日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「三浦友和 山口百恵」に関する記事

三浦家に招かれる仲/(C)日刊ゲンダイ

酔っ払い加藤浩次 三浦家で山口百恵に「秋桜」をリクエスト

俳優の三浦友和(62)が、映画「救いたい」のPRのため、共演者の貫地谷しほり(28)らとともに同番組のインタビューを受けた。今回、三浦は鈴木京香(46)演じる女性麻酔科医の夫役だそうだが、盛り上がったのは映画宣伝の話が終わってから。ナレーションの“天の声”(南海キャンディーズの山里亮太)と、スタジオの加藤浩次(45)とのやりとりだ。 なんでも加藤は、三浦と親交が深…

結婚35年目/(C)日刊ゲンダイ

「理想の夫婦」9連覇…山口百恵が愛され続ける理由とは?

1位に輝いたのは、今年で結婚35年目を迎えた三浦友和(62)、山口百恵(55)夫妻。同アンケートで9連覇を達成した。 80年の芸能界引退以降、公の場に姿を見せていない百恵だが、30年以上の時間が経っても人気が衰えず、支持される理由は何か。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。 「『引退します』と言って復活した人がわんさかいる中、一度決めたことをやり抜くのは難しい。…

「七光り」活用すべき?/(C)日刊ゲンダイ

弟にも水あけられた…“山口百恵の長男”三浦祐太朗の正念場

「母からのメールは喜んでいるふうの絵文字でした」 こう話したのは、三浦友和(62)と山口百恵(55)の長男で、歌手の三浦祐太朗(29)。阿木燿子(68)プロデュース、宇崎竜童(67)が音楽監修する舞踊劇「FLAMENCO 曽根崎心中」(4月2~6日、新国立劇場)で、主役・徳兵衛の歌を担当。初のフラメンコにして、「全体の歌詞パートの3割を担う」(関係者)大役に抜擢され…

None

結婚37年目 山口百恵 初孫を抱く日

俳優の三浦友和(65)と元歌手山口百恵さん(58)夫妻の長男で、シンガー・ソングライターの三浦祐太朗(33)がこの夏、百恵さんのヒット曲をカバーしたアルバムを発売する。 ロックバンドのボーカリストとして、07年に活動をはじめて10年、「皆に恩返ししたい。両親にも何かプレゼントできないかと思った。そんな時、この企画が一番と思った」と祐太朗はカバーアルバム発売の経緯をこ…

三浦祐太朗

初出演ドラマは不評 山口百恵の長男・三浦祐太朗のトホホ

早くも駄作の呼び声が高いなか、とばっちりを受けたのが、今作でドラマデビューを飾った三浦友和・山口百恵夫婦の長男、三浦祐太朗(32)だ。主人公らノンママ3人組のたまり場である西麻布の料理店の雇われイケメンマスターを演じているのだが、パッとしない。 「主人公らに小さな救いの手を差し伸べる役回りですが、そこそこ距離のあるバーカウンターから、自分に背を向けて話す彼女らの会…

None

芸能界クロスロード

引退と復帰から芸能界を読み解けば…

さらには、37年前に三浦友和との結婚により引退した山口百恵さんの例をあげ、「百恵さんに憧れていた堀北は平成の山口百恵になる」と付け加えるメディアもあった。 百恵さんの時は「引退だけは」と事務所幹部は強く慰留したが、「家庭に入りたい」という本人の強い意思を優先した引退だった。確かに、堀北の文面には「家庭を守りたい」という強い思いは伝わってくるが、今の年齢で早々に「引退…

None

●芸能特集 女が決断する時

【引退】堀北真希 華やかなスポットライトより家庭を選ばせた生い立ち

ポイントは、夫の山本耕史が三浦友和のようになれるかということ。百恵さんはワインが好きで、日曜日は夕方に夫婦そろってワインを飲みながら『笑点』を見ているそうです。笑いのツボが一緒というだけじゃなく、仕事があっても夕方5時には必ず帰って来て、浮気などしたことがないという友和の存在が大きいのは間違いないでしょう」 堀北が芸能界に復帰するかどうかは山本の心掛け次第のようだ。…

