日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「河合奈保子 デビュー」に関する記事

None

河合奈保子の娘「kaho」 母親譲りの“要素”で高まる期待

80年代に一世を風靡(ふうび)したアイドル・河合奈保子(50)といえば、オトーサン世代には懐かしい。その河合の愛娘が歌手デビューし、話題になっている。 kaho(14)という名で活動を開始。6歳からピアノに慣れ親しみ、自身で作詞作曲を手がけるシンガー・ソングライターというから本格派だ。デビュー曲「every hero」はいきなり、堀北真希主演のドラマ「ミス・パイロッ…

(左から時計回りに)西城秀樹、浅田美代子、岩崎宏美、角川博

89歳で死去 西城秀樹“育ての親”芸映・青木伸樹会長の功績

「相本久美子、河合奈保子、石川秀美、芳本美代子、西村知美など時代を象徴するアイドルは全員、芸映所属でした。当時は年末の“賞レース”全盛の時代でもありましたが、われわれの間では“今年芸映から入るのは誰か”などと噂しあったものです」 一方では角川博、神野美伽など演歌系の育成にも余念がなかった。 タレントと所属事務所というと、「独立はご法度」がこの世界の常識だが、青木氏…

8月には35周年記念アルバムが発売された

活動休止から18年…“不動の人気”河合奈保子はいつ復活?

「復帰はいつ?」などと盛り上がっているのが、河合奈保子(52)。1996年の結婚を機に活動休止して、はや18年。週刊誌などに懐かしのグラビアが掲載され、ファンのリクエストで選曲したというアルバム「私が好きな河合奈保子」がリリースされたりして、変わらぬ人気ぶりを見せているからだ。 「河合さんは現在、オーストラリア暮らし。夫でヘアメークの金原宜保氏との間に1男1女がいま…

今年はジャニーズから7組出場する

7組出場、司会者10年連続 ジャニーズ独占「紅白」に異論

ちなみに、今年マッチと同じ35周年の歌手はと調べてみたら、河合奈保子、鈴木雅之、佐野元春、山下久美子などなど。どうせなら山下久美子を出せば、今井美樹との因縁対決なんて盛り上がるのに。 そんなふうに思っていたら出演者が発表されて3日後の先月29日、後輩の番組「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ系)に出演し、東京タワーめぐりをしながら、ことさらデビュー3…

ピンチの森進一と復帰の小林幸子

ジャニーズ内闘争、森進一の落選危機…ドタバタ紅白の舞台裏

アニメファンに大ヒットした『進撃の巨人』や『妖怪ウォッチ』関連、今井美樹、斉藤由貴、TUBEらデビュー30年組、35年組の近藤真彦、松田聖子、河合奈保子らを集めるくらいしかない。メモリアル組の最右翼が20年ぶりに再結成したロックバンドREBECCA(レベッカ)というのだから、先が思いやられる」(放送関係者) 新味も、ベテランの味わいもないのでは、タモリが司会をやりた…

7年ぶりのニューアルバム「TRAD」

この人物のオモテとウラ

7年ぶり新譜リリースの竹内まりや 絶好調の秘訣は十五穀米

この地に足をつけるというか、いわゆる芸能界とちょっと距離を置いたポジションが、シンガー・ソングライターとしてのキャリアの始まりです」(スポーツ紙芸能デスク) その後「駅」「シングル・アゲイン」「純愛ラプソディ」と大ヒットを連発しOLらの絶大な支持を集め、同時に河合奈保子「けんかをやめて」、薬師丸ひろ子「元気を出して」、中山美穂「色・ホワイトブレンド」など、自身の作詞…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事