日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田原俊彦に関する記事

ビッグ発言で辛酸をなめた

プレイバック芸能スキャンダル史

ジャニーズ帝国と対立…田原俊彦「ビッグ発言」で総スカン

最近では加護亜依が所属事務所と大モメしているが、失言が理由で一時芸能界を追放された田原俊彦(50)も、ジャニーズ事務所との対立がそもそもの原因だった。 94年2月14日、長女が誕生。所属レコード会社に指示された田原が渋々、出産報告会見を開いた。 「今日はお忙しい中、マスコミ嫌いの田原俊彦のために、こうしてお暇な時間にお集まりいただきありがとうございます。この場に挑む…

復活を遂げた小林幸子と田原俊彦

「動いた」小林幸子と「耐えた」田原俊彦 芸能人に学ぶ危機管理

小林が“動”なら、かつての田原俊彦は“静”だった。20年ほど前、田原は「ビッグ」発言でバッシングを受け辛酸をなめた。田原は静かに耐えた。仕事が激減した田原を関西ローカル番組などが出演オファーをしたこともあったが、出演しなかったという。 「トップアイドルとしての田原のプライドと意地が“都落ち”させなかったと思う」(芸能関係者) 今ではテレビ出演も増え、この夏もNHKの…

アイドル時代はCMの常連だった田原俊彦

初の「CMソング」をゲット 田原俊彦に“完全復活”の気配

これをもって「トシちゃん、完全復活か」――田原俊彦(54)が南海電鉄のCMソング「愛が、多すぎる」を歌うことになったという。CMソングを歌うのは初めてだそうで、31日行われたCM発表会では歌のタイトルにひっかけて「愛が多すぎる生活ですか?」という質問を受け、「いや~、愛が多すぎて腰が痛くなっちゃって」と言いつつ腰を前後に激しく動かし、取材陣を笑わせた。 田原といえば…

泉麻人さん

喜怒哀楽のサラリーマン時代

泉麻人さん松田聖子や田原俊彦を舞台袖で見たのが自慢

松田聖子や田原俊彦といったアイドルが番組内のみのグループとして「サンデーズ」を組む。スターが歌って踊る姿を舞台の袖から間近で見られたのは興奮しました。大学の同期と飲んだときは、自慢したもんです。 新人や脇役のコラムを書くのも、局担の役目。事務所のプロフィル資料で足りるんだけど、オリジナルの言葉を聞き出して200行たらずの原稿に入れ込むことで記者欲を満たしていた。 聖…

紅白も狙う/(C)日刊ゲンダイ

テリー伊藤が暴露 田原俊彦の再ブレークは「10%の真面目さ」

29日、田原俊彦(53)がトヨタ「世界にひとつだけのクラウン」特別展示イベントに出席。「メリークリスマス!」「ハッピークラウン!」「クラウン万歳!」と終始ハイテンションだった。 最近、芸歴35年とは思えぬ全力投球がウケてテレビ出演が増加。報道陣に「再ブレーク」について聞かれると「6月に新曲を出したから、宣伝が集中して何となく出てるなって感じになっちゃってるだけ。気の…

バラエティーに突破口/(C)日刊ゲンダイ

寒い下ネタを連発…田原俊彦「面倒なオヤジ」キャラで復活か

「ハッピー、トゥーユー(梅雨)!」 都内に大雨洪水警報が出ていた24日、全力のオヤジギャグを叫んだのは田原俊彦(53)。芸能生活35年目を迎え、ファン約1000人を集めた記念イベントを開いた。 写真撮影では、テレビカメラが回っていないにもかかわらず「元気ですかー!」「よっしゃー!」と絶叫。囲み取材の準備に焦る報道陣を見て「ゆっくりしてよ~。時間は十分あるからさあ~……

