日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「清原和博 子供」に関する記事

「息子と会いたい」と号泣した清原被告だが…

薬物中毒よりつらい 清原被告を待つ“もうひとつの地獄”

覚醒剤取締法違反の罪に問われ、31日判決が下された清原和博被告(48)。溺愛する中学2年の長男と小学5年の次男は現在、離婚した元妻・亜希さん(47)とともに暮らしているが、会える日はくるのか。 逮捕されて以降、2人の息子とは会えていない清原被告は初公判で「(息子と)会いたい。会って謝りたいです」と号泣した。しかし、亜希さんは清原被告と息子たちが会うことを希望していな…

子ども応援にこんな格好で…

シャブ漬け番長 堕落の軌跡

人前で平手殴打も…清原容疑者“息子溺愛ブログ”の嘘くささ

今月2日に覚醒剤取締法違反で逮捕される前日まで、清原和博容疑者(48)は頻繁に自身のブログを更新していた。今年1月には1カ月で96件もの記事をアップ。 【昨日は久しぶりに息子と3人でご飯を食べた その後、ひとしきり泣いた 息子が使ってたグラブを見て きょうも1日生きよう】などと2人の息子への思いを綴ることが多かった。 「親権は14年9月に離婚した前妻が持ち、清原が愛…

None

タレントと化した番長・清原和博 稼ぎ場は球場よりバラエティー

会見の途中、特別ゲストとして清原和博(46)が登場すると、「僕の高校にも、炭酸も飲まないような真面目な完璧主義者のチームメートがいたんで、彼とニキ・ラウダがダブりましたね。僕はもちろん、女好きのハント型ですけど」と桑田真澄(46)ネタを披露してニヤリ。自分が天才だと感じた瞬間について「二日酔いでホームランを打った」と答えると、場内は爆笑。これに満足したのか、終始白…

森は球界の“類型ロード”まっしぐら

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

西武 森友哉 その先に清原和博がいないことを切に願う

その先に清原和博がいないことを切に願う。 もちろんファッションは個人の自由だから、森のそれを否定するつもりはない。だが、これだけ価値観が多様化した現代にもかかわらず、なぜ球界にはこの類型が多いままなのだろう。一般社会には、経済力を誇示するような振る舞いは下品で恥ずかしいことだと考える金持ちもそれなりにいるが、球界にはあまり見かけない。人生訓が大好きな野村克也にしたっ…

“呪縛”から逃れられる日は来るのか・・・

モデル仲間が証言 “清原姓”を捨てた亜希の「決別の意志」

覚醒剤取締法違反の罪で公判を控える清原和博被告(48)の元妻でモデルの亜希(47)の「再出発」は順調に進んでいる。 3月には自身がプロデュースしたブランド「AK+1 by EFFE BEAMS」を立ち上げ、同時に離婚後も名乗っていた「清原姓」を捨て、タレント名を「亜希」と改めた。さらに、スキンケアブランドのCM出演も決まり、懸念されていた子供たちの養育費の心配も薄れ…

田代まさしは「日本ダルク」のスタッフに

田代まさしが激白 清原逮捕時「ストロー発見」の意味とは

清原和博(48)の覚醒剤事件でNHKのニュース番組にも出演するなど一躍、脚光を浴びたのが田代まさし(59)。“経験者”としてクスリの怖さを知り尽くす田代は現在、薬物依存症リハビリ施設「日本ダルク」のスタッフとして働いている。清原逮捕のニュースに何を思うのか。改めて話を聞いた。 ◇ ◇ ◇ 僕がいつも言っているのは「まだ回復途中なので、他人のことを言える立場じゃない」…

ブログで子煩悩な面を見せる清原

息子に会えるのは週1? 清原のブログが「悲しい」と話題

11月25日にブログを始めた元プロ野球選手の清原和博(48)。そこにつづられた2人の息子との交流が毎回哀愁をおびていると話題だ。 12月14日にアップされた「昨日」というエントリーでは、昨年離婚したモデルの清原亜希さん(46)の元にいる中学生の長男と小学生の次男と食事をしたことを公表。ポエム調ともいえる独特の文体で、「久しぶりに 息子達3人で 焼き肉を食べた あっと…

