日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

豊橋市の関連ニュース

視聴者もひと安心

NHK番組で“元気”アピール 加藤茶に「良かった」の声

この日の放送は、MCの笑福亭鶴瓶(64)と加藤が愛知県豊橋市を訪問するというもの。加藤は冒頭で、「前回(この番組に)出た時は、一番調子が悪い時だった」と振り返った。 加藤が前回出演したのは2014年6月。この時は鹿児島県南九州市を訪れていたが、出演中の表情が終始固かったほか、路上を歩く際の足取りがおぼつかない姿に、視聴者から「死相が出ている」などと心配の声が上がっ…

浅瀬でも要注意/(C)日刊ゲンダイ

男性が噛まれ大ケガ…日本近海には100種類のサメがいる

愛知県豊橋市の海で、蒲郡市消防本部勤務の高橋剛さん(43)がサメに襲われた事故。浜辺から約30メートルの浅瀬でサーフィンをしているときに腕を噛まれ、30針を縫う大けがを負った。 「事故が起きたのは9日午後4時ごろ。(高橋さんは)同僚らと8人でサーフィンを楽しみ、1人で海にいるときに左上腕部をサメに噛まれました。幸い、厚さ3ミリのウエットスーツを着ていたので、肉を食…

写真はイメージ

5年前の豊橋女性殺害で逮捕 トラック運転手の過去と家族

2011年に起きた愛知県豊橋市の飲食店アルバイト福山生枝さん(当時53)殺害事件で、4日、愛知県警に強盗殺人容疑で逮捕されたトラック運転手の多久英俊容疑者(52=福岡県小郡市)。 多久容疑者は11年11月、福山さんの自宅アパートで、福山さんの両手を粘着テープで縛り、首を絞めるなどして窒息死させた。その後、現金や、テレビなど2点(約2万4000円相当)を奪った疑い。多…

ちくわ稲荷寿し

小林しのぶの読む駅弁

ちくわ稲荷寿し(豊橋駅)

この名品と豊橋市の老舗・ヤマサちくわがコラボして生まれたのが、その名もずばりの「ちくわ稲荷寿し」。2010年9月の発売以来、多くの駅弁ファンに親しまれている。 容器に収まる稲荷寿司は5つ。通常版の稲荷2個のほか、梅肉とちくわ入り、うずら卵の薫製とちくわ入り、大葉の天ぷらとチーズちくわ入りという3種類の変わりダネ稲荷が並ぶ。 かんぴょうとちくわを入れた3本の海苔巻きも…

None

語り部の経営者たち

物語コーポレーション 小林佳雄会長 上場準備中に狂牛病発生の大ピンチ

人気店「焼肉きんぐ」や「丸源ラーメン」を運営する「物語コーポレーション」(愛知県豊橋市)。グループ全体で400店を展開する1部上場企業である。 会長の小林佳雄が、母きみゑが始めた「株式会社げんじ」(物語コーポレーションの前身)を継いだのは1980年、31歳の時だ。その頃は、まだ店はおでん屋など3店だけだった。会社が大きく飛躍したきっかけは、1995年に「郊外型焼き肉…

None

語り部の経営者たち

物語コーポレーション 小林佳雄会長「経営で大切なのは組織力ではなく社員一人一人の個の力です」

「物語コーポレーション」(愛知県豊橋市)は、人気店「焼肉きんぐ」や「丸源ラーメン」を運営する1部上場企業である。現在、グループの店舗数は400店を超えている。 会長兼CMOの小林佳雄は、1年アメリカに遊学、1973年に慶大を卒業し、当時フランス料理でブレークしていた「コックドール」に入社。2年ほどウエーターを経験した。その後、郷里の豊橋市に戻り、地元の日本料理店「み…

