日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

学園ドラマ・出演者の関連ニュース

パッチリした目はアイドル時代のまま

あの人は今こうしている

80歳の夫と悠々自適 辻沢杏子さんにはヌードの誘いも

■柳沢慎吾のハイテンションに“殺意”も…… さて、辻沢さんは高校2年のときに劇団ひまわりに入団し、80年、学園ドラマ「ただいま放課後」(フジテレビ系)でデビュー。翌81年、同じく学園ドラマ「翔んだライバル」でヒロインに抜擢された。 「相手役だった柳沢慎吾クンは当時も今と変わらず、にぎやかな人でした。夜中の2時、3時まで撮影してもあのハイテンションなので、私は疲れて…

「あまちゃん」以来初の連ドラ脚本/(C)日刊ゲンダイ

クドカン脚本「ごめんね青春!」 低視聴率スタートのなぜ?

宮藤官九郎(44)の新作として注目された学園ドラマ「ごめんね青春!」(日曜21時~、TBS系)だったが、初回(12日)視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。2ケタぎりぎりのスタートとなった。 もっとも、「あまちゃん」以外は爆発的なヒット作に恵まれない脚本家。過去のいずれの連ドラも平均視聴率10%台前半から半ば程度である。 「コアなファンが一定数…

やる気マンマン/(C)日刊ゲンダイ

クドカン作品初出演の満島ひかり 学園コメディーで新境地?

「男子校と女子校が合併して共学になる」という学園ドラマだ。 クドカンは「初の学園ドラマということで、自分に課したテーマは『いじめも体罰も学級崩壊もなく、ただ漫然と1クールを描き切る』こと。世知辛く息がつまる昨今の学校教育の現実を無視するわけではありませんが、せめてドラマの中の学校ぐらいは、平和で楽しく、賑やかでもいいんじゃないかと思っています」とコメント。社会性ゼロ…

7架の本棚には蔵書がビッシリ

プロの本棚

松村邦洋さん「好きな本は何度も読み返して膨らんでます」

この一冊を読んでいると、今の学園ドラマのサクセスストーリーは昔の作品からいろいろな要素を取り入れていることがよく分かる。お笑いのネタもそう。憧れのたけしさんの本はよく読んだなぁ。たとえば、『ビートたけしの成り上がり処世術』とかね。何度も読み返したから、本がでっぷりと膨らんでますよ。本が膨らんでいないと、父親に『オマエ、読んでないな』と言われて育ったので、好きな本はど…

不良役でも品の良さが漂う

夏ドラマ“主役・脇役・敵役”辛口採点

「仰げば尊し」で注目 千葉真一の長男・真剣佑の潜在能力

主演が寺尾聰(69)で学園ドラマという設定に「時代錯誤では?」との声もあったが、初回視聴率は11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまず。ただし、前作の「99.9」をはじめ、「半沢直樹」や「下町ロケット」など高視聴率番組を連発してきた同枠としては、いささか期待外れの数字だった。 しかし、番組に寄せられる反響の盛り上がりは、高視聴率を挙げた過去の日曜劇場ドラマ…

ザッツエンターテインメント

GWに読みたい最新警察小説特集

学園ドラマのような署内の雰囲気に昭和生まれの読者は卒倒必至かも。 (実業之日本社 556円+税)…

大森巡査役が懐かしい鈴木正幸さん

あの人は今こうしている

「金八先生」巡査役の鈴木正幸さん 今は那須で自給自足生活

79年に放映が始まり、2011年まで続いたTBS系の学園ドラマ「3年B組金八先生」。武田鉄矢が主演し、最高視聴率39・9%を記録したお化けドラマだった。本日登場の鈴木正幸さん(69)は津軽弁の大森巡査役で全シリーズに登場。愛嬌たっぷりの笑顔が親しまれた。今どうしているのか。 ■「完全とはいかないが、半分は自給自足」 「取材? 自宅は栃木県那須町にあるんだけど、こっち…

ビートたけし(左)と千原ジュニア

たけしもチクリ…話題番組を打ち切る迷走フジの“本末転倒”

