日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

蒲田駅の関連ニュース

/(C)日刊ゲンダイ

江戸東京 町歩き

話し始めると止まらない

ほんの少し前に、京急蒲田駅の高架化が完成されたのだとか。しかし、駅の立派さの割に、駅前は、かつての数少ない記憶のまま。つまり、蒲田駅と比べて、ひっそりとした雰囲気。 京急蒲田が地元の友人によれば、「この辺りにはそっけない人が多い。でも、本当は人を構うのが好き。話し始めると止まらない」。別の友人は「青山や表参道などとはある意味、真逆の町。居心地がとてもいい。友人の大半…

None

vs.小池新党 都議選バトルの行方

【大田区】小池“完コピ”美魔女とドンを負かした元都議が殴り込み

【大田区】(定数8) △ 鈴木 晶雅 58 自現 ○ 神林 茂 64 自現 ○ 鈴木 章浩 54 自現 △ 藤井 一 63 公現 △ 遠藤 守 50 公現 ▲ 沢田 大作 38 民新 △-佐藤 伸 43 共新 △ 藤田 綾子 42 共新 ▲ 柳ケ瀬裕文 42 維現 △ 森 愛 39 都新 △+栗下 善行 34 都元 「伏魔殿といわれる都政の既得権益を、小池知事ととも…

上西崇容疑者

少女に集団性的暴行 研修医らが使った「犯行部屋」の全貌

準強姦などの疑いで5回逮捕されている上西容疑者は船橋市の自宅アパートとは別に、東京・蒲田駅徒歩1分の5階建て雑居ビル最上階に部屋を借り、非道の限りを尽くしていたとみられている。近隣住民がこう言う。 「各階1室しかなく、5階だけが55平方メートルの居住用。夜になると3、4階は無人になります。大騒ぎしても気づかれない。だから借りたんですかねえ。数人の男女が出入りするのは…

平川克美氏

著者インタビュー

「喪失の戦後史」平川克美氏

1950年に東京・蒲田駅に近いところで生まれ育った著者が、駅前のそば屋のテレビで見たプロレス中継や、羽田弁天橋で機動隊と学生との衝突などを目の当たりにした自分史と重ね合わせて、戦後70年を振り返った体験的戦後史論である。 「戦後の日本の歴史というのは、おおざっぱに言えば、食うや食わずの日本人がゆとりを持って生活できるようになるまでの近代化の歴史だったわけです。エン…

奥へ進むといきなり寂しげな雰囲気に(左)、裕次郎を“見た”招き猫

怪しさ120% 東京ディープ酒場

蒲田で裕次郎が“来たことがある店”の暖簾をくぐる

今日はJR京浜東北線、蒲田駅で降りちゃった。西口の左手すぐ、東急池上線沿いに飲み屋街があると聞いたの。ネーミングがなんともおしゃれ。「バーボンロード」ですって。 PM7到着。通りは100メートルほどらしいけど、入り口付近は活気あるチェーン居酒屋などがあって結構賑やか。一人で入れそうな、こじゃれたバーもイイ感じ。向こうからくるおじさん、もう赤ら顔。上機嫌で幸せそ。 …

この駅では武道館をモチーフにしたあの曲を使用

電車発着メロディーに異変 なぜJポップが急増している?

しかし、蒲田駅の『蒲田行進曲』などドンピシャな曲はそうないので、その駅にゆかりのあるJポップ歌手の楽曲が選ばれやすいのでは。耳馴染みがあるのも騒音の中で聞かせるのに向く。現在は技術が進歩して、どんな複雑な曲でも発着メロディーにできます」と分析する。 「ファンがわざわざ聴きに来る」(東京メトロ)など、利用者の話題づくりにも一役買っているようだ。…

騒動は熱くなる(左から「中本」、「荒木屋」)

「蒙古タンメン中本」のれん分け騒動 元社員の言い分は?

■「似ている味」に「初代の味」と主張 立地は蒲田駅から徒歩5分ほど。テーブル席は1つ、あとはカウンター8席の小さな店だ。1番人気という「味噌麻婆麺」を注文。炒めた野菜の上に麻婆が乗った見た目は「蒙古タンメン」にソックリ。スープもニンニクが効いていてオイシイのだが、全体の味も似ている印象だ。荒木氏はこう反論する。 「あくまでオリジナルメニューです。使っている麺や調味…

写真はイメージ

下流ワーキングプア 死の行軍

「病気になったら一発でアウトだもんな」

■沖田浩三さん(仮名)49歳 パート 独身 JR蒲田駅近くにあるネットカフェ。受付で内金1000円を払うと、レシートとテレビのリモコンが入ったバスケットを渡される。 「ごゆっくりどうぞ」 店員のマニュアル通りの愛想笑いに送られて、沖田さんは7階の個室に入った。 ナイトパック8時間の利用料金は格安の980円。 「清掃サービスの仕事の都合で、毎週金土はここを定宿にしてい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事