None

語り部の経営者たち

物語コーポレーション 小林佳雄会長「経営指南書」を中1の時から愛読

人気店の焼き肉チェーン「焼肉きんぐ」や「丸源ラーメン」「寿司・しゃぶしゃぶ ゆず庵」などを運営する「物語コーポレーション」(愛知県豊橋市)は、11期連続で増収増益を続けている。現在、グループの店舗数は400店を突破、売上高は600億円を超えている。 快進撃を引っ張ってきたのが会長兼CMO(マーケティング最高責任者)の小林佳雄(68)だ。小林は「自らをコンセプトメーカ…

None

語り部の経営者たち

物語コーポレーション 小林佳雄会長成功の理由は「マスマーケット」に乗り込み差別化を徹底したこと

「物語コーポレーション」(愛知県豊橋市)は、11期連続で増収増益を続けている、いま注目の1部上場企業である。全国に183店舗も展開している「焼肉きんぐ」は、休日ともなると家族連れで大いに賑わっている。 「物語コーポレーション」が急拡大したのは、会長兼CMO(マーケティング最高責任者)である小林佳雄の飛びぬけた「業態開発力」にある。 小林が最初に展開したのは、1995…

None

伊豆だけじゃない 全国の“半島”で続く揺れは大地震の兆候

さらに、愛知県の豊橋市、静岡県の浜松市で内陸地震が増えてきました。熊本地震を起こした中央構造線の並びで、糸魚川静岡構造線上の長野北部、新潟上越地方も揺れています。長くても5年以内には、南海トラフの大地震が起こる可能性があります」 また、関東地方で地震が増えているのは、東日本大震災で残ったひずみを解消するため、地盤が揺れているからだという。 「北側では、十勝から内浦湾…

高学歴で多趣味

情報番組に起用 光浦靖子が秘めた“コメンテーターの素質”

ここ数年、あけすけに自分をさらけ出す相方の大久保佳代子に差をつけられていましたが、新ジャンル開拓で巻き返せそうですよ」(テレビ雑誌記者) 1971年、愛知県豊橋市生まれ。大学在学中に幼なじみの大久保佳代子とオアシズを結成。94年の「とぶくすりZ」(フジテレビ系)のレギュラーでブレーク。現在「めちゃ×2イケてるッ!」(同)などのレギュラーの他、雑誌連載などマルチな活躍…

伊勢志摩サミットに向けた分煙環境

行政への要望が噴出した「愛知県喫煙環境を考える会」協議会

公共の喫煙場所を設置した岡崎市、豊橋市の事例について、それぞれ市議・たばこ耕作組合から報告があった。 ■喫煙所を要望しても当局が反対 要望が噴出したのは名古屋市の路上禁煙対策の改善だ。こんなエピソードが披露された。 「高山に住む(高齢の)おじが以前、名古屋へ出てきた。駅前でたばこを吸ったら、すぐに2人連れの指導員がやってきて2000円徴収された。今年、再び訪れること…

筑波大、NTT西日本を経て中日入り

県大会敗退後すぐ予備校へ…中日・藤井が語る高校球児時代

愛知県豊橋市出身の中日の藤井淳志(34)は、地元有数の県立進学校・豊橋東に進んだ。 「毎日授業が午後3、4時まであってそれから練習。専用グラウンドもナイター設備もないから時間は限られます。ティー打撃用のボールは、壊れてもテープでグルグル巻いて補修しながら大事に使っていました。できる範囲で頑張ったので、強豪校の選手のように、つらかったとか、地獄だったとかいうのはなくて…

水族館で見るのはいいけれど…(写真はイメージ)

温暖化で相次ぐサメ出没 現実味帯びる映画「ジョーズ」の世界

昨年、愛知県豊橋市の海でサーフィン中の男性がサメに襲われて、30針を縫う事故が起きたのは記憶に新しい。サメ襲撃の統計「インターナショナル・シャーク・アタック・ファイル」によると、2014年の世界の人的被害は72件に上る。 「過去の統計をみると、世界のサメの被害は年間50~70件で推移しています。米国が半数以上で大半を占めますが、日本でも数年に1回、死亡事故が起きてい…

