日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

上越市の関連ニュース

樋浦さん(左)と山田さん

日本一の酒どころ 新潟県の「ワイン蔵&酒蔵」を巡る

■岩の原葡萄園 ワインといえば、山梨県や長野県をイメージするが、上越市の「岩の原葡萄園」([電話]025・528・4002)は1890年開設で、現存するワイン蔵として日本最古を誇る。創業者の川上善兵衛は、「ワインぶどうの父」と呼ばれ、上越の地にブドウ園を開いた。川上がベーリーとマスカット・ハンブルグを交雑して誕生させた「マスカット・ベーリーA」は、全国のブドウ産地…

セミナーもSTOPさせるしない

発効絶望なのに “TPP関連セミナー”開催に血税投入のムダ

13日に新潟・上越市で開かれたジェトロ(日本貿易振興機構)主催の「TPPセミナー」。定員60人に対し、集まったのはわずか15人だった。 「10月の長岡開催は50人が参加しましたが、参加人数はだんだん少なくなっています」(ジェトロ新潟) 7日の兵庫・姫路市で行われたセミナーでは、案内文に「TPPは、世界のGDPの4割、日本からの輸出の3割を占める経済圏において、日本…

タレントで洋画家の城戸真亜子さん

今だから語れる涙と笑いの酒人生

城戸真亜子さん お酒の楽しみ覚えた料理番組“名物コーナー”

最近よくスケッチや絵を描きにいく新潟・上越市では、やはり日本酒。酒どころで知られる土地柄だけに、どれも凄くおいしいんです。 例えば、昨年秋に頚城酒造さんの酒蔵でいただいたのは、銘柄は忘れてしまいましたが、瓶に詰める前の搾りたて。口当たりが柔らかく、スッと喉を通り抜けていく……。そんな感じで、水のように清らかなお酒でした。 季節限定品では代々菊醸造さんの「吟田川 吟醸…

イラスト・齋藤礼実

日本史再見 英雄になれなかった男

伊達政宗 スペイン国王と組んで謀叛を企てていた

彼は越後高田藩(現・新潟県上越市)の領主でしたが、元和2(1616)年に改易されてしまいました。 この2人は政宗と因縁浅からぬ仲でした。長安は若いころの忠輝の財政上の後見役を務めていました。 一方、忠輝は政宗の娘・五郎八姫を妻に迎えていました。つまり忠輝にとって長安は後見人、政宗は岳父という三角関係だったのです。 長安の財力と忠輝の政治的影響力――。政宗はこの2つを…

ドラマで共演した和久井との電撃婚が話題に

プレイバック芸能スキャンダル史

裁判を抱えていた萩原聖人と和久井映見の電撃結婚

27日、新潟県上越市の中学1年生の生徒がいじめを苦に自殺。30日、平壌でよど号ハイジャック犯人グループのリーダー田宮高麿が死去。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事