日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

南アジアの関連ニュース

噴水が水抜きされた代々木公園/(C)日刊ゲンダイ

デング熱大感染 なぜ代々木公園が震源地になったのか

夏場は毎週のようにコンサートやフリーマーケット、グルメイベントなどが催され、中には東南アジアや南米、アフリカの人々が参加するものもある。 ■観光客、旅行客が交流 「そもそもデング熱の流行地は東南アジアや中南米など。ウイルスを持つ外国人が発症せずに公園を訪れたことも感染拡大の可能性のひとつとして考えられます。また、今の時期だと夏休みで海外を旅行した日本人が旅先でデング…

皇后杯を掲げる沢

有終ゴールの澤穂希 引退後は本田とサッカー教室の“顔”に

本田圭佑(29)は、自身がオーナーとして12年5月に設置した「ソルティーロ・ファミリア・サッカースクール」というサッカー教室を全国展開し、あわせて香港など東南アジア全域で開校しようと計画している。さらに「なでしこクラス」を設けて女子専用の教室を開くことも決定済み。これも東南アジアで展開しようと考えている。そのシンボルとして絶大なブランド力のある「澤穂希」を招聘した…

None

バングラデシュ射殺 ついに現実となった「日本人標的」の衝撃

「公安調査庁の報告書によると、東南アジアでは、すでにイスラム国家樹立を目指してインドネシアで活動中の武装集団『ジェマー・イスラミア(JI)』がいます。戦闘員は把握されているだけで約900人。さらに近く、収監中の幹部約200人が刑期を終えて続々と出所してくる予定です。ISの思想に感化されたら暴走は確実です」(外交ジャーナリスト) 東南アジアを訪れる日本人観光客は夏休…

None

寝苦しい真夏の夜をスッキリ乗り切る

辛い食事や縄ベッド…「熱帯夜対策」は東南アジアに学ぶ

そこで参考にしたいのが、日本よりさらに高温多湿環境の東南アジアです。 まずは、「体温の放熱」の工夫です。眠るためには、体の内部の温度である深部体温が急激に下がることが必要です。そのために、体は汗をかいて放熱しようとします。眠る前に汗をかくことが促進されれば、体はより放熱しやすくなります。 そこで、夕食に熱く辛いものを食べてみましょう。暑いからといって冷たいものばか…

メコン川のほとりにて筆者

3万試合裁いた男が語る「リングの真実」

東南アジア「黄金の三角地帯」で貴重なレフェリー体験

南アジアに「黄金の三角地帯」という地域がある。メコン川の流域で、タイ、ラオス、ミャンマーの3国の国境が交わる山岳地帯。私は94年、WBA世界バンタム級タイトルマッチのレフェリーとして、ここを訪れた。 「黄金の三角地帯」は麻薬・覚醒剤密造地で知られている。私も当初はおっかなびっくりで行ったものだが、タイ側では中国と共同で、リゾート開発が行われていた。現地に着くと、立…

ネオジャパン

倍返し株はコレだ

動意づく「ネオジャパン」 企業や官公庁にITのメリットを

営業力の強化によるシェア拡大、製品ラインアップの拡大による付加価値の向上、マレーシアを手始めとした東南アジア市場への進出が今後の成長戦略だ。東南アジアのビジネス慣習は日本と似ており親和性があるに違いない。 業績は好調で、前期(16年1月期)まで4期連続の増収増益。今1月期は売上高20.93億円(前期比9.9%増)、営業利益3.99億円(同9.1%増)、純利益2.8…

一方、赤道周辺や中南米ではO型が5割からほぼ10割(ブラジル・コパカバーナの海岸)

なりやすい病気は血液型でわかる

インド、東南アジアで最多数 コレラに強い血液型は何型?

ところが同じマラリア汚染地帯でも、インド、バングラデシュから東南アジアにかけての国々では、O型とB型が拮抗しているのです。インド東部やバングラデシュではB型4割、O型3割ですし、東南アジア諸国では、B型、O型とも35%前後です。マラリアに弱いはずのB型がこれだけ多いのはなぜでしょうか。 実はこの地域は、マラリアだけでなく「コレラ」の汚染地帯としても有名です。もとも…

密室の茶番劇(自民・谷垣(右)、公明・井上の両幹事長)

巻頭特集

理念なき安倍サマ支配 政治クーデターが起きない不思議

日本唯一のインド、南アジア地域研究機関である岐阜女子大学南アジア研究センターのセンター長補佐・福永正明氏が言う。 「安倍政権は原発輸出を推進していますが、これまで協定を結んだトルコやベトナムと今回の協定は大きな違いがあります。ついに一線を越えてしまったと言っていい。それは、インドが核拡散防止条約(NPT)に加盟していないことです。日本の技術が軍事転用される懸念があ…

横峯良郎氏

さくらパパ アジアゴルフ珍道中

バンコクで突然胸が痛みだし緊急入院

これが東南アジアスタイルなのでしょうか? ジャカルタでのラウンドがダメージだったのでしょう。翌21日にバンコクへ移動してから、体調がおかしくなりました。 クタクタでしたが、翌22日から練習ラウンドとプロアマ大会(23、24日)が続きました。バンコクも35度の暑さで、とうとうプロアマ大会が終わった24日の夜8時すぎから体がおかしくなってきたのです。 昨夏、広島のホテ…

