日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「佐藤健 ドラマ」に関する記事

「天皇の料理番」の佐藤健と「まれ」の土屋太鳳

「天皇の料理番」もブレーク ヒット相次ぐ“料理ドラマ”の課題

先週は秋山篤蔵(佐藤健)がパリに行って修業する話で、馴染みのレギュラー陣は桐谷健太くらいしか出ず、黒木華はちょっとだけ。舞台がガラリと変わると離れる視聴者も出るのに、視聴率は相変わらずの14%超。外交官役の郷ひろみが、最後にフランス語でまくし立てるシーンが意外によかった。 恋が芽生えたフランソワーズと、俊子(黒木華)との不可思議な三角関係が気になるし、次回からは(…

映画での体当たり演技が高評価

佐藤健、尾上松也…恋愛経験が花開かせた前田敦子の演技力

その間、前田といえば泥酔して佐藤健にお姫さま抱っこされる姿を週刊誌にキャッチされたかと思ったら、歌舞伎界のホープ・尾上松也との熱愛発覚と、恋愛でばかりが注目された。女優の道を選んだかつてのAKBツートップの差は広がるばかりに見えた。しかし、その大島も現在主演している「ヤメゴク」は視聴率が平均6%前後と苦戦中。 そんな中で、女優としての前田の評判が少しずつ浮上している…

コック姿の佐藤健

TBS「天皇の料理番」好調を支える佐藤健の“独特の可愛げ”

そして今回が佐藤健だ。「仮面ライダー電王」(テレビ朝日系)やNHK大河ドラマ「龍馬伝」の岡田以蔵役で注目され、昨年は刑事ドラマ「ビター・ブラッド」(フジテレビ系)で主役を務めていた。 とはいえ、お世辞にも演技派とか芸達者といったタイプではない。だが、佐藤には独特の愛嬌というか可愛げがあり、このドラマではそれがうまく生かされている。 婿養子に入った商家を飛び出し、勝…

今年3本目の主演ドラマ/(C)日刊ゲンダイ

現場で“女王様待遇”も…武井咲に数字が伴わないジレンマ

つまり、あくまで主演・佐藤健の“添え物”的な扱いだったということです。現場での評判は悪くありませんが、女優にとって普段の人柄なんて評価の対象外ですからね」(芸能プロ関係者) ドラマ界の女王に必要なのは、一にも二にも数字の実績ということだ。…

左から川栄李奈、前田敦子、高橋みなみ

あれもこれも言わせて

ドラマで続々新境地 AKB48現役メンバー&卒業組を採点する

佐藤健やら尾上松也やらプライベートはなにかと男運が悪そうだが、仕事でストレス発散ができてよかったよかった。 現役組では、松井珠理奈が「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」(TBS系)に出演。出番は少ないが、回想シーンで中谷美紀の高校生時代を演じている。 ドラマ以外では4月に卒業したばかりの高橋みなみが5月3日「第53回歌謡チャリティーコンサート」(NHK)でベ…

佐藤健の踏ん張り次第

佐藤健「天皇の料理番」がキムタク「アイムホーム」を逆転か?

春ドラマの流れは木村拓哉vs堺雅人から、木村拓哉vs佐藤健に――。 低調ながら、誰がトップを取るのか注目されている春のドラマ。堺雅人の「Dr倫太郎」(日本テレビ系)は失速し、キムタク「アイムホーム」(テレビ朝日系)を視聴率で逆転する目はほぼなくなった。 ところが、そこに佐藤健が主演する「天皇の料理番」(TBS系)が猛烈に追い上げている。佐藤の踏ん張り次第では逆転の可…

初回からベッドシーン/(C)日刊ゲンダイ

広末涼子 NHKドラマ主演で不倫騒動の巻き返しなるか

それは過激な内容であればあるほど効果は絶大で、成功のカギは女優の覚悟が握るといっても過言ではない」(テレビ関係者) 広末は佐藤健との“不倫愛”が報じられ、イメージダウンの渦中にある。清純派女優の呼称も遠い昔。「第2の鈴木京香」になれるかどうか、正念場だ。…

「ショムニ2013」がきっかけ

熱愛発覚 本田翼が知らない“超肉食モテ男”三浦翔平の裏の顔

「昨年6月に週刊誌で佐藤健と森カンナの熱愛が報じられ、その直後にベッキーが『3人で歩いていたのにデートしているみたいに切り取られた』と“代弁否定”した騒動がありました。実はベッキーも森もショムニメンバー。写真を撮られたのは三浦、佐藤らとショムニ軍団の合コンの日で、これをきっかけに佐藤と森、三浦と本田がくっついたともっぱらです」(マスコミ関係者) 三浦は過去のインタ…

早くも「和製クリスチャン・ベール」の声が

東京ドラマアウォード席巻 鈴木亮平「世界で勝負」の可能性

NHK朝ドラ「花子とアン」で演じたヒロイン(吉高由里子)の相手役、そしてTBSテレビ開局60周年記念作品「天皇の料理番」での主人公(佐藤健)の兄役と、大作2本での演技が評価されての受賞。 同アウォードは14年7月から今年6月までに国内で放送された全作品を対象とし、〈世界に見せたい日本のドラマ〉を選奨するもので、助演賞をゲットしたとなれば“世界で勝負できる日本の俳優”…

映画で共演済み/(C)日刊ゲンダイ

忽那汐里は大丈夫? “共演者キラー”佐藤健に周囲ピリピリ

広末涼子(33)との不倫愛が報じられた佐藤健(24)。きっかけはNHK大河「龍馬伝」の共演とされる。「仮面ライダー電王」で共演した秋山莉奈(28)ともウワサになり、元AKBの前田敦子(22)をお姫様ダッコする姿も写真に撮られた。共演者キラーで、希代のモテ男。おかげで最近は、「共演NG」とする女優の事務所も少なくないとか。 それでも4月から佐藤主演のドラマが始まる。フ…

