日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「東国原英夫 事務所」に関する記事

たけしの紫綬褒章辞退も暴露

たけしの暴露話でドヤ顔…東国原英夫氏の「人品骨柄」

前宮崎県知事の東国原英夫(59)がテレビにイベントに引っ張りダコである。 昼の情報番組2本(フジテレビ系「バイキング」とTBS系「ゴゴスマ」)の曜日レギュラーを務めながら、コンスタントに討論番組やバラエティー番組にゲスト出演している。 弁が立つ有名人だけに講演会やイベントでも重宝がられ、20日は「ビタブリッドC新商品発表会」に登場。モデルの平子理沙(45)や美香(4…

None

大阪市長出直し選 自民候補に東国原英夫が浮上

候補には、ナント東国原英夫の名前も挙がっているという。自民党の選対関係者が言う。 「応援団長だったやしきたかじんさんが亡くなって、橋下の選挙は苦しい。対抗馬に有名人を立てれば勝てると思う。一昨年の総選挙では、“維新憎し”の共産党が大阪選挙区での共闘を持ちかけてきた。今回の市長選も、自民党が候補を立てれば、公明だけでなく共産も協力してくれる。やっぱり大阪だからお笑いが…

引く手あまたの橋下前大阪市長

“政治色”払拭狙いか 橋下前大阪市長にTVドラマ出演情報

いざとなれば、大ヒットドラマ『下町ロケット』に出演した東国原英夫氏に、台本の読み方や発声練習を教えてもらうことだってできるでしょう」(維新関係者) ■所属事務所社長を直撃すると… 一般紙や週刊誌では、来年7月にダブル選が行われた場合、橋下氏が衆院選に出馬するとの見方が既定路線。2017年の堺市長選への出馬情報もある。 橋下氏の所属事務所・タイタンの太田光代社長は本紙…

セコイのは彼だけじゃない

巻頭特集

そこかしこに「マスゾエ」が 卑しい政治屋が跋扈の惨憺

そんな猪瀬に〈貴方に論ずる・批判する資格があるのか〉とツイッターでカミついたのは、よりによってタレントの東国原英夫前衆院議員……。11年4月の東京都知事選に出馬するも、落選。今なお都知事の座を狙っているとされる。どいつもこいつも舛添疑惑に便乗してメディアを跋扈。あわよくば、その座を奪ってやろうという卑しい魂胆がミエミエだ。 「今回の舛添知事の不始末は、政界の人材払…

None

ビジネスに使えるスターたちの処世術

桂歌丸編 酸素ボンベの姿さえも笑いに変える根っからの職人芸

どんな状況でもアドリブで笑わせる職人芸が染み込んでいるといえば、東国原英夫も同じだ。何度かスキャンダル会見に行ったが、いつも笑いでけむに巻かれた感がある。宮崎県知事時代も国会議員になっても笑いを忘れない。麻生財務大臣との質疑応答など、かけ合い漫才かと思う時もあった。 その彼と、衆院選出馬決定前に偶然出くわしたことがある。元グラビアアイドルの巨乳ママがひとりで営業し…

「いまでは良い思い出」と振り返る

役者・芸人「貧乏物語」

6畳一間に居候 グレート義太夫も呆れたダンカンの“悪癖”

東(東国原英夫)さん、(ガダルカナル)タカさんに負けず劣らずで、しょっちゅうナンパ。ラブホテルへ行けばいいのに、そんな余裕がないし、しょっちゅうアパートに連れ込んでましたよ。 ところが、時間帯は不規則で、深夜だったり逆に朝帰りだったり。こっちは疲れてて少しでも寝たいのに、突然です。まさか横で見てるワケにはいかないから僕もユーレイ君も廊下へ避難……。 でもね、ワビしい…

往生際の悪さは史上最低

巻頭特集

厚顔ゲス舛添知事 ようやく辞意示唆までの茶番劇と舞台裏

ジャニーズの嵐の桜井翔のパパで、今月中の退任が決まっていて、人柄は申し分ないといいます」(都政関係者) 2011年に出馬し、石原慎太郎元知事に負けたものの、約170万票を得た東国原英夫元宮崎県知事も色気を見せているという。舛添問題をめぐってテレビで猛批判を展開して上り調子だが、女性トラブルが尽きず、スネ傷の身だ。ダークホースは生活の党からの不出馬を決めた谷亮子参院議…

1日だけのツービート復活

「せこ過ぎる」 ビートたけしが舛添都知事をメッタ斬り!

うちのハゲ国原(東国原英夫)じゃどうしようもないし。橋下(徹)だと都構想が実現しちゃうしなあ」と“たけし節”を炸裂させていた。 事務所独立問題の渦中にある能年玲奈(22)については「オフィス北野」への移籍が一部メディアで報じられており、「何か問題があると俺んとこくるっていうね。清原もショーンKも」と苦笑い。芸能界引退宣言をした岡本夏生(50)には「思いっきりやればい…

石井竜也

愛人との不倫を潔く謝罪 石井竜也「全面降伏」に恐妻の影

これを元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(58)は「最上の謝り方。(対応が)早い。潔かった」と評価したが、芸能関係者はこんな見方をしている。 「マリーザさんは妻であると同時に石井の事務所社長で、今回の騒動への対応をすべて仕切ったそうです。『愛する妻・マリーザに対しては、申し訳ない気持ちと夫としての後悔で一杯です。娘・サリーナのことは、父親として、反省はもちろん、私…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事