日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松たか子 舞台」に関する記事

転落事故も乗り越えた(12年10月)/(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

市川染五郎 写真誌のスクープで降ってわいた隠し子騒動

女優の松本紀保の弟で、松たか子の兄としても知られる人気役者だが、97年7月、隠し子騒動が発覚した。 「歌舞伎界でも知る人はほとんどいませんが、染五郎さんには隠し子がいるんです」「かつて舞台で知り合った女優さんだったと伺っています」という舞台関係者の証言をもとに写真誌が取材を進めて、関西に住む母娘を突き止めた。 過去にはドラマのヒロインも務めたことがあるという女性は染…

超スピード婚の山本耕史と堀北真希

堀北真希を落とした“共演者キラー”山本耕史の「女斬り伝説」

過去には松たか子、牧瀬里穂、上原多香子、佐藤江梨子、中越典子、スザンヌなどなど……。名だたる美女をモノにしてきたプレーボーイだからだ。 「ほとんどが舞台の共演から交際に発展。子役時代から業界歴は長く、演技派の山本だけに、共演した女優が頼り切ってしまっているうちに感情移入し、気づいたら付き合っていたというケースがほとんど。しかも、ターゲットは女優だけでなく美人ならスタ…

第2のアナ雪?/(C)日刊ゲンダイ

「マレフィセント」吹き替え&主題歌で大竹しのぶ紅白濃厚

いまだ大ヒット中の「アナと雪の女王」では、ダブルヒロインを演じた松たか子(37)と神田沙也加(27)の歌声が高い評価を受けたが、大竹も数多くの舞台で培った実力をいかんなく発揮。「アナ雪」歌手2人はすでにNHK紅白の出場が濃厚といわれている中、以前、紅白の話を振られた大竹は「夢にも思っていませんでしたが、頑張ります!」とやる気マンマンだった。今年はある?…

(C)2014松竹株式会社

毛深い女子高生好演 中高年の欲情を刺激する刈谷友衣子

松たか子が教師役で37人の中学生を描いた映画『告白』(10年)は、いまをときめく“あまちゃん女優”の橋本愛と能年玲奈の共演が注目された作品。でも、忘れてはいけないのが、『スイートプールサイド』に主演の刈谷友衣子も同じく生徒役で出演していたこと。『告白』で発掘された第3の美少女女優が今作では、われわれ中高年の妄想をこれでもかとかき立てる演技を見せているんです!」 …

None

23歳で「山田組」入り ブレーク女優・黒木華の“実力”

松たか子(36)、黒木華(23)、妻夫木聡(33)、倍賞千恵子(72)、そして山田洋次監督(82)らそうそうたるメンバーが登壇した。 この作品は「第64回ベルリン国際映画祭」コンペティション部門に出品されることが決定。山田監督と黒木の参加が発表された。海外映画祭は初参加となる黒木は「どうしたらいいんやろ。今からすごく不安です」と大阪弁でポロリ。山田監督も「光栄だが、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事