日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

下関市の関連ニュース

None

DeNA2位の平田真吾 “ホタルの里”から横浜の星へ

九州への玄関口として知られる山口県下関市。本州最西端に位置する漁港の町は関門海峡を行き来する船で賑わいを見せる。内陸部に目を移せば広大な山々や田園風景が広がる町も多い。平田が生まれた豊田町も下関市中心部から車でおよそ1時間離れた山間部にある。鉄道すら走っていない過疎化が進む集落の一角だった。 「昔は若い子もいましたが、真吾が小学校に入った頃から急速に人口減が進みまし…

None

森友問題で追い込まれ… 安倍首相 地元下関市長選にシャカリキ

今度の日曜(12日)が投開票の地元・下関市長選の不在者投票に訪れたのだった。 3人が立候補している市長選は保守分裂の構図だ。3選を目指す現職の中尾友昭候補(67)に対し、安倍が市議2期目だった元秘書の前田晋太郎候補(40)をぶつけた。現職のバックにいるのは地元選出参院議員の林芳正元農相で、父親の代からの「安倍派VS林派」のバトルが展開されている。 安倍は前々回と前回…

「今も現役」と岡村さん(写真右はアイドル時代)

あの人は今こうしている

元アイドル岡村有希子さん 1字違いで味わった苦い思い出

今はフリーアナウンサー、ブライダルや各種イベントの司会、それとカラオケ教室を主宰してます」 山口県下関市の市街地にあるコミュニティー放送局「COME ON!(カモン)FM」で会った岡村さん、まずはこう言った。名刺には「渡辺かえ」とある。 「結婚して渡辺姓になったんです。バツイチ、再婚なんですけどね」 取材日は19時まで収録の打ち合わせ。ずいぶん忙しそうだ。 「『カモ…

野党統一候補の纐纈(こうけつ)厚氏の出馬会見

2016参院選 全選挙区「当落予想」

“安倍王国”山口にも異変 自民県連に渦巻く候補者への不満

下関市長を4期つとめた後、参院に転出している。安倍首相直系の“子飼い”として地元では有名だ。2013年に初当選した時も、安倍首相の全面支援を受けている。だが「出馬の経緯をめぐって反発を生み、盤石とは言い難い状況になっている」と下関市議は話す。 「当時、東部選出の有力県議が出馬の意向を示していたのです。なのに、首相の鶴の一声で江島さんが候補となった。当然、県連内に不満…

15年、トヨタ自動車新型FCV『MIRAI』の政府納車式で試乗する安倍首相

1回10万円超も 安倍首相の高額すぎる「代行タクシー代」

安倍首相の政党支部は「代行タクシー代」として、11年に計84万1945円、12年は計70万2980円、13年には計112万500円、14年は計119万5410円を、山口・下関市の代行業者に支出。1回当たりの支出額は1万数千円から10万円超に上る。 中には、「飲食代」と「代行タクシー代」を同じ日付に支出しているケースもある。例えば14年1月28日には、下関市のフグ料…

地場産品がいっぱい

道の駅 何でもランキング

行ってよかったランキング

利用者に最も評価が高いのはどこか? 世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」の「行ってよかった!道の駅ランキング2016」で堂々の1位に輝いたのが、山口県下関市の「北浦街道 豊北」(中国道下関ICから国道191号を北へ45キロ)だ。 「ランキングは、一般利用者の評価点のみを基に点数化したものです。そのため利用者目線の客観的な人気を表しています。道の駅といっても数…

None

●道の駅 何でもランキング

ホタル観賞、温泉、トマト摘み… 体験型でリラックス

編集部のオススメは、山口県下関市豊田町の「蛍街道西ノ市」。町はホタルの里で、そのホタルを使ったホタル舟が大人気だという。 「町内の一の瀬川や日野川、江良川など5つの川ではホタルが生息しています。ホタル舟は、川の上流から舟に乗ってホタルの光を楽しむイベントです。毎年、6月中旬の運航に合わせて、5月1日から予約を受け付けますが、週末分は受け付け開始からほぼ2日で埋まり…

壁には首相のサインと自著が並ぶ(左)

昭恵 自由すぎるファーストレディー

こだわり昭恵米は定番人気 内神田の居酒屋「UZU」のいま

内神田の盛況を踏まえてか、昨年8月には山口県下関市に「UZUハウス」をオープン。6階建てのビルを改装し、1泊3000円からの手軽な宿泊施設で、関門海峡を一望できる立地だ。「UZU」の内装を手がけた建築士のプロジェクトだという。 「いろんな人とすぐ仲良くなって一緒に仕事をするのが得意。苦手なのは地元の名士の集まりでしょうね。いつも跡継ぎのこととかヤジられて……。みん…

None

籠池砲もどこ吹く風 またもやスキー三昧の昭恵夫人に証人喚問のススメ

19日には首相の地元・山口県下関市に飛び、知人の結婚披露宴に出席。きのうは児童養護施設の卒園式に参加という目まぐるしさ。“籠池砲”などどこ吹く風といった感じである。なおさら、疑惑について正面から説明すればよさそうなものだ。 「証人喚問は本来、懲罰や脅しのためではなく、真相解明のために行われるもの。今回の件で言えば、『100万円の寄付』があったかどうかの究明は極めて…