千原ジュニアの作品はテレビ局を擬人化し、学園ドラマ風に仕上げた。NHKとEテレが真面目な優等生、絶好調の日テレは番長で、これに腰ぎんちゃくのようにくっついているのがテレ朝とTBS、そして彼らにボッコボコにされるのがフジ……。そこにユーチューブという外国人の転校生がやってきて、全員がボコボコにされる……と皮肉たっぷりに描いてたけしも絶賛。 「近い将来、テレビはこうなる…

能年玲奈、橋本愛を超える逸材/(C)日刊ゲンダイ

中森明夫氏が太鼓判 2015年ブレーク大本命は広瀬すず

1月期クールもご多分に漏れず、金持ち私立に通うドジで地味なビンボー女子高生が、革命を起こすというコテコテの学園ドラマなのだが、ひと味違う。主人公を演じる広瀬のけなげな表情は「NHK朝ドラのヒロインのようで親心をくすぐる」(テレビ誌ライター)ため、世代を問わず十分に楽しめる内容だという。 ■制服の似合う正統派 「スクールカーストの底辺から徐々に頂点への“階段”を上って…

キャッチコピーは「幕末男子の育て方。」/(C)日刊ゲンダイ

歴代ワースト3発進 大河「花燃ゆ」敗因はNHKの“番宣”か

純然たる本格派の時代劇ではなく、幕末版ホームドラマで、おまけに学園ドラマの要素もあるという触れ込みだった。 出演者も豪華で実力派揃い。NHKとしては新たな視聴者層開拓を狙い、さまざまな手を尽くしたが、欲張り過ぎたのか、思ったような結果にならなかったのは残念の極みだろう。 型破りな兄・吉田松陰(伊勢谷友介)を優しく見守る主人公の文。のちに夫となる小田村伊之助(大沢たか…

中村静香と宮藤官九郎/(C)日刊ゲンダイ

ドラマ「ごめんね青春!」でバカにされた堀越学校長の言い分

日曜夜9時から放送中の錦戸亮主演の学園ドラマ「ごめんね青春!」の10月26日放送回。落ちこぼれ生徒7人が勉強合宿をしているシーン(写真)で、元グラドルだったというお色気満点の女性に、生徒のひとりが「お姉さん、この問題……」と勉強を教えてもらおうとすると、「それは無理。私、堀越だから」と言い放ち、拒んだやりとりがトラブルのもととなった。 多くのマスコミがTBSの謝罪文…

5時間15キロ/(C)日刊ゲンダイ

スカイツリーから東京タワーへ アラフォー記者1人散歩記

TBSの学園ドラマ「3年B組金八先生」のオープニングの舞台になっている土手が広がる。 でも、自転車には注意が必要だ。レース用の自転車がスピードを出して走行していることがある。また、日中は日陰になる部分がなく、自動販売機もないので、日よけと水分確保が重要。 ■上級者コース 幹線道路を目的地に向かって、ひたすら歩く。距離は20~30キロ。歩行速度は5キロ以上。1時間に1…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

中村雅俊 デキ婚が話題になった五十嵐淳子との結婚騒動

■1977年2月 学園ドラマ「われら青春!」(日本テレビ系)でブレーク、同ドラマの挿入歌「ふれあい」の大ヒットでも知られる中村雅俊。26歳の誕生日を迎えた77年2月1日、女優の五十嵐淳子(当時24)と結婚した。 きっかけは75年放送の「俺たちの勲章」(日テレ系)での共演。14話にゲスト出演した五十嵐は最初は同じく共演の松田優作やスタッフらとも一緒だったが、いつのまに…

None

「明日ママ」騒動で施設と病院を怒らせた日テレの不誠実

(過激な内容の)学園ドラマもあるが、身近な存在である学校とは違う」 会見を開いた2団体の主張は放映内容の「改善要求」。養護施設を取り上げること自体に異論はないが、配慮が足りないというわけだ。 ■口先だけの改善約束 全養協は、放送前の予告を見た段階から過激な内容に危惧していたという。昨年12月中旬には初回放送分の台本で内容を確認。日テレに改善を求めたが、「検討する、持…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事