片手じゃおさまらない/(C)日刊ゲンダイ

「女斬り以蔵」の異名も…広末と“不倫疑惑”佐藤健のモテっぷり

「芸能界のモテ男といえば、DA PUMPのISSAがひところ、“平成の火野正平”と呼ばれるほどの暴れん坊でしたが、今や年少の佐藤にお株を奪われましたね」(芸能リポーター) 佐藤健(24)の驚異のモテぶりに注目が集まっている。今週、女性セブンに広末涼子(33)との不倫密会をスクープされて大騒ぎになっているが、これまでの女性遍歴を聞けば、もはや嫉妬を通り越して「アッパレ…

そうそうたる男優らと浮名を

どちらも共演者キラー 石原さとみ&山下智久が真剣交際か

石原は過去に共演した滝沢秀明、佐藤健、小栗旬など、そうそうたる俳優とウワサになった。もちろん、山Pも負けておらず、北川景子や井上真央らと浮名を流している。 石原は現在放送中の日本テレビ系「地味にスゴイ!」に主演中で、視聴率も好調だ。ただし、最近出演したバラエティー番組で「看護師さんの勉強をしていて、看護師になりたいんです。もし(芸能界を)干されたら……」と発言。ネ…

興収15億円も見えてきた

殺陣なし時代劇 映画「殿、利息でござる!」ヒットの秘密

本命視されていた同日(14日)公開の佐藤健(27)主演作「世界から猫が消えたなら」(東宝、永井聡監督)を上回る興行成績をマークしているのだ。 その勢いは公開2週目でも衰えず、ディズニーの「ズートピア」に続くランキング2位を守り、興行収入6億円を突破。最終的に及第点の2ケタ超えは堅く、15億円も見込める状況だという。製作・配給する松竹は「うれしく思っています」(同社宣…

ドラマで演じた小悪魔役を地で行く石原さとみ

長谷川博己も陥落? “共演者キラー”石原さとみがモテるワケ

これまで、嵐の松本潤(32)や俳優の佐藤健(26)、小栗旬(32)、生田斗真(30)、ロンブーの田村淳(41)などドラマや舞台の共演者たちとウワサになったほか、カメラマンや男性マネジャーとの熱愛をキャッチされたこともある。 映画「進撃の巨人」で共演した長谷川博己(38)が長年交際を続けた鈴木京香(47)と破局したのも、長谷川が石原にホレ込んでしまったのが一因ではない…

和服が似合う

「天皇の料理番」で俊子役を好演 黒木華の“色気”が話題に

平均視聴率16.1%を記録した6月28日放送の第10話は、佐藤健(26)演じる主人公・秋山篤蔵との間に待望の子供が生まれるも、関東大震災に襲われ家族は離ればなれに……というストーリー。最後に劇的な再会を果たすことから視聴者は<一番の神回だった>と高く評価したが、なかでも目立つのは、黒木華が美しく変貌したことに対する絶賛の声だ。 ドラマ中盤、俊子は体調を崩し寝込んで…

人気絶頂なのに本人はビクビク

斎藤工は心配するが…「一発屋俳優」評論家が挙げたあの名前

さすが、売れっ子、「一発屋芸人」になぞらえて「一発屋俳優」とはうまいネーミングだが、そういわれてみれば、これまで一発屋俳優っていたっけ? 「オダギリジョーや佐藤健、福士蒼汰らを輩出している『仮面ライダー・シリーズ』を細かく見ていくと、その後名前を聞かない俳優はたくさんいますね。『龍騎』を演じた須賀貴匡、『オーズ』の渡部秀、『ウィザード』の白石隼也あたりは、その後活躍…

仕事は絶好調/(C)日刊ゲンダイ

不問なの? 広末涼子の“不倫騒動”をCMスポンサーに直撃

きょう9日には第4話が放送されるが、このドラマが始まる半年前には佐藤健(25)との不倫スキャンダルが報じられ、世間を騒がせた。被災地支援のため、月の大半、家を空けているという夫のキャンドル・ジュン氏(40)との関係も心配されているが、不安定なプライベートとは対照的に仕事は大忙し。今月1日からはロート製薬のボディーケア商品「ケアセラ」のCMに出演中で、20日には映画「…

映画関係者から驚きの声

桐谷美玲、有村架純…主演映画20億円超えヒットで業界騒然

男優に目を移せば、岡田准一、福山雅治、佐藤健らの主演作が大ヒットを飛ばしていて、今の日本映画界は男優主導で動いているのが実情。桐谷と有村は今年その牙城を見事に崩した。 2人の主演作の支持者には、小学生から高校生の正真正銘の“女子”が多い。少女コミックや女子向け小説の映画化の力も大きいが、今の女子にアピールする桐谷と有村の個性なくしては多くの支持はなかっただろう。 …

キャンドル氏とすれ違い状態/(C)日刊ゲンダイ

広末涼子、ついに「離婚協議入り」情報…不倫疑惑が決定打か

今年3月に年下俳優の佐藤健(25)との不倫疑惑を報じられているだけに、聞き捨てならない。 広末といえば、03年にモデルと“でき婚”、翌年に長男を出産し、08年にHPで離婚を公表。10年にはキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏(40)と再婚し、11年に次男を出産した。また離婚となれば、バツ2の2児のママだ。 「広末は、30代で数字(視聴率)を稼げる数少ない女優…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事