日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

並木通りの関連ニュース

役者になったのも酒がきっかけ

今だから語れる涙と笑いの酒人生

月収300万円で毎日銀座に 俳優・誠直也の破天荒な学生時代

並木通りをブラブラ見物しながら、どの店に入ろうか……。一軒も知ってる店があるわけじゃないし、迷った揚げ句、黒服のポーターさんに、「よか店はどこね」って博多弁でいきなり質問したら、そのポーターも面白くて、「はい、うちの店です」。 そんなことでポーターの案内で、銀座のクラブにデビューしたんだ。いやー、眩しかったね。ただし、酒はうまいけど、会計してビックリ。なんと3万8…

「銀座 遊里」にて/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

浅草ロック座の“女神”だった平松ケイは後輩を振り付け指導

「お待たせ~」 東京・銀座は並木通り沿いの飲食店ビル7階にあるAVキャバクラ「銀座 遊里」のボックスシートで待っていると、約束の時間に15分遅れでケイさんが駆け込んできた。 「ごめんなさい。ストリップは引退したんだけど、振り付けの仕事をしてて、レッスンが“押し”ちゃったの。すぐお着替えするから、もう少し待っててね」 10分後、妖艶な黒のドレス姿のケイさんが。途端に…

(C)銀座並木通りクラブアンダルシア製作委員会

監督3作目 精神科医・和田秀樹氏が“夜の銀座”を撮った理由

精神科医の和田秀樹氏(54)がメガホンをとった、松方弘樹(72)主演の映画「銀座並木通り クラブアンダルシア」が公開中だ。07年「受験のシンデレラ」がデビュー作。実は今作は映画監督3作目になる。その和田秀樹氏に話を聞いた――。 ■目標は故伊丹十三監督 17歳の時に映画を撮りたいと思い、47歳で初めて撮れた。30年間、“監督浪人”していたようなものですよ。若いころは年…

None

同時進行!! ウイークリー馬券小説 止まり木ブルース

あれやこれやで懐が100万を超えた健坊。秋華賞は「〝神ってる〟戸崎のビッシュとジュエラーの一騎打ち」だとか

銀座8丁目の並木通りに「築地すし好 仁」がある。 銀座には珍しく、日曜も営業している。 そこで、たらふく食い獺祭の2割6分まで米を削った大吟醸を健坊、6合も呑んだ。 これが厄落としになったのかも知れない。 祝日競馬、月曜日の「京都大賞典」。北島サブちゃんの大ファンで、何度もキタサンブラックで儲けさせてもらっている健坊。 「これはどう転んでもキタサンブラックとラブリ…

総事業費は1000億円以上

プロはこう見る 経済ニュースの核心

東京の新名所なるか? 東京ガーデンテラス紀尾井町の成否

18年初めにはオリックスとハイアットホテルズ連合が銀座・並木通りに「ハイアットセントリック銀座東京」を開業させるのをはじめ、19年春にはホテルオークラ東京の本館建て替えも完了する。 訪日客は増え続けているとはいえ、競争環境は楽観を許さない。五輪後となると、情勢はさらに不透明だ。…

がん治療を変える 日本発新免疫療法

オプジーボ投与による治療で腫瘍マーカーが25分の1にダウン

Aさんの2回目の治療を担当した東京・銀座にある「銀座並木通りクリニック」の三好立院長は言う。 「Aさんの場合、2週間に1回の静脈点滴投与を行いました。私はこれまでオプジーボによる治療を11人に実施し、そのうち3人に治療効果を確認しています。治療効果症例は確率的には20%というところでしょうか。全体的に目立った副作用は今のところ認めていません。今後は、オプジーボの治療…

左から、伊藤英明、坂口憲二、渡部篤郎/(C)日刊ゲンダイ

伊藤英明、坂口憲二…夜の銀座で目撃相次ぐ「新・三羽烏」

並木通りのビルの中にある割烹で腹ごしらえして繰り出すことが多いみたいです。もう一人、意外な人といえば渡部篤郎さん。いつも同じビルに吸い込まれていくので、お気に入りのホステスでもいるのかもしれませんね」 銀座の新三羽烏が話題を振りまく一年になりそうだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事