日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「狩野英孝 離婚」に関する記事

「誠意大将軍」と呼ばれた羽賀研二の再来か…

上京後に極貧生活 狩野英孝が無類の“女好き”に変わるまで

モデルの加藤紗里(25)に歌手の川本真琴(42)に一般女性と、女関係が出るわ出るわで三股、五股などと騒がれているタレントの狩野英孝(33)。LINEによる暴露がスキャンダルに拍車を掛け、「第2のベッキー」「羽賀研二の再来か」などと言われている。果たして名うてのプレーボーイなのか、単に脇が甘いアホなのか。 羽賀研二が梅宮アンナとの交際を宣言した後に、巨乳のグラビアタレ…

狩野英孝の三角関係は泥沼化

LINE&ベッド写真流出…狩野英孝“第2のベッキー”へ一直線

お笑いタレントの狩野英孝(33)をめぐる、“三角関係騒動”が泥沼化している。 発端は歌手の川本真琴(42)が先月25日に更新したツイッター。「半年まえから彼氏がいます」「(相手が)誰かは言えない」などとツイート。すると、一部スポーツ紙がこの相手が狩野であることを報じた。 ところが、今度は別のスポーツ紙が狩野の“本命”がタレントの加藤紗里(25)であることを本人を直撃…

ポイントは「精神的苦痛」

成功のヒミツ失敗しないコツ

浮気調査のプロ語る 妻にバレて“ゲス度”あげないルール

今年はベッキー(31)、狩野英孝(33)と、この類いの話が立て続けだが、「ゲス」のレッテルを貼られないためにはどうしたらいいのか。「境界線」を知っておく必要がありそうだ。 「男女を問わず、病的な浮気性の人は少なくありません。浮気がバレた際に“ゲス度”をアップさせないためには、自分を厳しく律した方がいいルールがひとつだけあります。それは“身近な畑には手をつけない”こと…

6股騒動の渦中にある狩野英孝

芸能界クロスロード

スキャンダルも利用…狩野英孝はお笑いタレントの典型例

女性問題でお騒がせの狩野英孝に芸という下地はない。狩野は俳優志望だったが、まったく芽が出ずタレントに転向。売るための手段としてホスト風のキャラクターをつくり、そこに「ツケメン・イケメン」というキャッチを加えて人気を得た。典型的なお笑いタレントに属する。 音楽番組の衰退に代わって生まれたバラエティー番組。テレビ界と芸能界は需要と供給のバランス。必要なタレントを供給する…

None

ビジネスに使えるスターたちの処世術

川崎麻世編 仕事が途切れない憎めない性格

その女優、狩野英孝とも写真を撮られたことがあるし、最近では「東京03」豊本明長の“浮気”騒動で登場した。 その時は話を聞いているうちに、「麻世さん、それってワキが甘過ぎですよ」と言いたかったが、なぜかニクめなかった。 またある時は「今回は本当に何もないのに週刊誌に書かれたので訴えたい。弁護士を紹介して」と頼まれたこともある。“今回は”って、今までは何かあったのか? …

None

ロンブー淳「次に出馬するのは青学の原監督か田村淳と言われてますから」

ガムにちなんで、小倉優子の離婚、極楽とんぼ、狩野英孝など身の回りのスッキリしない問題にひとしきりコメントした淳は、今日の記者の対応について「『ウザい記者なんて一人もいなかったよ』って相方に言っておきます」と締めくくった。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事