コラムニストの泉麻人さん

喜怒哀楽のサラリーマン時代

泉麻人さん 忘年会でドッキリ、持ちネタ披露したら…

当時のボクの持ちネタは田原俊彦で、「ハッとして!Good」なんかをよく歌っていた。 さすがに田原俊彦みたいな衣装は持っていないから、スキーではくような白いサロペットパンツの横にピカピカのテープを貼って宴会芸をやっていたんですよ。気持ち良く歌っていたら、2コーラス目かな、本物が入ってきて、そのまま最後までデュエットした。ほんと、ビックリ。 ウワサでは、「俊ちゃん、来る…

NEWSを読み解く今週のキーワード

【スマロス症候群】前代未聞の成り行きで流れ解散したSMAP。おかげで“スマロス”騒ぎまで起こっているらしい。

その陰で田原俊彦や男闘呼組や光GENJIらは無残にも凋落していく。 政界再編や地下鉄サリン事件など日本社会の激しい変化の中で輝き続けたSMAPとは何だったのか。著者はクラシックやポップスなど音楽雑誌のベテラン編集者だ。(朝日新聞出版 820円+税) ファンタスティックな装丁が他のアイドル本と一味違う2巻本。著者略歴欄に「精神分析批評」とあるが、「SMAP×SMAP」…

新事業を模索するジャニーズ事務所

先兵は滝沢秀明 ジャニーズ「ディナーショー参戦」の勝算

チケットは争奪戦になりそうです」(レコード会社関係者) ディナーショーチケットのランクでいうと、ジャニーズの大先輩・田原俊彦、氷川きよし、美輪明宏などと同ランク。テレビ界では敵なしのジャニーズとはいえ、なんとか滝沢のディナーショーを軌道に乗せたい思惑もあるという。 「年内でSMAPが解散するが、その逸失利益は200億円ともいわれている。少しでもその“穴埋め”になる新…

ジャニーズ事務所

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

反旗を翻したタレントは徹底的に干す「伝統」

その代表的な例が80年代に一世を風靡した田原俊彦の凋落だろう。94年に独立した田原は、いまだにジャニーズのタレントとは共演できていないという。 「田原は有名な『ビッグ発言』で人気を失っていますが、実はあのバッシングもジャニーズの仕掛けだったといわれています。実際の会見は和やかなもので、発言も前後の文脈から見てたわいもない冗談だった。ところがなぜか『ビッグ』の部分だけ…

トップスターが次々と事務所を離れていった…

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

アイドルの限界が露呈した光GENJIの成功と失速

結局、多くのグループは解散し、ギャラが低く抑えられていたこともあって人気のある者は独立したがり、残ったメンバーは生き残りに苦労するという状況が続いていた」(スポーツ紙芸能担当記者) 田原俊彦、本木雅弘、諸星和己といった一時代を築いたはずのトップスターが次々と事務所から独立していったという事実を見れば一目瞭然だろう。 そんな冬の時代の最中、88年に結成され91年にCD…

涙ながらに自殺騒動を謝罪

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

メリー氏が剛腕発揮 マッチと明菜の金屏風会見

ジャニー喜多川氏のホモセクハラ疑惑などで、事務所への批判の声が強まり始めたこともあったが、やはり松田聖子や中山美穂といった大物アイドルと次々と浮名を流した田原俊彦を筆頭に、近藤真彦や少年隊の錦織一清や植草克秀、シブがき隊の薬丸裕英や布川敏和など遊びたい盛りの若いタレントを多く抱えていたため、恋愛スキャンダル対策の側面が強かった。 「スポーツ紙の記者やテレビ局の担当…

郷ひろみはジャニー氏の「理想のアイドル像」だった

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

ジャニー氏の独自路線決定付けた郷ひろみの独立

この経験が他事務所となれ合わない独自路線を決心させたともいわれています」(前出の芸能記者) 郷の移籍以降、豊川誕や川崎麻世を売り出したものの、78年にはフォーリーブスも解散するなどジャニーズは低迷期に入ってしまうのだが、79年のドラマ「3年B組金八先生」に出演した田原俊彦、近藤真彦、野村義男の「たのきんトリオ」の大ブレークによって復活のきっかけをつかむ。 「成功の最…