None

●巻頭特集 籠池爆弾の破壊力 恥知らず内閣の自業自得

黒幕と名指しされた松井知事の財務官僚がやったこと

おまけに売却交渉のすべてを知っているはずの当時の財務省理財局長の迫田英典国税庁長官は、安倍と同郷の山口県下関市出身で、「総理も俺も長州人」と吹聴しているらしい。籠池氏の訴訟代理人弁護士だった稲田防衛相は、“秘蔵っ子”なんて呼ばれ、安倍のエコひいきで重要ポストを歴任している。さらには、昭恵夫人だけでなく、安倍本人が森友学園の幼稚園で講演を予定していたことも明らかにな…

写真はイメージ

島根女子大生殺害…死亡の猟奇犯は進学高出身のイケメン

近隣住民らによると、下関市にある実家は祖父の代から米屋を営み、両親と弟の4人暮らしだった。地元中学を卒業後、北九州市の進学高から1浪して国立大に進学したが、中退。矢野容疑者は04年、北九州市や都内で面識のない女性を刃物で脅してわいせつな行為をしようとした罪などで、懲役3年6カ月の実刑判決を受けている。 その後、地元に戻り、ラーメン店でアルバイトを続け、09年春から益…

写真はイメージ

島根女子大生遺棄 容疑の33歳男は「無理心中」だった?

2009年に広島・臥龍山で島根県立大1年の平岡都さん(当時19)の遺体の一部が見つかった事件で、関与が疑われている山口県下関市出身の会社員Y(当時33)。Yは、都さんの遺体が発見された2日後の09年11月8日午後3時すぎ、同県美祢市の中国自動車道下り線で交通事故死しているが、「無理心中」だった可能性が浮上している。 「Yが運転する小型車がガードレール3カ所に衝突して…

野党の統一候補は纐纈厚

7.10参院選 全選挙区「当落予想」

【山口】「安倍王国」も候補の評判が悪く

現職の江島は、下関市長を4期務めた後、3年前、補選に手を挙げて参院に転出。地元では安倍首相の“直系”として知られている。補選に出馬する時、地元の反発を生んだという。 「もともと、補選には他の県議の名前が挙がっていたのに、安倍首相の鶴の一声で江島さんが出馬することになった。江島さんは市長時代、談合問題が浮上し、5選を断念している。なぜそんな人物を候補として擁立するの…

12年前に「警告」していた天木直人氏

注目の人 直撃インタビュー

元大使・天木直人氏「中東の不条理は武力では解決できない」

(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽あまき・なおと 1947年、山口県下関市生まれ。68年、京大法学部を中退し、上級職として外務省入省。在サウジアラビア大使館参事官(82~84年)、在レバノン特命全権大使(2001~03年)などを歴任。03年、イラク戦争に反対する公電を発し、解雇処分。現在は自由な立場から評論、執筆活動を続けている。…

None

二極化・格差社会の真相

政治利用された大河を継続する是非を問う

作品の舞台である山口県下関市からの公開生放送(5月30日放映)だった。 『花燃ゆ』の低視聴率ぶりは周知の通り。責任を感じた真央ちゃんは、どこへ行っても謝りまくっているという。かわいそうだし、彼女には申し訳ないけれど、これは仕方がない結果かもしれない。 この大河ドラマは政治的に過ぎた。内容の以前に、そもそも吉田松陰の妹・文を主人公に仕立てる発想自体に無理がある。 なぜ…

健康アピールも目はウツロ/(C)日刊ゲンダイ

安倍首相に“健康不安説”が再燃…深刻な副作用で歯科通いか

山口・下関市に「お国入り」した12日も、後援会幹部へのあいさつ回りもソコソコに市内の歯科医院で診察を受けた。はた目にも「そんなに我慢できないの?」という状況だろう。 「八重洲歯科クリニック」(東京)の木村陽介院長は「一般論」と前置きした上で、こう言う。 「おそらく歯痛などの急性症状が出ていると考えられますが、集中的に通院している状況からみて、なかなか改善しないので…

遊びの間に公務?/(C)日刊ゲンダイ

地元・山口では怒りの声も…安倍首相「花火と祭り」の夏休み

下関市と北九州市門司区が関門の両岸から打ち上げる大花火大会である。 翌日は安倍家の墓参りを済ませて、夜遅くに帰京。15日は終戦記念日の式典に出る。 広島、長崎のコピペ演説といい、この日程といい、安倍首相の場合、遊びの間に公務をはさんでいるんじゃないか。 8月の言動だけで、この男の人間性がよくわかる。…

ツイッターでもなにかと発信/(C)日刊ゲンダイ

週刊誌連載は観測気球? ロンブー淳「政界進出」の本気度

そのきっかけとなったのがラジオ番組での「政界に進出するのであれば、地元の山口県下関市の市議会議員から」という発言(09年)。本人は「あの発言は単なるシャレ」「メディアが喜ぶのを見越した上でのサービストーク」と言っているが、下関は安倍首相のお膝元。昭恵夫人とも面識がある淳が若者のオピニオンリーダーとして自民党から出馬するのではないかというウワサは一頃、政界を駆け巡った…

None

『日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36』黒川勇人著

皮をむいて茹で上げたソバの実につゆをかけて食べる山形の郷土料理「むきそば」、業務用スープ缶などと同じサイズで重さ820グラムもある新潟の「またぎ汁」、本場山口県下関市の「ふくちり」、そして長野県の「いなご甘露煮」など、知る人ぞ知るこだわりの缶詰がずらり。名古屋の老舗和菓子舗が製造販売する「そぶくめ」は、なんとわらび餅の缶詰だ。東京にだって誇るべきご当地缶詰がある。大…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事