日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「吉瀬美智子 映画」に関する記事

露出に期待/(C)日刊ゲンダイ

シリーズ化、映画化浮上 上戸彩が不倫「昼顔」のアキレス腱

上戸のキスシーン、吉瀬美智子のセクシーな背中を見せたベッドシーン、斎藤工と北村一輝の引き締まった裸などエロチックな描写が評判がよく、新たな“官能路線”として位置づけ、定着させたいのです」(マスコミ関係者) ■「セカンドバージン」パターン シリーズ化にあわせて映画化の話も浮上。ドラマと映画で一気にヒットシリーズに育てていこうとしているのだ。これまで「踊る大捜査線」シリ…

None

実写版ルパンに異論 「峰不二子はメイサより真木よう子」の声

ちなみに、ダントツの1位は藤原紀香で、以下、(2)杉本彩(3)米倉涼子(4)吉瀬美智子(5)黒木メイサ(6)小嶋陽菜(7)栗山千明(8)篠原涼子(9)山田優(10)鈴木京香と続く。 「10年前なら間違いなく紀香で決まりだったんでしょうが、ルパンを演じる小栗旬(30)とは、年齢的に釣り合わない。紀香自身も『赤旗』に登場するなど、最近は女優業以外の活動に熱心です。米倉は…

低音ボイスも魅力/(C)日刊ゲンダイ

「昼顔」で上戸彩とキス…斎藤工“男の色気”でブレーク必至

オトコの色気だけでノシ上がってきた感じです」(桧山珠美氏) 「昼顔」では、同じようなタイプの北村一輝(45)が、上半身ハダカの吉瀬美智子(39)を相手に濡れ場を演じた。楽しめるのは主婦だけではない。…

51歳で独身

イヤミ課長でブレーク中 木下ほうかは「吉本新喜劇」出身

知名度を上げたのは昨年のフジテレビ系ドラマ「昼顔」で、不倫妻役の吉瀬美智子を粘着質にいじめまくる夫を演じ、「気持ち悪い!」とお茶の間に嫌われまくり、演技力の高さを知らしめた。 64年、大阪府生まれ。高校生の時に役者を志し、新聞広告で見た井筒和幸監督の「ガキ帝国」のオーディションを受け合格。大阪芸術大学で舞台芸術を学び、卒業後は吉本興業の新人タレントオーディションに…

花魁役がはまった?/(C)日刊ゲンダイ

濡れ場が好評の安達祐実 次はフジ官能枠で「ドラマ主演」か

夏には上戸彩、吉瀬美智子が不倫妻を演じた「昼顔」が放送された枠。同作では吉瀬のベッドシーンが生唾もので、平均でも14%近い視聴率を叩き出した。 この枠にピッタリの女優として安達に白羽の矢が立ったわけだ。 「安達の代表作は『家なき子』。その他の主演ドラマは97年の『ガラスの仮面』があるくらい。天才子役といわれながら、単発ドラマや脇役が多く、作品には恵まれなかった。それ…

(C)2014 モンキー・パンチ/「ルパン三世」製作委員会

実写版ルパン三世 黒木メイサの「峰不二子」は大アリだった

そこに黒木の名前はなく、代わりに米倉涼子、吉瀬美智子、沢尻エリカ、仲里衣紗、長澤まさみといったセクシー女優として実績のある名前が並ぶほか、藤原紀香や杉本彩といった熟女まで……。後者の2人は、もはや小栗とのバランスを完全に無視したキャスティングだが、ルパンファンにとって永遠のヒロインへの並々ならぬこだわりは伝わってくる。 で、実際はどうなのか。一足先にマスコミ向けの試…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事