日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「浅田真央 試合」に関する記事

None

ソチ五輪 浅田真央を追い込むトリプルアクセルと大和魂

フィギュアスケート全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)最終日、女子ショートプログラム(SP)で首位に立った浅田真央(23)はフリーの演技で2度の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル=3A)を失敗。まさかの大失速で3位に終わった。優勝はSP2位の鈴木明子(28)、2位は同3位の村上佳菜子(19)。女子シングルのソチ五輪代表はこの3人に決まった。安藤美姫(26)は7…

None

【B★】真央 笑顔の引退会見

長く続けてきたことを褒めたい」 すでに自身のブログで引退を表明したフィギュアスケートの浅田真央(26)が12日午前、都内のホテルで会見。10年バンクーバー冬季五輪銀メダリストの引退会見とあってテレビカメラ約40台、350人以上の報道陣が会場に詰めかけた。 白いジャケットに黒のスカートで登場した浅田は「(15年に休養から復帰して)練習するにつれ、試合に出るにつれ、今の…

今でも表現力は日本人随一だが…

GPファイナル最下位で涙…浅田真央に「引退危機」再び

12日(日本時間13日未明)の女子フリーは、SP3位の浅田真央(25)が最下位に転落する波乱となった。 前日のSPでは成功させたトリプルアクセルが、この日は回転不足の上、着氷も乱れた。その後も3回転、3回転が2回転の単発になり、課題のルッツもどこかぎこちない。出場6選手中最下位のフリー125.19点が足を引っ張り、総合順位でも自身初のGPファイナル最下位となった。 …

None

スポーツ難癖口上

浅田、浅田、浅田ってええかげんにさらせテレビ局!

翌朝になりゃなったで朝ドラの後はどこを回しても浅田真央浅田真央、輝かしい戦績、励まし合う姉妹、関係者の惜しむ声、昼休みに入ったラーメン屋のテレビで朝ドラ再放送した後、浅田真央浅田真央浅田真央、街の声、とげぬき地蔵に群れるジジババの声、全国各地の声。 やれやれと帰宅して夕方のニュースつけりゃ、浅田真央浅田真央浅田真央浅田真央、好きな食べ物、よくやるクセ、…

CM発表会では祇園芸妓と所作を披露

数々のしがらみが…真央が「復帰初戦」決められない裏事情

「今は試合に向けて準備しているので、まずは試合に出場できるレベルに持っていくこと」 現役続行を決めたフィギュアスケートの浅田真央(24)が現状についてこう明かした。 28日、契約する寝具メーカーの新CM発表会に出席。CMで披露している日本舞踊は現役の舞妓から実技指導を受けたそうで「フィギュアやバレエと同様、体の軸が大切と分かったので、これからも軸を大切にして練習して…

佐藤コーチでは厳しい… 真野慎也/JMPA

平昌五輪を目指すなら…浅田真央に求められる「コーチ交代」

ソチ五輪でメダルなしに終わった女子フィギュアの浅田真央(23)。06年から1年半だけ真央を指導していたラファエル・アルトゥニアン氏(56)は、「一緒に18年の平昌五輪を目指せば金メダルを取らせる自信がある」と女性雑誌に語っている。かつての先生に戻るかどうかはともかく、次の五輪を目指すならコーチは代えるべきだ。そう思っているコーチはたくさんいるのではないか。 真央はソ…

勝利至上主義に徹する原監督/(C)日刊ゲンダイ

学者が分析 プロ野球「ファイナルS」なぜ盛り上がらない?

フィギュアスケートなら浅田真央、ゴルフなら高校時代の石川遼などが良い例でしょう。しかし、現在のプロ野球にはそうした選手がいない。オリックスの金子は日本でナンバーワンの投手だと思いますが、どちらかといえば玄人好みする選手ですからね。昔に比べて、選手個々の技術や能力は間違いなく上がっているが、個性は失われているように感じます。地元の有名人、ローカルキングはいても全国区の…

ふっくら/(C)日刊ゲンダイ

「いくらなんでも…」日中韓で議論白熱する浅田真央の激太り

14~15年シーズンの全試合出場を見送り、1年間競技生活の休養を発表した浅田真央(24)の“激太り”が中国と韓国で話題になっている。 「浅田真央がソチ五輪後、練習量が減ったためか4キロほど太り、ふっくらとした」と、いち早く報じたのは中国のネットメディア「騰訊体育」。そしてこのニュースは浅田のライバル、キム・ヨナのいる韓国に飛び火。韓国のネットユーザーは「キム・ヨナは…

みんな15歳で活躍/(C)日刊ゲンダイ

浅田真央も勝みなみも アスリート「15歳開花説」の謎解き

女子フィギュアの浅田真央が初出場のグランプリファイナルで優勝したのもそう。直後のトリノ五輪は年齢制限で出場できなかったことは記憶に新しい。そういえば、石川遼が史上最年少でツアー初優勝を飾ったのも15の時だった。なぜこれらの選手は、15歳という年齢で世間をあっと言わせるような成績を出せたのか。 ■失うものなし 石川遼のツアー初優勝に尽力し、数多くのジュニアゴルファー…

最後の舞台かもしれない 真野慎也/JMPA

練習観覧も有料に…世界選手権も真央で稼ぐ連盟の“商魂”

ソチ五輪でも浅田真央がノーメークで何度も3回転半を調整していた、アレだ。 「過去に日本で行われた国際大会でも公式練習の観覧券は販売されたことはありますが、今回は会場のスケールが違う。フィギュアの試合としては異例の『さいたまスーパーアリーナ』で、観衆1万8000人規模は破格です。チケットは最終日のエキシビションを除く、4日間通し券(4万6000~7万円)から売り切れる…

