日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「石田ゆり子 出演」に関する記事

映画「悼む人」の豪華出演陣/(C)日刊ゲンダイ

「心をわし掴みに…」石田ゆり子が映画「悼む人」出演経緯語る

26日、映画「悼む人」の完成披露試写会が都内で開催され、高良健吾、石田ゆり子、貫地谷しほり、大竹しのぶ、堤幸彦監督らが登壇した。 主演の高良は「俳優デビュー10年目の節目にこの役を演じられてうれしかったです」とコメント。 ヒロインを演じた石田は自ら出演を志願したそうで、「原作を読んで心をわし掴みにされた。どうしてもこの役をやりたいと思ったんです。黙っていたら絶対に自…

おひとりさま生活を謳歌

酉年生まれ “年男年女”の吉凶

実は恋多き女性 石田ゆり子は結婚しない? できないの?

大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で未婚のキャリアウーマン・百合を演じて、「役柄と本人がかぶりすぎ」とまでいわれた石田ゆり子。今年48歳になる年女だが、その美貌は衰えを知らず“奇跡のアラフィフ”とまでいわれている。 「年を取るごとにきれいになっている。若く見えるという意味ではなく、年相応にどんどんナチュラルな美しさに磨きがかかっている。それゆえ、いまだ独身なこ…

審査員席に座ったまま「恋ダンス」披露の新垣結衣

SMAPの穴埋めに失敗し…史上最低“グダグダ紅白”の舞台裏

石田ゆり子らにも出演を打診していたようです。ところが星野源が『体調不良』を理由にレコ大を辞退していて、これにTBS幹部が『体調不良でも紅白にはでるのか』と不快感を示した。新垣サイドも放送が終わったドラマの企画に協力する義理はないという判断だったようで、結果、あの中途半端なステージとなった」 ポール・マッカートニーの録画でのサプライズ登場も、ポールがナマで歌うのが本来…

「彼氏募集中」とは言うけれど…

彼氏は年中募集中…石田ゆり子が46歳でも独身貫く理由

フジテレビ系の朝の番組「ボクらの時代」に出演した石田ゆり子(46)の方だ。 番組にはほかに過去のドラマで共演した渡辺いっけい(53)と板谷由夏(41)が出演。この中で、渡辺がいきなりド直球の質問をブツけてきた。こうだ。 「あなた覚えてないと思うんですけど、10年ほど前に“結婚しないね、あなた”と聞いたことがあるんです。すると“いっけいさんのせいですからね”と返された…

40代エロス全開/(C)日刊ゲンダイ

評判通り? 映画「悼む人」石田ゆり子の“過激ベッドシーン”

映画「悼む人」での過激な濡れ場が評判になっている石田ゆり子(45)。原作者の天童荒太に手紙で“直訴”し、出演にこぎ着けた意欲作で、夫(井浦新=40)を殺した過去から逃れようとして、主人公(高良健吾=27)と旅する女性を演じている。 この2人の年下俳優を相手に一体、どんな姿態をさらしているのか。話題のラブシーンは上映から60分が過ぎたころだった。 「何十人の男と寝てき…

見た目とギャップ?

46歳美魔女も結婚歴なし 石田ゆり子がいまだ独身貫くナゼ

女優の石田ゆり子(46)が13日昼のNHK「スタジオパークからこんにちは」に生出演し、登場した直後のことだ。 石田は現在、金曜夜の同局ドラマ10「コントレール~罪と恋~」で演じているシングルマザー・役が話題だ。無差別殺人事件に巻き込まれ、犯人と格闘した際に文の夫を殺してしまった男(井浦新)と恋に落ち、自分からキスしてしまうというストーリーなのである。昨年公開の映画「…

活躍する広瀬姉妹(左は姉のアリス、右は妹のすず)

あれもこれも言わせて

芸能界の姉妹は広瀬だけなのか

石田ゆり子・石田ひかり姉妹、熊谷真実・松田美由紀姉妹、真野響子・真野あずさ姉妹、倍賞千恵子・倍賞美津子姉妹……らの昭和の歴代姉妹女優に並ぶ、“平成の女優シスターズ”広瀬アリス・すずから目が離せない。…

現場で男気を発揮する天海祐希だが…

積極番宣も 天海祐希「Chef~三ツ星の給食~」に迫る危機

同じ木曜夜のドラマで激突することになった『ドクターX』の米倉涼子との“視聴率女王決戦”に並々ならぬ闘志を見せていただけにショックは大きいでしょう」(芸能ライター) 放送開始前の9月にはスペシャル番組「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」でMCに初挑戦して露出を高め、放送直前には「めざましテレビ」から「とくダネ!」「ノンストップ!」など情報番組をジャックしてPR…

大場久美子と石野真子、右は元祖・由美かおる

「水戸黄門」の大場久美子に賛否 “入浴シーン”誰なら見たい?

安達祐実、石田ゆり子、三浦理恵子、秋吉久美子、夏樹陽子らの名前が挙がっている。大場の起用についてアイドル評論家の中森明夫氏は「最近のグラビアを見る限り、若い頃、水着写真集を出した時よりもスレンダーになってますよね。入浴シーンも期待してます」と言いつつ、「他に(入浴シーンを)見たいアイドル」についてはこう言った。 「個人的には現・竹中直人夫人の木之内みどりさん(57)…

2012年には日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

2児の母の永作博美 衰え知らぬ「若さ」と「美白」の秘訣

NHKドラマ「さよなら私」(火曜夜10時)で、石田ゆり子(45)扮する高校の同窓生と心が入れ替わる主婦を演じる永作博美(44)である。 「今回のドラマでは制作発表のときから、自信のようなものを感じました。何年か前、ちょっと疲れた表情を見せていたのが嘘のように、肌艶もよく、ファッション誌などで美容法が話題になるのも分かる気がしましたね。もともと永作は肝が据わったという…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事