日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「市村正親 舞台」に関する記事

生前の山田五十鈴さんとのツーショット写真(左)

今あるのはあの人のおかげ

松井誠を支えた大女優・山田五十鈴との濃密な“親子関係”

母上には芸能界の養子会というのがあって市村正親さん、西郷輝彦さん、十朱幸代さん、萬田久子さんとかそうそうたる方々が養子になっているのですが、「マコちゃん、末っ子になってくれる?」と言ってくださった。私はありがたくお受けしました。それからはもう「母上、母上」です。 ■病院で弾いていた三味線は宝物 養子会にはノートがあって最後のページに「偉大なる母上様、末っ子松井誠」と…

/(C)日刊ゲンダイ

市村正親を救った篠原涼子の「命のレシピ」に出版界が熱視線

篠原は先月、夫の市村正親(65)が胃がんを患っていることが明らかに。市村はすでに腹腔鏡手術を受けて今月9日に退院し、現在は11月の舞台復帰に向けて自宅療養中だが、この胃がんの早期発見には篠原の“内助”があったというのだ。 「篠原は結婚後、20歳以上も年上の市村の体調を気遣い、栄養を考えた献立を食卓に並べています。『レシピノート』をマメにつけていて、そこには、献立の…

11月復帰を目指す市村/(C)日刊ゲンダイ

市村正親 胃がん早期発見も気をつけたい手術後のリスク

胃がんが見つかり、出演中のミュージカル「ミス・サイゴン」を降板した俳優の市村正親(65)は2週間ほど入院し、腹腔鏡手術を受けた後に自宅で療養するという。 早期発見で命に別条はないというから、関係者はひと安心だろう。が、65歳という年齢を考えたら、術後も要注意だ。 日本消化器病学会専門医の江田証氏(江田クリニック院長)が言う。 「市村さんは腹腔鏡手術を受けるということ…

「当時の僕は天狗だった」と振り返る

その日その瞬間

天狗だった筧利夫が打ちのめされたミュージカルの厳しさ

市村正親さん、橋本さとしさん、別所哲也さんらも交代でエンジニアを演じるとはいえ、最初からそんな体たらくですから。今、思うと肝が冷えますよ。 そもそもミュージカルをナメてました。本稽古に入る直前、シェーンベルクさんがチェックに来日されまして、その時に「君のパーソナリティーで」と言われて、僕のパートを単独で演じたところ、「グレート!」と大絶賛。それで勘違いしちゃった。お…

2年前に聞いた劇中歌に衝撃を受けた

その日その瞬間

ダイアモンド☆ユカイが語る ミス・サイゴンへの意気込み

ところが、オーディションを受け、晴れて「ミスター・サイゴン」の市村正親さん、前回出演して大好評だった駒田一さんとともにトリプルキャストってことで選ばれた。そりゃあ、うれしかったですよ。 ■最初はバックネットに大暴投してばかり でも、すでに帝劇の稽古場で本稽古をしてるんですけど、予想してた以上に厳しい。正直言って草野球のピッチャーが球が速いからってだけで、いきなりプ…

左から石田純一、市村正親、三田村邦彦

60歳からの「オトコの性欲」

男性ホルモンキープの秘訣は?ギンギン男の共通点

石田純一(62)はバツ2、市村正親(67)、三田村邦彦(62)の2人は、いずれもバツ1で、20歳以上も年下の女盛りと再婚。60歳前後で再婚相手との間に第1子をもうけている。石田と市村には2人目もいて、市村の第2子誕生は63歳のときだった。還暦を迎えて若い伴侶との第2の人生、何ともうらやましい体力にして精力だ。 ■テストステロンの分泌量で差が出る 男60歳、一般には“…

写真はイメージ

ベッキーは破局したが…「不倫から結婚」の正しいお作法

周囲をギクシャクさせることなく、妻との関係を断ち、不倫からの結婚をうまく成就させることができれば、2人の株は上がります」 たとえば、市村正親(67)が篠原涼子(42)を妻に迎えたのは2005年12月。2人の出会いは01年の舞台共演がキッカケとされるが、そのころ市川には先妻がいて、離婚は03年5月。単純に考えると“同時上映”の期間があるが、市村の再婚後、2人の評判は下…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事