None

4次感染まで…日本人1号に備え「MERS」関連銘柄に思惑買い

例えば、愛知県豊橋市のメッシュ製品の製造会社「くればぁ」が作る約1万円の超高級マスクが、飛ぶように売れている。 「6月10日までの2週間に10万枚売れました。昨年の今ごろは1日1000枚弱だった生産数が、現在は1万枚以上。夏場でも汗を吸い、快適に使えるタイプの売れ行きが好調です」(担当者) 戦争、災害、事故など何でも材料にしてしまう株式市場はMERS拡大にも敏感に反…

アイドルはこうでなくっちゃ(左)

あの人は今こうしている

元「おニャン子」宮野久美子さんは愛知で結婚式司会者に転身

どうぞ、こちらのソファにお座り下さい」 愛知県豊橋市。JR豊橋駅西口からクルマで3分、結婚式場「ベルアンジュール」を訪ねると、笑顔の宮野さんがいた。案内されたのはシックなインテリアに囲まれた披露宴会場のウエーティングスペースだ。 「今はこちらでの結婚式の司会をメーンに、東海地区でタレント活動をしてるんです。新郎新婦お2人の門出を祝うお席はみなさん、笑顔また笑顔じゃな…

「登里公」のHPから

豊田市旅館は摘発 温泉地で大ウケしている「エロサービス」

客にエッチな行為をさせていたため、愛知県警は経営者の渥美公太郎容疑者(54)と、豊橋市のコンパニオン派遣業の男(40)を売春防止法違反で逮捕した。 「料金にはセックス代も含まれ、コンパニオンは客室や風呂で本番させていた。その中に17歳の少女が2人いたので、警察も見て見ぬふりができなかったようです」(捜査事情通) アベノミクスの大宣伝とは裏腹に、多くの温泉地は閑古鳥が…

「くればぁ」提供

「エボラ99%殺菌マスク」を開発した日本企業のスゴい技術

従業員20人足らずの愛知・豊橋市の中小企業が、世界中の注目を集めている。西アフリカで猛威を振るい、欧米にも感染が広がりつつある「エボラ出血熱」。そのウイルスを「99%殺菌できる」というマスクを開発したためだ。 エボラ殺菌マスクを開発したのは、フィルター製造の「くればぁ」。綿やナイロンなどの繊維に抗菌性の高い「4級アンモニウム塩」を染み込ませる技術を開発。この繊維で作…

/(C)日刊ゲンダイ

スケート人生「キス&クライ」

地元のリンクが閉鎖され往復3時間の「名古屋通い」が始まった

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」 6歳から地元・豊橋市で本格的にフィギュアスケートを始めたのですが、1年もしないうちに通っていたリンクが閉鎖されることになってしまいました。せっかく始めたフィギュア。地元にリンクがなければ「習い事」はできません。両親はリンクの閉鎖時点でスケートをやめさせることも考えていた。でも、私の思いは逆でした。 当時、通っていた地…

世界選手権の鈴木明子/(C)日刊ゲンダイ

スケート人生「キス&クライ」

「デートの時滑れた方がいい」…きっかけは母の軽いノリ

愛知県豊橋市で父(和則さん=67)と共に割烹店(和乃家)を営む母(ケイ子さん=64)は幼少期から私にいろいろな習い事をさせてくれました。 「子供の頃に何か自分の好きなものを見つけて欲しい。ひとつに長けてなくても、いろいろなことができる女の子になってくれればいい」 母の強い思いもあって、私は水泳、書道、絵画、ピアノ、バレエに通っていました。1週間のほとんどが習い事。…

実は野球経験なし/(C)日刊ゲンダイ

「ルーズヴェルト~」最終回直前 工藤阿須加が語る撮影秘話

一度フォームを見てもらったけど、何も言わないから、及第点だったのかな……」 ロケでは愛知・豊橋市にある球場を使用した。 「現場では、和田(正人)さんがいつも周りに気を使ってくれて、ムードメーカー的な存在でしたね。朝4時起きで撮影が深夜に及ぶこともありました。でもロケ現場の方々が作ってくださるごはんがおいしくて元気が出ました」と、父親譲りの好青年ぶりだ。 「全力で野球…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事