「竜の入れ墨だけはダメ」と亜希夫人/(C)日刊ゲンダイ

別居中の清原 クラブ通い&茶髪女性と遊ぶ“独り身”の夜

週刊文春が報じた薬物疑惑報道をきっかけに別居を始めた清原和博(46)と亜希(45)の大物夫婦。小学6年生と3年生の2人の息子も、妻と行動をともにした。持病の糖尿病治療には規則正しい生活が欠かせないが、夫はひとりで暮らす高級マンションに帰る日々だ。 「刃物を持って追いかけ回した」「朝5時くらいから、家が壊れるかと思うほど壁がどんどん叩かれる」――週刊誌は、危機的な夫婦…

全身に入れ墨がある清原被告

痛みや費用は…清原被告の「入れ墨」消せるか医師に聞いた

「懲役2年6月、執行猶予4年」の判決が下った清原和博被告(48)に関して、1日のスポーツ紙やテレビは更生を願う関係者たちのコメントであふれ返った。 プロ野球OBやかつての同僚たちの「更生してぜひ、球界に復帰して欲しい」とか、「清原には野球がある」といったコメントをこれでもかとばかりに、お涙頂戴で報じている。 判決が出る以前には、プロ野球は難しくても少年野球やアマ球界…

元夫・清原被告は息子との再会を切望

幸せ強調の亜希につきまとう “元清原夫人”としての話題性

清原和博被告(48)に判決が言い渡された31日、元妻でモデルの亜希(47)はコメントを発表することはなく、所属事務所も一切、マスコミに対応はなかった。そんな中、亜希が発売中のファッション誌「GLOW(グロー)」(宝島社)7月号で表紙を飾り話題になっている。 亜希は同誌に初登場にもかかわらず、表紙だけでなく4ページの撮り下ろしに加え、2ページのインタビューが掲載。同…

どこまで本気の涙なのか

すぐ“死”を口に 清原被告「言葉と涙」の耐えられない軽さ

清原和博被告(48)のことだ。 17日の初公判では検察側の被告人質問で、これまでも(クスリを)やめようと思ったというがと聞かれ、「恥ずかしい話ですが、何度もやめるために自ら命を絶つことばかりを考えていた」と答えたのだ。 昨年4月、TBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に1年ぶりでテレビ出演した際には、週刊誌に薬物疑惑を報じられて過熱する一方のバッシングについて触…

これからが大変…(右は佐々木主浩氏)

初公判で懲役2年6月求刑 清原被告の“潜伏生活と支援組織”

覚醒剤取締法違反で起訴された清原和博被告(48)の初公判が17日午後、東京地裁で開かれ、検察側は懲役2年6月を求刑した。 紺色のスーツ、白いワイシャツの姿で入廷した清原被告は「間違いありません」と起訴内容を認めると、本人質問では「大変申し訳ありません」「プロ野球を目指す子供たちにも申し訳ない」と涙ながらに謝罪。 親友である佐々木主浩・元ベイスターズ投手(48)が出廷…

保釈され警視庁本部から出てきた清原被告を乗せた車

溝口敦の「斬り込み時評」

一般人、芸能人より重い清原への社会的制裁

元プロ野球選手、清原和博の覚醒剤事件初公判が5月17日、東京地裁で開かれる。依然として世間の関心は高く、裁判の傍聴が高倍率の抽選になることは間違いない。 2009年、やはり覚醒剤で挙げられた酒井法子の裁判ではわずか20席の傍聴席に6600人余が詰めかけた。330倍の倍率である。清原の裁判は軽くこれを超えるはずだ。おそらく清原に対する判決は懲役1年6月、執行猶予3年が…