外国特派員協会で会見/(C)日刊ゲンダイ

浅田真央「やめたくてもやめられない」これだけの“しがらみ”

ソチ五輪を終え帰国したフィギュアスケート女子の浅田真央(23)。25日、都内の外国特派員協会で記者会見を行い、注目される去就については、「まだ試合がひとつ(世界選手権)残っている。その後には(アイス)ショーがある。全国の皆さんに感謝の滑りを見ていただいてから、そこで考えたい」と語り、「来年以降も選手を続ける可能性は何%か?」という問いには、「今のところハーフ、ハーフ…

ショートは黒で

浅田真央の胸中は…表現力より「3A跳ぶ?」ばかり話題に

浅田真央(26)は今季、左膝の故障で代名詞の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル=3A)を回避してきたが、試合前練習で何度も跳び、23日には不完全ながら着氷したことから、本番では1年ぶりに披露するとみられている。 今季のグランプリシリーズ(GP)2大会は、左膝の状態が悪く、難易度を落とした演技内容でもミスが目立った。フランス杯では、ルッツ、サルコー、フリップの3つの3…

自己ワースト9位に終わった

涙の自己最低9位…浅田真央に気がかりな「限界」の2文字

「自信がすべて失われた……」 声を震わせて大粒の涙を流したのは浅田真央(26)。日本時間13日、グランプリ(GP)シリーズ「フランス杯」のフリーが行われ、真央は自己ワーストとなる9位に終わった。ショートプログラムで8位と出遅れると、フリーでも3回転ジャンプをことごとく失敗。シニアデビュー後の試合では10年「NHK杯」の8位を下回り、世界ランクは18位にまで落ちた。 …

全日本選手権に間に合うか?

GP初戦6位の浅田真央 3アクセル解禁どころか引退秒読み

「早く自分の最高のレベルで試合に臨めるようにしたい」 こう話したのが、フィギュアスケート女子の浅田真央(26)だ。 22、23日に米国シカゴで行われたGP(グランプリシリーズ)のスケートアメリカ。今季GP初戦に挑んだ真央だったが、ショートプログラムで5位と出遅れ、フリーでも挽回できず6位に終わり、GPファイナル進出は絶望的だ。 真央は今大会で得意のトリプルアクセル(…

真央ブランドに“キズ”はつけられない

10.3ジャパンOPで再出発 浅田真央「復帰戦決定」の舞台裏

女子フィギュアの浅田真央(24)の復帰戦が今年10月3日に行われるジャパンオープン(さいたまスーパーアリーナ)に正式決定した。ソチ五輪後の14年5月から1年間休養した浅田は当初、そのブランクを埋めるべく9月末の地方大会である中部選手権(愛知)から出場。ブロック予選を勝ち抜いてグランプリ(GP)シリーズ本戦に出場するという青写真を描いていたが、そのプランを白紙に戻した…

「自然と試合に出たくなった」と現役復帰を表明

弱気の現役復帰宣言 浅田真央に立ちはだかる新ライバルたち

でも、休んでいる時に自然と試合に出たいなと思ってきました」 18日、こう言って正式に現役復帰を表明した女子フィギュアスケートの浅田真央(24)。昨年5月からおよそ1年に及ぶ休養の末の現役続行宣言とあって、会見場には100人を超える報道陣が押し寄せた。人気者の復活にファンもスケート関係者も大喜びだが、もろ手を挙げて喜んでばかりもいられない。 浅田は今シーズンが始まる直…

納得のいく演技を/(C)日刊ゲンダイ

浅田真央 ライバル欠場「世界選手権」で期する “完璧演技”

浅田真央(23)はソチ五輪では金メダル獲得が有力視されながら、ショートプログラム(SP)でのミスが響いて6位と惨敗した。 25日は世界選手権(26日開幕、さいたま市)の公式練習に臨み、武器であるトリプルアクセルを3度決めるなど、調子の良さをアピール。「五輪で久しぶりにやりきったと思えるフリーができた。世界選手権はSPとフリーで同じような思いができるようにしたい。氷の…

None

ロシア15歳の新星浮揚 ソチ表彰台に“黄信号”の浅田真央

オンライン・ギャンブルの「bwin」によるソチ五輪女子フィギュアの金メダルのオッズも、キム・ヨナ1.9倍、浅田真央4.25倍、リプニツカヤは8倍だ。 これでリプニツカヤは浅田にとって怖い存在になった。今大会のフリー演技では、後ろに上げた右足を背中にピタリとつけて膝を持ち回転する、彼女の代名詞「キャンドルスピン」はもちろん、連続ジャンプも安定。柔軟性だけでなく、スピー…

None

浅田真央に心配されるGPファイナル後の過密日程

まだ課題はたくさんあるけど、次の試合までにクリアしたい」とは浅田真央(23)。 フィギュアスケートのGPシリーズNHK杯で207.59点をマークし、自己ベスト(205.50=バンクーバー五輪)を更新。今季2勝目を挙げ、笑顔で話した。 GPファイナル(12月5日~福岡)出場を決めてから一夜明けた10日には、「自分ではもっと上のレベルを目指せると思っている」と力強く語っ…

None

NHK杯SP首位 浅田真央に佐藤コーチ「不安要素あった方がいい」

ソチ五輪での表彰台を目指す浅田真央(23)に関してである。 フィギュアスケートGPシリーズNHK杯(8~10日、東京・代々木体育館)が開幕。初日の女子ショートプログラム(SP)は米国杯に次いで今季2勝目を狙う浅田が71.26点の高得点をマークして首位に立った。 前日の会見で「集中して自分のいまできるものをすべて出したい」と話した通り、武器のトリプルアクセルを無難にこ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事