山口百恵

森昌子!走る

結婚は「温かい家庭を持ちたい」と語った百さんらしい決断

(左上から時計回りに)ヒロミ&松本伊代夫妻、竹下景子、志垣太郎

あれもこれも言わせて

ダメ息子は高畑淳子だけじゃない 2世タレントぶった斬り

山口百恵&三浦友和の長男・三浦祐太朗はミュージシャンとしてデビュー、そこそこの活躍でラジオのレギュラーを細々とやり、この夏、ついに「ノンママ白書」(フジテレビ系)ドラマデビューしている。七光界も結構大変なのだ。 渡辺徹&榊原郁恵の息子・渡辺裕太は「news every.」(日本テレビ系)のリポーター、小堺一機の息子・小堺翔太も「あさイチ」(NHK)のリポーターとし…

宮崎あおいと同棲報道

芸能界クロスロード

岡田准一 “タブー破り”の同棲はアイドルでなく役者の証し

朝ドラ、映画と続けての共演は「爽やかカップル」としてかつての「山口百恵・三浦友和」のように映画会社が売り出していくという説。 一方、“V6”の岡田准一(35)と宮崎あおい(30)は昨年のデートに続き、予想通り進展して今回は同棲現場。こちらは恋愛も終盤。「結婚」というゴールが見え始めているように思える。 昔、写真誌のキャッチコピーに「時代を切り撮る」という言葉があった…

福田文昭容疑者は元FOCUS伝説カメラマン

脅迫容疑で逮捕 写真誌伝説カメラマンの孤独な“わび住まい”

1979年の山口百恵&三浦友和の密会写真や、82年の田中角栄元首相の法廷内隠し撮り写真などで名を馳せたが、最近は孤独なわび住まいをしていた。 福田容疑者が住むのは、西武池袋線の東長崎駅から徒歩1分、築60年ほどの風呂なし木造アパートで、家賃は2万5000円。近隣住民によると、2年ほど前からひとりで住んでいたという。 「穏やかなおじいさんといった雰囲気で、有名なカメラ…

おしどり夫婦枠で需要アップ

仕事増に拍車? ヒロミ&伊代「理想の夫婦」に初ランクイン

1位は10年連続で三浦友和(63)・山口百恵(56)夫妻、2位は乳がんの闘病でも話題となった佐々木健介(49)・北斗晶(48)夫妻が昨年と同順位でランクインした。 そんな中、3位には06年の調査開始以来「圏外」だった夫婦の名前が。93年に結婚したヒロミ(50)・松本伊代(50)夫妻だ。ヒロミの再ブレークと共に伊代の需要も増え、バラエティー番組での共演も増加。 夫婦円…

宮崎あおいとは7年前の映画共演がきっかけ

井ノ原と酷似 岡田准一&宮崎あおい「交際発覚」を深読みする

かつての山口百恵さんと三浦友和の熱愛発覚写真とかぶるほどよく似ている。「ついに撮られた」と、観念したような百恵さんの顔が今も脳裏に焼き付いている。年下とはいえ、離婚歴のある宮崎が余裕でリードしている雰囲気も漂うツーショット。マンションに出入りする写真よりもインパクトもある。写真がすべてを物語る。まさに大人の恋――。 2人は7年前に映画の共演をきっかけに役者同士の友…

文句なしの玉の輿婚

改変前に番組降板申し出 山岸舞彩“寿退社”の賢いタイミング

かつて、山口百恵さんは歌手としてピーク時に三浦友和と結婚。関係者が慰留する間もなく、引退を選択した。当時の取材では、「幼い頃、家庭に恵まれなかった百恵さんの夢は夫と子供に囲まれた一家だんらん。それを実現させるために歌手をやめただけ」という話だった。 同じ引退でも山岸は事情が違う。元水着キャンペーンガールからNHKのスポーツキャスターに抜擢されるや、ミニスカで登場。す…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事