日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

友近特集

予行練習に?/(C)日刊ゲンダイ

友近が“結婚秒読み”宣言 「気心が知れた仲間か家族で…」

17日、友近(41)が映画「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」の公開記念イベントに出席した。 真っ赤なウエディングドレス姿でバージンロードを歩いて入場すると、「どうも改めまして、藤原紀香です」と挨拶。5歳上の一般男性との交際が報じられているが、「もうじき着るんだな…」とポロリ。「いや、着るかどうかは分かりませんけど、勉強にはなります」とすぐさま“訂正”してい…

本家を越えた?

MVにアクセス殺到 “女芸人版”ゴーストバスターズの完成度

メンバーは渡辺直美(28)、友近(42)、山崎静代(37)、椿鬼奴(44)の4人。おなじみのテーマ曲をカバーしたミュージックビデオを製作して公開すると、海外からのアクセスが殺到。ローリングストーン誌にも取り上げられるほど注目を集めた。友近と渡辺はアメリカで行われるワールドプレミアにも招待されている。 本家をも凌駕しつつある人気ぶりだが、2014年から3カ月間、アメ…

なだぎ武とグラビアアイドルの萌木七海

なだぎ武は否定も…“友近の後釜”は22歳年下「巨乳グラドル」

結婚間近ともいわれた元恋人・友近(42)と破局から5年、今度の相手は22歳年下の巨乳アイドル。2人は仕事を通じて意気投合し、今年6月ごろから親密交際に発展したという。 GカップともFカップともいわれる彼女の名前は、萌木七海(22)。173センチの長身にB88・W59・H90のナイスバディーを生かし、手ぶらのイメージビデオや写真集で世の男性を悩殺。アイドルユニット「桜…

あの大女優とも合致する“人生すべて”の凄み

今週グサッときた名言珍言

「道行く人に『よっ、第二の吉永小百合』って言われますね」by 友近

女芸人として独自の道を歩み、確かな地位を築いてきた友近(42)。今や朝ドラ「あさが来た」のメーンキャストとして“女優”としても活躍している。そんな彼女が、いつもの軽い調子で言った言葉を今週は取り上げたい。 友近は異色の経歴の持ち主だ。少女時代はその歌唱力を生かして数々のカラオケ大会に出場し好成績をおさめ、大学生時代には地元・愛媛のローカル番組のリポーターを務め人気者…

(C)日刊ゲンダイ

タレントが通う店 やってる店

お笑い芸人友近も絶賛 マグロ料理が自慢 居酒屋「たぬ吉」

そのひとり、お笑いタレントの友近(40)は某テレビ番組でこの店を自らの行きつけとして紹介。まぐろトロカツを大絶賛していた。 これからの季節にオススメなのはやっぱり鍋料理。「マグロねぎま鍋」(1人前2480円)はダシのきいたあっさりスープに脂ののったマグロをサッとくぐらせて味わう名物料理。マグロのうまさが際立つ鍋料理に、これまた酒が進みそうだ。 ▽東京都港区麻布十番1…

異彩を放つ梅沢富美男

今やバラエティースター 梅沢富美男が引っ張りダコなワケ

また、「ありえへん――」の中の激安牛肉と高級和牛を試食して見分けるコーナーでは、友近や山口もえらが次々間違える中、梅沢はピタリと言い当てている。 紅白に出場してからすでに33年。人気の理由は何か。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。 「私も最近、バラエティーの梅沢が気になっていました。基本にあるのはもちろん本業の芸がシッカリしていることですが、それ以上に若い頃の下積みも…

残念ながら当時を偲ぶ面影はナシ

朝ドラ「あさが来た」の舞台を往く

浅子が暮らした家は米国発祥のアイス店になっていた

ちなみに、この妾は浅子の輿入れの際に付き添ってきた女中で、ドラマでは友近(うめ)が演じている。 浅子は都合5人の子の母ということになるが、やはりそこは血を分けた子がかわいいのが女のサガ。その一人娘の亀子が、夫の広岡恵三(広岡家に婿入り)と共に住んでいたのがこの六本木の地で、要するに浅子は娘夫妻の家に居候していたわけだ。しかも、この娘夫婦宅には、16歳(浅子の死去当時…

熟年女性たちをメロメロに

紅白初出場の山内恵介 人気の秘密は意外性とサービス精神

五木ひろしに気に入られ、五木の新歌舞伎座公演にゲスト出演、水谷千重子こと友近とデュエットソングを出した。舞台や映画に挑戦、芸の幅を広げるのにも余念がない。年明け後も「にっぽん演歌の夢祭り2016」全国公演、ディナーショーと大忙しだ。…

