日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

沢村一樹特集

None

川口春奈が救世主? ドラマ大コケ沢村一樹は“持ってる男”

川口春奈(18)主演の連ドラ「夫のカノジョ」(TBS系)に救われたのが、財前直見(47)と沢村一樹(46)がダブル主演した「家族の裏事情」(フジテレビ系)だろう。 「夫のカノジョ」は12日に最終回が放送され、全8話の平均は3.87%。一方「家族の裏事情」は13日が最終回で、全8話の平均は4.5%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 どっちも惨敗、どんぐりの背比べ…

NHK朝ドラ「ひよっこ」8日放送回から

「ひよっこ」有村架純の夫か 竜星涼に福士蒼汰との共通点

みね子と同じ茨城出身で、失踪した父(沢村一樹)の捜索を個人的に手伝う好青年という役どころだ。 竜星本人は東京出身で、高校時代にスカウトされ、10年にデビュー。「獣電戦隊キョウリュウジャー」(13年)で主役を務めて注目を浴びた。 「番組放送直後には非公表の本名と出身校が特定され、お祭り騒ぎに。特技の走り高跳びでは、中学時代にはサッカー部に所属していながら陸上の都大会に…

有村架純の明るさにホッとさせられる

TV見るべきものは!!

有村架純「ひよっこ」には当たり前にいた家族の姿がある

稲刈りのために出稼ぎから戻った父(沢村一樹、好演)、薄化粧と花柄のブラウスで迎える母(木村佳乃)、息子が不在の家を支えている祖父(古谷一行)といったキャラクターも好ましい。 東京オリンピックで勢いをつけ、「三丁目の夕日」的な昭和30年代から、「大阪万国博覧会」に象徴される経済発展の昭和40年代へと移行する時代。そのちょうど境目である昭和39(1964)年から物語が…

「そして誰もいなくなった」の豪華キャスト陣

故・渡瀬恒彦も出演 ドラマSP「そして誰もいなくなった」

沢村一樹、向井理、国村準、柳葉敏郎、津川雅彦、大地真央、橋爪功、渡瀬らがズラリ。八丈島沖に浮かぶ兵隊島にある「自然の島ホテル」のオーナーから10人の男女が呼び寄せられ、次々に殺されていく。渡瀬もそのひとりで演じるのは元東京地裁裁判長・磐村兵庫。この謎の事件を捜査するのは、警視庁捜査1課警部の相国寺竜也役の沢村だ。 渡瀬は4月からスタートするシリーズ作「警視庁捜査一課…

沢村一樹の「桃太郎侍」が見てみたい

絶滅寸前から視聴率も大健闘 TV「時代劇」復権の裏側

個人的には沢村一樹の「桃太郎侍」はちょっと見てみたい。 (作家・松野大介)…

交際半年でスピード婚

ブログも祝福一色 釈由美子「山ガール婚」までのデコボコ道

釈とは同学年で、180センチの長身、俳優・沢村一樹似のイケメンだそうだ。 なぜ普段は手厳しい意見の多いネットの書き込みが祝福エールであふれているかといえば、ズバリ、これまでプライベートでは不幸の連続だったからだ。まずは男性関係。 「98年、『ワンギャル』でデビューした途端、まずは15歳年上の有名カメラマンと噂になりました。数年後には芸能プロ社長との交際が話題になり、…

“普通の人”がほぼ不在

TV見るべきものは!!

天海祐希主演「偽装の夫婦」 見どころは“曲者揃い”の登場人物

そんなヒロが25年ぶりに元恋人・超治(沢村一樹)と再会。彼はいきなり自分がゲイだと告白し、余命短い母親(富司純子)のためにと“偽装結婚”を依頼してくる。さらに、超治が勤める幼稚園に娘を通わせる母親(内田有紀、好演)は、ヒロに向かって「あなたが好き」などと言い出す。ゲイに続いてレズ? そしてDVも登場しそうだ。なかなか刺激的でトリッキーな仕掛けではないか。 またヒロ…

ロスと東京の遠距離恋愛?

新ドラマの設定とかぶる 天海祐希と真田広之“25年目の再会”

物語は天海演じる主人公が学生時代に一度だけ愛した男(沢村一樹)と25年ぶりに再会。ある事情から偽装の夫婦になるというストーリー。偶然とは思うが、ドラマでも25年目の再会。真田とかぶせて見るのも一興か――。 (ジャーナリスト・二田一比古)…

スーパー公務員を演じる唐沢寿明

TV見るべきものは!!

TBS「ナポレオンの村」は唐沢寿明の緩急自在の芝居が冴える

効率優先の市長(沢村一樹)が廃村扱いするこの村を、柔軟な発想と抜群の実行力で崖っぷちから救おうと奮闘している。 このドラマの見どころは、唐沢が演じる“スーパー公務員”が何を企画し、いかに達成するかだ。2回目には、村で作られた米を、ローマ法王に献上して食べてもらうという驚きの仕掛けが登場した。しかも、このエピソードは、原作本「ローマ法王に米を食べさせた男」のタイトルに…

唐沢寿明と沢村一樹

アラフィフ男優が活躍 中高年向き“渋連ドラ”増殖の気配

“町おこし”というありがちなテーマで、唐沢と住人が打ち解けていく安易な展開になると失速しそうだが、市長役の沢村一樹(写真右)の好演がドラマを底上げしてくれそうだ。 沢村が「この村をどう思うか」と聞き、唐沢が「すばらしい村だと思ってますけど……」と返すと、沢村はいかにも腹黒そうな表情で「すばらしい? ハッハッハ!」と小バカにする。 「祭りが盛り上がらなかったら、どうし…

早大ミュージカル研究会出身/(C)日刊ゲンダイ

「オリエント急行」で居並ぶ俳優食った八木アナの“女優力”

主演の野村萬斎(48)を筆頭に、佐藤浩市(54)、西田敏行(67)など「三谷組」常連メンバーや三谷作品初参加の沢村一樹(47)、杏(28)などが一堂に会した。名優で固めた「12人の乗客」の中でひとり、「女優」ではない人物が。フリーアナウンサーの八木亜希子(49)だ。 八木アナが演じたのは、「教会で働く呉田その子」という常に緊張気味の地味で気弱な女性。あまりの地味さに…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

ワインをかばい転倒と報じられた川島なお美

主治医の忠告を振り切って、4日後の18日に撮影再開し沢村一樹相手に過激に演じた。 公開中の主演映画「チャイ・コイ」の過激な濡れ場も話題である。 ◇1998年4月 4日、東京ドームでアントニオ猪木がドン・フライと引退試合。5日、明石海峡大橋開通。15日、カンボジアでポル・ポト死去。享年69。23日、俳優の大泉滉死去。享年73。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事