲンダイ

松山千春、玉置浩二が後押し ASKA「早期復帰」の可能性

元愛人の栩内香澄美被告らとの問題を別にして、芸能界だけでみれば、松山千春さんに玉置浩二さんと、彼の復帰を後押しする声もありますよ」 ■マッキー、のりピーはスンナリ復帰 薬物事件から復帰した芸能人では、最近ならシンガー・ソングライターの槇原敬之(45)がいる。槇原は30歳だった1999年、覚醒剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕され有罪判決(懲役1年6月、執行猶予3年)を…

田中裕二さん(ジャケット写真は最前列が本人)

あの人は今こうしている

「安全地帯」元ドラム田中裕二さん 今はカフェ経営に情熱

リーダーの玉置浩二は今も全国ツアーをしているが、ドラムだった田中裕二さん(58)は今どうしているのか。 ■食うために始めたはずが…… 「いらっしゃいませ。奥にどうぞ」 上野から京成電鉄、北総鉄道を乗り継いで約40分。西白井駅に近い閑静な住宅街にある「Y's cafe」を訪ねると、白いシャツに蝶ネクタイ、黒ズボン姿の田中さんがいた。 「当店は91年にコーヒー豆の輸入卸…

米誌「LIFE」の記念総集号に写真が掲載されたことも

「FRIDAY」カメラマンはなぜ動物写真家に転身したのか?

玉置浩二との不倫愛に行き詰まった石原真理子が毛布ぐるぐる巻きで自宅から救助される瞬間を撮ったら、編集部は喜んでくれる。でも自分の心は納得がいかなかったんです」 思い悩んでいた時期にフィリピンでクーデターが勃発。名刺と記者証を置いて編集部を去った。その後は米国の通信社に所属し、湾岸戦争やソマリア内戦、天安門事件などを取材。死と隣り合わせの戦場カメラマンとしてシャッター…

悩みは「目が真っ赤になること」

撮影中ドラマ5本…最も多忙な俳優・遠藤憲一が“覚悟”語る

最近は玉置浩二さんの『メロディー』が好きでよく聞いてますが、この人の頭ん中は物凄いことになってるはずです」 好きな酒も飲みに行く暇がない日々。誘われても「全部断ってます。人付き合い悪いヤツだと思われてる」と嘆く。もっとも目下の悩みは「疲れが目に出ちゃうこと。朝から撮影が続くと夜には真っ赤っか。目は弱点でもあるんです……」。 眼力で見る人をひきつける役者ならではの悩み…

None

家族、稼ぎ、男…メディアが報じない浅田真央の“私生活”

180センチ近い長身、ロマンスグレーを横分けにした風貌は歌手の玉置浩二を彷彿させる。運転するトヨタ車の助手席にはサングラスに深紅の口紅、黒ずくめで大人っぽい衣装の真央を乗せていた。直撃取材は真央の女性マネジャーに制止されたが、父の娘へのまなざしは柔和そのもの。 消費者金融の根抵当権が外れたのは07年4月、住宅ローンの完済は10年9月のことだ。娘の稼ぎは育成に投資し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事