日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高島礼子 自宅」に関する記事

結婚18年目で夫婦生活に終止符

保釈後に間髪入れず 高島礼子「高知東生と離婚」は大英断

1日、高知東生被告(51)との離婚を発表した女優の高島礼子(52)。高知被告はすでに拘置所から高島に対して離婚届を送っていて、7月29日に保釈された際は「(高島に)早く会いたい」と泣き言を漏らしていた。一方の高島は現在放送中のドラマ「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日系)撮影のため京都に滞在していて、高知被告の保釈については静観。これに対して、「いかにも同情を買うジ…

高知東生容疑者(左)と五十嵐容疑者が勤務していた店が入るビル

高知東生とラブホで逮捕 愛人ホステスは“ハマのお嬢さま”

捜査関係者の中には高知容疑者がクスリを教えたというより、五十川容疑者が教えたとみる人もいます」(捜査事情通) 問題の社団法人の副理事長は高知容疑者の妻で、女優の高島礼子だ。高島も五十川容疑者の存在を知っていた可能性がある。ひょっとして“妻公認の仲”というのは、ゲスの勘繰りだろうか。五十川容疑者の勤務する店の周辺では「この近くで高島礼子を見た」との目撃情報がある。 五…

不許処分で釈放となり、東京湾岸署を出るASKA

芸能界にはびこる薬物汚染 ASKAは本当に“シロ”なのか?

妻で女優の高島礼子(52)に「ばれるのが怖かった」そうで、逮捕されたラブホテルの部屋と愛人宅で計6グラム、200~300回分の覚醒剤が押収されたのも記憶に新しい。 また、10月には元女優でナチュラリストの高樹沙耶(53)が大麻所持で逮捕。7月の参院選では大麻の合法性を訴えていたが、4人の男性との奇妙な共同生活などが異様に映った。 12月には成宮寛貴(34)がコカイン…

2人の密会は200回を超えた

五十川被告と220回 高知東生被告がハマった“クスリと女”

ズブズブにはまっていたようで、高知被告は「どうやったら妻(女優の高島礼子)にバレないかということばかり考えていた」と明かした。 高知被告は2年ほど前から覚醒剤の入手が困難になり、代わって五十川被告が売人を通じ、手に入れるようになったという。今年6月に、横浜市のホテルで捕まった時2人は全裸だった。 一方の五十川被告も起訴内容は認めたが、高知被告と出会う以前にも薬物を使…

パンツが被せられた高木復興相の父・孝一氏の銅像(写真右)

下着ドロ報道が決定打…高木復興相に迫る「家庭崩壊危機」

スレンダーで女優の高島礼子さん似の美人です」(市内在住の専業主婦) 一家のあるじが“下着ドロ”と報じられた妻や娘の心中は察するに余りあるが、全ては高木復興相の素行の悪さが原因だ。敦賀駅近くの繁華街を歩くと、“夜の悪評”が出るわ出るわ。 「週刊誌の報道にあるように『酔っぱらって脱いじゃった』なんて話はよく聞きますよ。高木さんはAという店の長身美人が大のお気に入りだった…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事