日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「清原和博 結婚」に関する記事

吉田鋼太郎の年下妻は元銀座ママ

吉田鋼太郎、渡部篤郎…バツアリ俳優と“銀座の女”の恋模様

清原和博容疑者(48)が逮捕直前まで交際していた女性。俳優・吉田鋼太郎(57)が今年4度目の結婚をした相手も銀座。渡部篤郎(47)が中谷美紀と別れ、結婚相手に選んだのも銀座のホステスという。 大人の社交場・夜の銀座は芸能界でも「銀座のクラブで飲めるようになったら一人前」と言われた時代があった。若手歌手が大きな顔で飲んでいると、遭遇した先輩歌手に「10年早いよ」と言わ…

泥沼不倫相手の長渕剛も身辺慌ただしく…

メッセ黒田は浮気…バツ2も懲りぬ国生さゆりの男を見る目

その長渕は清原和博容疑者(48)の覚醒剤逮捕に関連する一連の報道の中で、清原と一緒にホテルで覚醒剤を使用し、シャブをキメている最中に携帯で撮影した写真の存在までもが知人の証言として報じられるなど、にわかに身辺が慌ただしくなってきた。携帯はすでに警察が押収して分析しているだけに長渕は気が気じゃないだろうが、こんな危うい“ダメ男”にばかりハマる国生も因果といえば因果だし…

不倫や薬物疑惑にも耐えてきた亜希夫人/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

息子2人連れ離婚…清原和博夫人は旧姓「木村亜希」で再出発

元プロ野球選手、清原和博(47)との離婚が明らかになった清原亜希(45)。女性ファッション誌「Marisol(マリソル)」などで活躍中の現役モデルにして、元アイドル。堀越高校を出て、坂口良子らも出場した「ミスセブンティーン」オーディションで特別賞に輝き、工藤静香ら3人で「セブンティーンクラブ」としてレコードも発売している。168センチのスレンダーボディーと清楚なル…

ついに/(C)日刊ゲンダイ

清原和博 離婚の決定打は「左胸から背中を這う竜の入れ墨」

16日発売の「女性自身」が「結婚15年目の独占肉声!」と題して書いている、元プロ野球選手の清原和博(47)の別居・離婚報道。度重なる不倫騒動に薬物疑惑と続けば、モデルとして活動する亜希夫人(45)に三くだり半を突きつけられても仕方がないが、球界では以前から「離婚、秒読み」と囁かれていた。 原因は入れ墨である。清原は08年にオリックスを引退後、右足のふくらはぎに竜を彫…

髪形を変えただけでニュースになるオンナ

華麗人脈と豪華ランチ 石田ゆり子が送る独身私生活のナゾ

石田のほか、滝川クリステル(39)、NHK有働由美子アナ(47)、陣内貴美子(52)、清原和博の元妻の亜希(47)が並び、満面の笑みを浮かべている。 女性セブンによれば、陣内の夫で元プロ野球選手の金石昭人さん経営の高級寿司店だそうで、石田らはランチタイムを貸し切って集まり、特上寿司がバンバン出てくる豪華パーティーになったとか。 昨年はTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役…

「人生の大事なことは野球基準で決めてきた」

上田まりえ「ショックです」 清原は卒論のテーマだった

元夫・清原被告は息子との再会を切望

幸せ強調の亜希につきまとう “元清原夫人”としての話題性

清原和博被告(48)に判決が言い渡された31日、元妻でモデルの亜希(47)はコメントを発表することはなく、所属事務所も一切、マスコミに対応はなかった。そんな中、亜希が発売中のファッション誌「GLOW(グロー)」(宝島社)7月号で表紙を飾り話題になっている。 亜希は同誌に初登場にもかかわらず、表紙だけでなく4ページの撮り下ろしに加え、2ページのインタビューが掲載。同…

