日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「森高千里 現在」に関する記事

「水曜歌謡祭」の数字は散々

森高千里ライブに心配の声…「水曜歌謡祭」低迷で神話に陰り

「こんな低空飛行続きで、10月のライブは大丈夫なのか」――今週から先行発売が始まった森高千里(46)のライブについて、興行関係者からこんな余計な雑音が上がっている。森高を司会に起用して4月からスタートした「水曜歌謡祭」(フジテレビ系)の視聴率が一向に上向く気配を見せないことから、ライブのチケット販売にも悪影響が出るのではないかというわけだ。 「それほど『水曜歌謡祭』…

None

この人物のオモテとウラ

高額商品バカ売れ オバさんになってもモテモテの森高千里

2月22、23日に、デビュー以来初となるサイン会を行う歌手の森高千里(44)。対象は、13年9月に発売したDVDやブルーレイなど5枚をセットにした、25周年記念完全生産限定BOX「森高ランド・ツアー」を購入したファンだ。 このBOXは1万9800円の高額商品。森高のこれまで発売されたものの中でも最も高額という。にもかかわらず、5000セット以上が売れた。そこで、森高…

懐かしい/(C)日刊ゲンダイ

「鉄人28号」は27万円…押入に眠る60年代お宝オモチャ

「松田聖子さん、中森明菜さん、森高千里さん…80年代アイドルはたくさんいますが、やっぱり聖子さんがテッパンですね。ポスター、カレンダー、写真集などのグッズの中で、特に高値が付くのは新曲発売を告知するポスターです。保存状態にもよりますが、聖子さんの場合、5万円ということもありました。一時、露出が少なかった明菜さんも最近“復活”の話が出てきて、ジワジワ値が上がっていま…

この駅では武道館をモチーフにしたあの曲を使用

電車発着メロディーに異変 なぜJポップが急増している?

東武鉄道の足利市駅とJR足利駅は昨年、森高千里が「あしかが輝き大使」に任命されたのを機に発着メロディーを「渡良瀬橋」にした。 駅のイメージアップや、地元からの要望でメロディーを選んでいるようだが、鉄道ジャーナリストの梅原淳さんは、「JR恵比寿駅の第三の男や、高田馬場駅の鉄腕アトムなど、駅の発着メロディーに既存の楽曲が使われ始めたのは90年代。しかし、蒲田駅の『蒲田行…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

墨田ユキ ブレーク前に出演していたAV流出騒動

25日、森高千里が「私がオバさんになっても」リリース。…

None

あの人は今こうしている

元アイドルの本田理沙 バツ2で出戻り、地元・大分で大人気

2次予選で落選(グランプリは森高千里)したものの、スカウトされた。 「中学3年でしたから、卒業を待って上京しました。堀越高校進学に加え、衣食住すべてを面倒見てくれるって条件に飛びついちゃいました、ハハハ」 堀越高校2年の88年7月に「Lesson2」で歌手デビュー。 「当時は歌謡番組やアイドル番組がたくさんあり、デパートやショッピングセンターでのキャンペーンも多くて…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事