日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大門未知子 米倉涼子」に関する記事

2年ぶりの連ドラに力が入る

テレ朝の金看板 「ドクターX」背負った米倉涼子の覚悟

「もはや、大門未知子あっての米倉涼子。今後も大事にしていきたい」 テレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」(13日21時スタート、初回15分拡大)の制作発表会見が4日行われ、主演女優・米倉涼子(41)の口から覚悟ある発言が飛び出した。 連続ドラマとしては2年ぶり、第4弾となる。直近の第3弾の最終回では視聴率27.4%をマークし、14年のドラマ視聴率年間トップ…

10月から新シリーズ放送/(C)日刊ゲンダイ

高畑淳子がブログで伝えた 米倉涼子「ドクターX」撮影現場

高畑によれば、ドクター、大門未知子を演じる米倉は「外科手術もスイスイやって、ほんとに手術出来るんじゃないかしらん?」と自信たっぷりとか。高畑も「いやー、米倉涼子さんは、もう本当に手術出来ますわ!!」と絶賛している。 ドラマで飛び出す難しい医学用語についてはこんな具合。 「手術シーンの撮影でした……難しい言葉、医学用語『切除術』、これ三回言ってみて下さい。『肝S5亜…

None

素はウジウジ…米倉涼子「ドクターX」はハマり役じゃない!?

主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」は、今期ドラマの中で最高視聴率。その打ち上げが先月28日、銀座で開かれたが、米倉は1次会のビンゴ大会で50万円分の商品券をポンッと提供したという。 「会場のあちこちから、<さすが太っ腹!>なんて歓声が上がっていました」(制作スタッフ) もっとも、米倉のギャラは人気と共に高騰し、いまや小泉今日子と並ぶ最高ランクといわれている…

ドラマの中だけ?/(C)日刊ゲンダイ

米倉涼子「ドクターX」で疑問…フリーの医者は本当にいる?

たしかに米倉涼子演じる天才フリー外科医・大門未知子がしかつめらしい男どもを押しのけ、難手術をこなす様は痛快だが、ここでひとつ大いなる疑問。フリーの医者ってホントにいるの? 「現在日本には約1万人のフリーの医者がいるといわれています」 こう言うのは医療ジャーナリストの松井宏夫氏。松井氏が続ける。 「ただし外科医はいないんじゃないでしょうか。なぜなら、外科医はみな自分で…

None

白衣の“女帝”三田佳子が明かす「ドクターX」の舞台裏

米倉涼子主演のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」(テレビ朝日系・木曜)が絶好調だ。14日に放送された第5話は、今クールドラマ最高となる平均視聴率23・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。そのドクターXで圧倒的な存在感を放っているのが、“女帝”と呼ばれる次期院長候補の内科統括部長・馬淵一代を演じる三田佳子だ。その三田に、ドラマ撮影の舞台裏を聞いた――。 …

None

続編ドラマが次々ヒット なぜ米倉涼子は“ハマリ役”が多いのか

米倉涼子(38)が主演するテレビ朝日の連続ドラマ「Doctor―X~外科医・大門未知子」(木曜21時~)が好調だ。第2回放送の視聴率は23.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。堺雅人が変人弁護士を演じるフジテレビの「リーガルハイ」を抜き、今クールの最高を叩き出している。 主人公はフリーランスの天才外科医。「私、失敗しないので」と自信満々に語る鼻っ柱の強さは、演技ウ…

「失敗しない」どころか今期も絶好調

TV見るべきものは!!

ヒット作の罠とは無縁 米倉涼子「ドクターX」好調の要因

米倉涼子(41)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」が、“失敗しない”どころか今期も絶好調だ。それを可能にしているのは何なのか。 ヒットシリーズが衰退する最大の原因は制作側の慢心だ。ストーリーはワンパターンとなり、出演者の緊張感が緩み、視聴者は飽き始める。シリーズ物こそ、現状維持どころか進化が必要なのだ。 今期、第一の進化は「登場人物」である。アクが強く、アン…

高視聴率に甘んじないサービス精神

米倉涼子のスカート丈に見る「ドクターX」絶好調の秘密

ドラマ視聴率の低迷時代に、毎回のように20%を超える視聴率を叩き出している米倉涼子(41)主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」は、もはや“お化け番組”としか言いようがない。12年放送の第1期から高視聴率を記録していたが、第4期に入ってマンネリ化が指摘されるようになっても今年の全ドラマ中最高の24.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録する絶好調ぶり。 「…

離婚は決定的?

米倉涼子 “離婚報道”のウラに今秋「ドクターX」新作出演情報

昨年最大のヒットとなった主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の続編、シーズン4への出演を、米倉がOKしたという情報があるのだ。時期は今秋。 「『ドクターX』はテレ朝のドル箱にとどまらず、視聴率低迷が続くドラマ不況の中で、平均23%弱の高視聴率をたたき出す“金看板”です。それにもかかわらず、同じく大ヒットの『半沢直樹』主演の堺雅人が続編への出…

続編は「致しません」?/(C)日刊ゲンダイ

「ドクターX」視聴率絶好調も…米倉涼子は“燃え尽き症候群”

2014年ナンバーワン視聴率ドラマが確実視されている米倉涼子(39)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)。 11日放送分の平均視聴率は24.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)まで伸び、初回から10週連続で20%の大台を突破した。残す放送は18日の最終話のみとなったが、制作関係者は達成感に浸る余裕もなく、頭を抱えているという。 確実に数字の稼げ…

