日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小林繁 阪神」に関する記事

現役時代の安達さん

元ドラ1安達さんが病死…「阪神の歴史」を訃報で振り返る

阪神で79年に22勝を挙げて最多勝を獲得した小林繁さん(享年57)は、10年1月に心筋梗塞で突然死。 03年のリーグ優勝に貢献した伊良部秀輝さん(享年42)も引退後の11年7月にロスで首を吊って自殺している。 フロントでは88年、古谷真吾球団代表が、助っ人バースの契約問題、掛布の引退問題の渦中に宿泊先のホテルから飛び降り、自ら命を絶った。98年には渡辺省三スカウト…

巨人との契約のは1978年11月21日だった/(C)日刊ゲンダイ

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

怪物江川卓が手にした5000万円の小切手

その後、巨人と江川の契約は無効とされ、ドラフトで阪神に1位指名された江川は翌年1月31日、小林繁との電撃トレードで巨人入り。しかし、日本中を騒がせた「怪物」の現役生活はわずか9年。87年11月12日に32歳の若さでユニホームを脱いだ。その時、江川が入団時の“密約”にのっとり、5000万円の小切手を手にしたことは知られていない。 「この5000万円で決着がつき、スッキ…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

大谷直子 憧れの俳優と再婚して衝撃の“妊婦ヌード”披露

31日、江川卓投手が阪神と契約後、小林繁投手とのトレードで巨人入り。…

糸井も伝統の一翼を狙う?

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

FA糸井取りの賛否あれど…阪神の“外様頼み”は73年前から

それ以前の阪神も、竹之内雅史や若菜嘉晴、小林繁、江本孟紀、安仁屋宗八、米田哲也ら、入団の経緯はどうあれ、外様選手のオンパレードである。 こういった阪神の外様補強体質は、63年オフに当時のエース格だった小山正明との交換トレードで大毎の4番・山内一弘を獲得したことに端を発する……と思いきや、実際はそれよりさらにさかのぼる。まだ戦前の1リーグ時代だった43年オフ、阪神は巨…

江口卓が巨人と契約ドラフト空白の1日、正力オーナーと

野球に食文化もちろん落語も

悩んでいた頃、電車で高校時代の教師とバッタリ

コミッショナーの裁定により、ドラフトで江川の交渉権を得た阪神との間にトレードが行われ、江川との交換で小林繁が阪神に移籍した。米助はこの事件をネタにした。江川と小林の独り言でつづるモノローグの落語を作ったのだ。 「たとえば、『周りの大人たちに言われる通りにしただけなのに、俺だけ悪者になっちゃって』と、いかにも江川が言いそうなことを呟くのよ。小林は割を食って都落ちした愚…

ニューヨークで出産した長女が宇多田ヒカル

プレイバック芸能スキャンダル史

一度は引退も…藤圭子から“圭似子”に改名して芸能界復帰

不可解な引退宣言に、阪神の小林繁投手との熱愛、事務所とのトラブルなどさまざまな噂が流れた。 同年12月、引退公演を終えた藤はハワイ大学留学を経て、ニューヨークへと旅立った。歌手時代に稼いだ銀行預金の金利だけで月に60万円以上の収入があったという藤は、3000万円余りを持って渡米したとされ、ニューヨークで悠々自適の生活を送っていた。 ところが、81年7月に突然の復帰報…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事