None

飼い殺し…マンU香川 “戦力外”でも放出されない理由

プレミア好きの多い東南アジアでマンUは絶大な人気を誇っている。マンU専門チャンネルの放映権料、ユニホームなどグッズ販売など利益を挙げ、オフの間に東南アジア諸国を回り、地元クラブと親善試合を行うことでブランド力をさらにアップさせ、収益増をもくろんでいる。その親善試合の目玉に《アジア代表・香川》は必要不可欠な存在なのである。 香川とマンUとの契約年数は4年。ピッチ外で…

None

ついに消滅!?東京銀行OBの怒り

英語表記が「The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ」なので、米国でも東南アジアでも、「The Bank of Tokyo」と言えば、「ああ、あの銀行ね」と理解されるそうだ。菊池氏は「ブランド戦略の面からも疑問」と言う。 それでも本当に名前を外すのか。持ち株会社の三菱UFJフィナンシャル・グループは「こちらから公表した話ではありませんし、決定…

None

習近平「アジア皇帝」への野望

李克強首相の来日をスッパ抜く

また後者は、中国から海上を南下して東南アジアに向かい、その後、インド洋を経て、やはりヨーロッパへ至るルートだ。 中国は今月14日と15日、北京で「一帯一路国際フォーラム」を開催。プーチン大統領以下、多くの首脳が参加する予定で、中国にとって習近平政権の威信をかけた、今年最大の外交イベントである。 この「一帯一路」は、中国が中心となって、アジアからヨーロッパへ至る陸上お…

None

今週の爆騰株

【文中に■文字あります】中国市場を取り込むSNS関連「アライドアーキテクツ」

2012年からグローバル展開を開始し、現在は中国や東南アジアなど世界に向けて越境プロモーションを行っています。 クライアント企業には、コーセー、森永製菓、NECなど大手企業が名を連ねる業界のリーディングカンパニーで、累計4000社超の豊富な実績を誇ります。国内最大級のSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」や、月間20万PVを誇るSNSマーケティング情報サ…

None

2017年上半期 アノ事件&騒動の今

ガレージには銃痕 タイ62歳貢ぎ女の自宅「姫御殿」は今

None

インバウンド消費 意外な人気

特に東南アジア系の観光客が目立ちます」 ■フクロウカフェ フクロウカフェは、猫カフェと同様にフクロウと触れ合えるのがウリ。そこにも外国人が。 「米国大陸ではフクロウが珍しいこともあり、米国人が人気の中心です」 ■鳥貴族 「YAKITORI」は世界の共通語だが……。 「串に刺して焼いた鶏肉料理をビールと合わせて楽しむという文化は日本独特です。そんな焼き鳥屋の中でも、『…

None

プロツアー激辛情報

日本選手のレベルが低すぎる

当時、東南アジアのコースはフェアウエーの状態があまり良くなくて下は硬くて、グリーンも止まらなかった。 昔の日本選手はアイアンをあまり大きく振り切らずに、抑えるような打ち方をする選手が多かった。これは、フェアウエーの状態があまり良くなくて、グリーンが硬いので、低い球で止めなければならないからだ。フェアウエーも、今のようにきれいなライではなかったので、いろんな技術を覚…

予防ワクチンがあるなら渡航前に接種(写真=マレーシアのクアラルンプール)

GW旅行で気をつけたい 「海外3大感染症」を専門医が解説

2007年ごろから南太平洋の島々で流行が始まり、15年に米国大陸で、16年には東南アジアで流行が確認されている。 「感染者の2割が2~12日の潜伏期間を経て、皮膚の発疹やかゆみ、結膜炎などの症状が表れ、患者の3~6割が発熱します。通常は1週間で回復しますが、まれにギラン・バレー症候群と呼ばれる神経疾患を合併することがあります」 しかし、この病気の一番の問題は、生ま…

None

ゴルファー羽川豊の「プロの目」

逃げるゴルフでは世界では戦えない

すでにアジアンツアーとの共催で1月に東南アジアで2試合を消化。それだけでなく、海外の試合を経験している選手がいます。いつでも優勝を目指す態勢で試合に臨まなければいけません。 初日に20歳の星野陸也(最終成績29位)、2日目は結婚したばかりの小平智(27=同18位)と若手がトップに立ち、日本選手が頑張りを見せていいスタートを切りました。 ところが1日よくても、4日間…

None

稲田防衛相 GWノンビリ外遊

南アジアとの防衛協力を強化するために、5月上旬にベトナムを訪れ、日程が整えばタイも訪問するという。 しかし、朝鮮半島が緊迫し、4月26日にも米軍が北朝鮮を「空爆」する可能性があるのに防衛省のトップが日本を離れるとは、どういうつもりなのかと批判が噴出しているのだ。 「最近の稲田大臣は、ご機嫌です。もう森友問題は終わったと思っているのでしょう。ただ、次の内閣改造では外…

None

覚醒剤密輸 なぜ台湾ルートが急増したのか?

北朝鮮と中国のほかに東南アジア諸国のものも台湾を経由して入っているのです」 密輸された覚醒剤は暴力団などが1キロ700万~900万円で仕入れる。末端価格は1グラム6万4000円前後で、最終的に6000万~7000万円になるとされる。 「覚醒剤中毒になるのは女性の方が多い。セックスに使って病みつきになるからです。昔は借金まみれのジャンキーな女性が多かったが、いまは普通…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事