ジャニーズ事務所は今後どうなるのか…

発言力低下は必至 SMAP解散でジャニーズ崩壊の幕が開く

再び上昇気流に乗ったのは「たのきんトリオ」(近藤真彦、田原俊彦、野村義男)が登場した80年代に入ってからだ。 「SMAPに続く人気グループの嵐もメンバーが全員30代で、これ以上の伸びしろはない。それに続くグループが育っていないのが事務所としては痛い」(前出のテレビ関係者) SMAP解散は芸能界で隆盛を誇るジャニーズ帝国崩壊の幕開けとなりそうだ。…

SMAPの年末解散を発表したジャニーズ事務所

SMAP解散はハワイで見物 キムタクが選んだ事務所幹部の道

田原俊彦であれ諸星和己であれ、どんなに人気者でもジャニーズから独立した途端に仕事を干されて生活すら立ち行かなくなる。そんな前例を見てきたことも大きかったようです」 独立騒動ではいち早く事務所残留を表明した功績で事務所幹部への道が約束されているキムタク。引き換えに失った仲間からの信頼だけは取り返しがつかないだろう。…

元「忍者」の正木慎也さん

あの人は今こうしている

元「忍者」正木慎也さん語るジャニーズ退社後の紆余曲折

そうしたら、10万、20万円くらいすぐに貯まり、そのおカネでフロリダやロサンゼルスに行って、フツーに観光してます」 さて、正木さんは田原俊彦に憧れ、小学6年生でジャニーズ事務所に入り、「忍者」の前身「少年忍者」などで活動。00年、6人組「忍者」を結成し、「光GENJI」「男闘呼組」と並び高い人気を獲得した。 「ファンってシビアだなあって怖くなったこともありましたよ。…

左から田原俊彦、山本淳一、豊川誕

SMAP分裂回避の理由は? 辞めたジャニーズの悲惨な末路

「最もいい例が田原俊彦でしょう。世間では例のビッグ発言が転落の第一歩と見られてますが、実はトシちゃんは発言の直後、ジャニーズ事務所からも独立していたのです。そうでなければ“ビッグ発言”なんてどうにでも揉み消せたはず。しかし、ジャニーズの庇護から離れたばかりか逆に干しあげられた結果、一時は完全に芸能界から消えていた。ようやくテレビに復帰できたのは独立から15年後のこ…

ジャニーズ事務所

キムタク以外は引退恐れも SMAP独立クーデター失敗で決着か

古くは郷ひろみ、田原俊彦、元SMAPの森且行もそうです。その代償として、反旗を翻した以上は徹底的に芸能界から干すし、後戻りは許さない。身内以外は敵という鉄の掟がある。だからこそ、ジャニーズから独立する場合はジャニーズと対等に渡り合えるプロダクションを“ケツ持ち”につける。郷ひろみや本木雅弘のケースはそうでした。今回もチーフマネジャーは早い段階から芸能界の有力者や大手…

プライド命の西岡

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神・西岡剛 の主役的発言は自意識過剰のヒロイズム

古くは錦野旦や田原俊彦、近年では木村拓哉にも通ずる自意識過剰のヒロイズム。言わば、スター西岡だ。 今回の発言も、そんなスター西岡ならではの主役志向のあらわれに見える。チーム内の秩序などを考えた場合、いくら本人が進言したところで実際に最低年俸になるわけもなく、おそらく野球協約の減額制限(年俸1億円以上は40%)前後で決着するだろう。当然、西岡もそれをわかっているはずだ…

総合司会の北島三郎と司会の松坂慶子 出演した田原俊彦

昭和が満載 お得感があったNHK歌番組「思い出のメロディー」

ニュースを挟んで後半は先ほどの高田みづえから始まり、田原俊彦、松坂慶子、森昌子、渥美二郎、石川ひとみ……。 春日八郎や三橋美智也、美空ひばり、石原裕次郎、藤圭子、テレサ・テンら故人は映像で参加。豊富なアーカイブが生きている。 もっとも、松坂慶子が「愛の水中花」を歌う際、当時のドラマの映像からバニーガールで網タイツの松坂慶子を映し、ビフォーアフターのような失礼な演出も…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事