離婚後も「清原姓」を名乗り続けている清原亜希

モデル業に影響必至 “元夫逮捕”で清原亜希が背負う十字架

今月2日に清原和博容疑者(48)が覚醒剤所持で逮捕されて1週間が経過。この間、入手ルート、交友関係、オンナ問題、黒い交際など悪事という悪事が噴出しているが、一番の被害者は別れた妻でモデルの清原亜希(46)と2人の息子だ。 亜希さんは5日に「今、私にできることは多くありませんが、まずは親として、大切な子供たちを守ることが一番の責任だと思っております」とコメントを発表。…

“狼の皮をかぶった羊”だった

シャブ漬け番長 堕落の軌跡

トイレ籠城に号泣も…清原容疑者がコワモテで隠した小心

大きな体とは対照的な線の細い男なんです」 PL学園時代の恩師、中村順司元監督(69=現名商大野球部監督)の清原和博(48)評である。 真っ黒に日焼けした顔に坊主頭。ヤクザもどきの言動でグラウンドの内外にトラブルをまき散らし、「球界の番長」の異名をとった。そんなコワモテを演じることで覆い隠した、生来の気弱さ、臆病さが、クスリに溺れる要因となった――。 2日の逮捕以来、…

自業自得

社会復帰は絶望的…清原容疑者の墜落に「裏切り」の連鎖

元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)の覚醒剤事件の波紋は広がるばかりだ。「寂しかったのだろう」なんてお涙ちょうだいの新聞・テレビもあるが、冗談じゃない。まさに身から出たサビ、救いの手を差し伸べた人たちを裏切り続けた自業自得だ。 「初犯だから執行猶予は付くでしょうが、シャバに出てきたところでもう居場所はない」――近く覚醒剤の使用容疑でも逮捕される清原容疑者の親しい知…

逮捕された清原容疑者

溝口敦の「斬り込み時評」

清原容疑者はいくらでも覚醒剤を入手できる立場にいた

【溝口敦コラム「斬り込み時評」】 元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚醒剤で逮捕され、テレビやスポーツ紙などは、どのように入手したか、入手先探しに躍起である。 日本では覚醒剤の流通は8、9割、暴力団が仕切っている。たとえ不良中国人が自力で大量に覚醒剤を密輸入しようと、全国への荷さばきは暴力団に頼るしかない。 だから清原の場合も入手ルートは暴力団系の売人、現役組…

事細かに記された某タレントの指示書(右)/

清原亜希の“暴露”で物議 独占入手「修正指示書」の驚愕の中身

が、昨年9月に離婚した元夫の清原和博(48)については「(夫婦ゲンカで)私は結構(自分の意見を)言うかな」と話す程度。その代わりとばかりに世間をザワつかせたのが、ファッション誌業界で常態化しつつある“お直し”の実態だった。 佐田が「今ってすごくキレイに直してくれる」と話すと清原は「雑誌見たときに『コレ、私じゃない……』って思うことがある。コレいいなあ、こんなにかわい…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

吉野公佳 清原との噂だけが独り歩きして激ヤセ入院

中でも注目を集めたのが96年11月11日に西武ライオンズからフリーエージェント宣言した“元祖球界一のモテ男”清原和博(当時29)。FA騒動真っただ中の11月14日、吉野(当時21)のマンション近くに清原のものと思われるベンツが止まっていて、さらに2人に似た人影が目撃されたのだ。清原は「(マスコミを避けるため)ホテルとウイークリーマンションに潜伏している」と関係者に…

Dr.平石(HPから)とASKA/(C)日刊ゲンダイ

Dr.平石頼みの業界人“患者” 「ASKA事件」でとばっちり

気付かなかったのも申し訳ない」と話していたが、この平石医師を頼りにしていたのはASKAだけでなく、清原和博(46)、松坂大輔(33)、中田英寿(37)といったアスリートをはじめ、小室哲哉(55)、コロッケ(54)など芸能人も平石医師の“患者”。27日には尾上菊之助(36)の結婚披露宴にも出席するなど顔はムチャクチャ広い。この平石センセイ、ギョーカイの“患者”にとって…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事