お約束だったのに…/(C)日刊ゲンダイ

絶好調「ドクターX」 米倉涼子の“V字開脚”消えたワケ

米倉涼子(39)の主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の第6話が13日に放送され、平均視聴率23.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。瞬間最高視聴率は25.7%。初回から6週連続の20%超えで平均22%。これは11回放送で平均21%台だった木村拓哉(42)主演の夏ドラマ「HERO」を上回り、年間トップになるのは確実か。 まさに絶…

寂しがりやな面も/(C)日刊ゲンダイ

気配りがアダ?米倉涼子が「ドクターX」続編を断れない事情

米倉涼子主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」が初回から視聴率20%超えを連発し、この秋ドラマでトップを快走している。 結果を出しているので、現場の盛り上がりも最高潮。おまけに、高視聴率達成の恒例となった豪華ロケ弁も「高級焼き肉店」や「老舗すき焼き店」の品が振る舞われ、さらにムードは高まっている。 それに加えて座長の米倉は別名「差し入れの女王」。高飛車で強気な女…

舞台裏で“難問”が噴出/(C)日刊ゲンダイ

「相棒」成宮の降板説も…テレ朝を悩ますヒット番組“舞台裏”

平均視聴率20%超をマークし、今季暫定トップの座を独走するドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜21時)も盤石ではない。 「主演の米倉涼子が、高視聴率と騒がれるたびに“ドクターXの続編はいたしません”と言い回っているんです。今回でシリーズ3作目。米倉にとって代表作になりましたが、本人はそれがお気に召さない。大門未知子のイメージが固定化してしまうことをもの…

太っ腹/(C)日刊ゲンダイ

「ドクターX」現場はホカホカ “差し入れ女王”米倉の気配り

スタートから3話連続で平均視聴率20%超と好調の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)。主演を務める米倉涼子(39)からの差し入れが“豪華”と話題になっている。 10月11日に還暦を迎えた看護師長役の高畑淳子は翌12日の自身のブログで「米倉涼子さんから、カードとプレゼントを頂きまして……一つは、ドクターX名物、メロン!! そして、もうひとつは、なーいし…

豪華制作発表/(C)日刊ゲンダイ

キムタク「HERO」超え射程 米倉涼子「ドクターX」の死角

30日に行われたドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(9日21時スタート、テレビ朝日系)の制作記者発表会。この会見のためだけに作られたという「X」の巨大オブジェをバックに、主演の米倉涼子(39)をはじめ、豪華キャスト陣が顔を揃えた。「いたしません」「私、失敗しないので」の決めゼリフでおなじみ、今回でシリーズ第3弾の人気医療ドラマ。あちこちから“米倉ドラマ”にか…

視聴率トップ女優/(C)日刊ゲンダイ

冴えない家政婦役に 米倉涼子が「気づいたら足を開いて…」

昨年秋「ドクターX」で美貌のスーパードクター・大門未知子を演じ、晴れて視聴率トップ女優に躍り出た米倉涼子(38)が、今度は正反対の役に挑む。テレビ朝日開局55周年記念のドラマスペシャル「家政婦は見た!」がそれ。カツラにメガネ、そばかすメークで冴えない家政婦を演じる。意気込みを聞いた。 「気取らなくていい、汚くていい、イヤらしくていい(笑い)。足は閉じなくていいし、意…

None

米倉涼子はドラマ、CM続々…噂の彼との結婚は「いたしません」?

最高視聴率26.9%をたたき出し、ドラマランキングで年間2位を獲得した「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)のヒットは記憶に新しいが、制服のコスプレ姿を披露した「35歳の高校生」(日本テレビ系)も平均13%台と結果を残した。ある映画監督は「いま最も撮りたい女優のひとり」と言っていたが、米倉涼子(38)は向かうところ敵ナシである。 私生活も絶好調。昨年末…

None

「ドクターX」プロデューサー「続編、映画化いたしません」

19日に最終回を迎えた米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」。初回視聴率22・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高スタートを切ると、その後も今クールドラマの最高視聴率を次々と更新し続けた。なぜ、これほど多くの支持を得られたのか。気になる続編は? 同ドラマのゼネラルプロデューサー、内山聖子氏に話を聞いた。 ■ドラマで意識したのは組織やサラリーマン …

None

この人物のオモテとウラ

米倉涼子と息ぴったり…内田有紀は今期ドラマ“陰の主役”

出演中の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)が快進撃中だ。 「初回平均視聴率22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でスタート、第7話は今期民放ドラマトップの23.9%を記録。4週連続20%超えを達成しました。テレ朝の局内は、高視聴率が書かれたビラがデカデカと張られ、お祭り騒ぎです」(テレビ誌記者) ■影ある役をやらせると光る 大学病院で…

武井咲(左)、忽那汐里(中央)を破った林丹丹(右)/(C)日刊ゲンダイ

武井咲と同期 国民的美少女グランプリ女優が芸能界を引退

着実にドラマや映画出演を重ね、事務所の先輩の米倉涼子のヒットドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」のファーストシリーズ(2012年)にもレギュラー出演。今後が嘱望されていたが、この1年ほどは目立った活動がなかった。 所属事務所のオスカープロンモーションはこう言う。 「芸能界以外でもいろんな仕事がしたいという本人の意向もあり、ここしばらくは仕事をセーブしていました…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事