1年間の失格処分の巨人・高木(左)とリオ五輪出場が消滅の桃田

犯罪者アスリートだらけの日本で問われる五輪開催資格

その東京で復活濃厚といわれる野球界では元スターの清原和博(48)が覚醒剤で逮捕され、グラウンドには野球賭博とスキャンダルが蔓延。バドミントンの有力なメダル候補だった桃田賢斗(21)は闇カジノ、闇スロット店に出入りしていた。また強豪・法政大の水泳部現役部員(19)も大麻所持で逮捕された。 ■選手と裏社会の結びつき なぜ、日本のアスリートはこうも簡単に犯罪に手を染めるの…

この男の涙は軽い

シャブ漬け番長 堕落の軌跡

昔から涙腺ゆるく 清原容疑者のすすり泣きは「価値なし」

23日に覚醒剤の使用容疑で再逮捕された清原和博容疑者(48)は、警視庁の取り調べに「覚醒剤をやめたいと思ったが、できなかった」と供述。取り調べ中にすすり泣くこともあるというが、この男は昔からよく泣いた。 ドラフトで相思相愛だと思っていた巨人にフラれては目を赤く腫らし、西武入団2年目にその憎き巨人と日本シリーズで対戦した際には試合中にもかかわらず嗚咽した。象徴的なこの…

離婚後も「清原姓」を名乗り続けている清原亜希

モデル業に影響必至 “元夫逮捕”で清原亜希が背負う十字架

今月2日に清原和博容疑者(48)が覚醒剤所持で逮捕されて1週間が経過。この間、入手ルート、交友関係、オンナ問題、黒い交際など悪事という悪事が噴出しているが、一番の被害者は別れた妻でモデルの清原亜希(46)と2人の息子だ。 亜希さんは5日に「今、私にできることは多くありませんが、まずは親として、大切な子供たちを守ることが一番の責任だと思っております」とコメントを発表。…

None

怒怒哀楽劇場

番長「逮捕」 僕の映画のファンが一人消えた

清原和博は岸和田出身で「岸和田少年愚連隊」はもちろん、在日朝高生を描いた「パッチギ!」まで見てくれていて、「ファンです、映画出して下さい」とテレビ番組で言っていたのを知った。「おお! 番長」とちょっとうれしかった。 それが覚醒剤常用者となり果てていたとは愕然。今後、社会に裁かれ罰を受け、立ち直って僕の映画をまた見直し、心から懐かしんでくれる日常が彼に戻るのかどうか分…

「クスリ?風邪薬ならやりましたけど」

疑惑消えぬ清原容疑者の“TV復帰”助けたSMAP中居の責任

覚醒剤所持の現行犯で逮捕された清原和博容疑者(48)は一昨年3月の週刊文春の薬物疑惑報道以後、評論家やテレビタレントとしての仕事がなくなり生活が逼迫。子供の養育費のために自宅マンションも売却したほどの金欠状態だった。それがこの一年ほどはなぜかテレビ出演が急増……。その裏にいたのがSMAPの中居正広(43)と、某大手芸能プロダクション会長だった。 誕生日がともに8月…

2008年にはオリックスで臨時コーチを

トルネード健在 野茂英雄が計る「監督」就任のタイミング

5安打を浴びて3点を失ったものの、メジャーのパイオニアがマウンドに上がるや、ファンだけではなく味方ベンチの清原和博(48)までスマートフォンを取り出して写真撮影するといった具合だった。この手のイベントに出場すること自体が珍しい野茂は、大勢の報道陣に囲まれるなど試合後も大人気。記者の求めに応じて、広島からドジャース入りが決まった前田健太に「チャンピオンリングをもらって…

さしもの清原もこの顔…

歯医者に行った清原が弱音「膝の注射は慣れたけど怖い」

元プロ野球選手の清原和博(48)が4日、歯医者へ行く恐怖をブログにつづった。 「今から歯医者さん ひざの注射はなれたけど歯医者さんは怖い」という清原は、パーカー姿で額にサングラス、あごに白い無精ひげをたくわえた相変わらずのコワモテだ。しかし、その後の記事では「麻酔で口の感覚がない」と子供のようなしかめっ面の写真をアップ。続く「終わった」と題した記事で、「お腹すいたけ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事