司会の波瑠(左)と友近

あれもこれも言わせて

目玉なき紅白がかすむ「わが心の大阪メロディ~」の充実

第15回を迎える今年は波瑠&友近の「あさが来た」コンビが司会を担当。今、話題沸騰の朝ドラのヒロインが司会をするとはなんともぜいたく。さらに、その主題歌「365日の紙飛行機」をAKB48が朝ドラのセットから歌い、ナレーションを担当する杉浦圭子アナも登場するという、ファンサービスも満載。 さらに、目玉のない紅白の助っ人として出演が決まった小林幸子が、日本一の超高層ビル…

山口もえ(左)との結婚を発表する田中(右は太田)

爆問・田中&山口もえ 7月「再婚スクープ」を否定したウラ

東MAXとか、つっちー(土田晃之)とか友近も誘ったんだけど、みんなダメで。そうしたら彼女が『子供連れてってもいいですか?』と。それで4人でご飯を食べに行きました。それからしばらくご飯に行く関係が続いた」と経緯を語り、最初のデートから2年半の間、ずっと子供連れで過ごしてきたというからアッパレ。 今年1月に山口の父親と初対面した際は「再婚同士だし、正直2人はどうでもいい…

「タモリと戦後ニッポン」著者の近藤正高氏

「パロディーにあらず」 ウオッチャーが語る“タモリ芸”の原点

最近のお笑いの世界でいえば、友近がなりきっている演歌歌手の水谷千恵子など、その手のネタの原点がタモリの一連の芸にあることは間違いないでしょう」 近藤氏はタモリにゆかりのある土地や人物へ取材を行い、気づいたことがあるという。 「大学中退後、福岡にいったん帰郷したタモリと一緒に仕事をしていた人にも話を聞いたのですが、打ち合わせが終わって行った飲食店でもインチキ外国語など…

“サンジャポ”ではメークも薄め

“浪速のエリカ様”上西小百合議員がちゃっかりイメチェン

誰かに似てるぞと思ったら、友近の持ちネタ、「ここぞという時に、関西弁で気さくな女をアピールする藤原紀香」ではないか。 確かに、おわび会見その他でさんざん見せられた、標準語で言い募る上から目線の上西議員より、関西弁まじりのほうが親しみやすい。 爆問太田が「オラ! 当たっとるやないか!」と秘書の真似をし、「あのチンピラ、きょうは来てないの?」と言われても、「もう、そのイ…

None

お笑いニューウエーブ「解体新書」

NSC首席卒業 ゆりやんレトリィバァは神が与えし“芸人顔”

同コンテストで女性ピン芸人が決勝に残ったのは03年の友近以来12年ぶりという快挙だった。 おバカキャラ顔をしてはいても実はインテリで、関西大学文学部出身。得意の英語は大学で習ったわけではなく、ハリウッド映画好きが高じてのもの。英語が得意な友達に英語で話してもらったり、日本の歌に即興で英語の歌詞を付けて歌う遊びをして鍛えたという。 レギュラー出演中の関西ローカル番組「…

宮根誠司のひとり勝ち状態/(C)日刊ゲンダイ

TBSは丸投げ…「ミヤネ屋」に挑む安藤&高橋コンビの勝算

博多華丸、大久保佳代子の他に椿鬼奴や渡辺直美、友近らの出演が取り沙汰されていますが、パンチ力不足は否めません」(TBS関係者) 迎え撃つ形となる「ミヤネ屋」の宮根誠司(51)は独り勝ち状態で、数字にあぐらをかいている。安藤&高橋コンビが一太刀浴びせることができるのか、はたまた伏兵のTBSが大外からまくるのか。平日午後の視聴率争いは年間視聴率争いにも直結するだけに、目…

None

R―1優勝やまもとまさみに降りかかる“不吉なジンクス”

ジャンルでいえば劇団ひとり(37)や友近(40)のようなキャラクターになりきる「憑依型」のルーツは、芝居にあった。 ■もうひとつのパイオニア 一発芸や決めゼリフをもつタイプではないため、飽きられることは少ないかもしれない。が、「R―1」には不吉なジンクスが…。それは「純粋なピン芸人はブレークしない」というもの。 例えば第1回優勝のだいたひかる(38)や第7回優勝の中…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事