日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

和田アキ子に関する記事

ツイッター、飽きちゃった?

飽きた? 終わった? 和田アキ子がツイッター3カ月更新せず

昨年9月に鳴り物入りで始まった歌手・和田アキ子(66)のツイッターに閑古鳥が鳴いている。実は2016年2月22日のツイートを最後に更新が途絶えているのだ。 和田は「CDのケースの開け方が分からず、最初の内は毎回ケースを叩き割ってCDを取り出していた」などの機械音痴伝説で有名。それだけにツイッター開設は当初、驚きを以て迎えられた。NHK紅白歌合戦の出演目当ての話題作り…

和田アキ子にとってはメモリアル

40回目紅白濃厚の和田アキ子は今年も後輩とセット出場か

「今回も後輩で当確狙いか」と芸能関係者が噂するのが和田アキ子(66)。年末の紅白出演者の顔ぶれ予想が始まり、紅組司会に「とと姉ちゃん」ヒロインで国民的人気を得た高畑充希(24)で決まりという下馬評のなか、和田の40回目の出場も濃厚だというのである。 「和田アキ子はここ数年、当落線上にあるとされ、とりわけ昨年はついに落選というみられ方をしていたんです。ところが、所属す…

None

和田アキ子 NHKへの恨み節は屈折したラブコールか

和田アキ子(67)のNHKへの恨み節が凄いと話題だ。和田が司会のTBS系「アッコにおまかせ!」で16日、フィギュアスケート浅田真央の引退会見を取り上げた際、「トリプルアクセルに声をかけるとするなら?」の質問がNHKアナのものだったと知るや、「NHKの人なんですか? じゃあちょっとコメント差し控えさせていただきます」とそっぽ。「私、意外に水に流せないんです。去年、ちょ…

和田アキ子さん

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

和田アキ子さんは子宮全摘 I期なら妊娠出産できる手術ある

「人生でこれだけ泣けるのかって思うくらい泣いたね」 歌手の和田アキ子さん(66)がバラエティー番組で、36年前にがんを宣告されて子宮を全摘されたいきさつを語り、つらい心境を吐露していました。 子供が欲しくて検診を受けたら、がんが見つかり、子宮を全摘したそうです。当時30歳。妊娠適齢期です。女性なら涙を流すのは当然でしょう。 ■ウイルス感染が原因 子宮がんには、子宮の…

紅白落選には触れず…

和田アキ子 紅白落選“完全スルー”でご意見番の限界も露呈

和田アキ子(66)にとってNHK紅白歌合戦落選が決まって以来、初のテレビ生出演となった4日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系、11時45分~)。例年なら紅白にかける意気込みや熱意を喜々として語るのが恒例だが、今年はその話題に触れることは一切なし。恨み節でも嘆き節でもよかったのに完全スルーしたため、SNSやネット上には「アッコちっちぇえ」「他人のことはしつこくやる…

今年の紅白は「見たくない」と恨み節

あれもこれも言わせて

和田アキ子「紅白落選」は終わるものは終わる閉経と一緒

「紅白」出場歌手が発表され、一番の話題が「和田アキ子落選」。ワイドショーではアッコの息のかかったタレントがNHKの仕打ちをそしり、アッコへの忠誠を必死にアピールしているようで嘆かわしい。それこそが視聴者がアッコを嫌う一番の理由なのに。 生放送の「アッコにおまかせ!」にどんな顔で出てくるのか、毎年行っている「紅白」の話題をやるのかやらないのかを楽しみにしてたら、「クイ…

人気に陰りが見える和田アキ子

芸能界クロスロード

女が嫌いな女1位…和田アキ子はなぜバッシングされるのか

和田アキ子(66)が「紅白」に落選。蜂の巣をつついたような騒ぎになっている。賛否両論あれ、これだけの騒動になるのも和田が大物たる証明だろう。40回目の節目の出場だっただけに、本人の落胆ぶりも伝わっているが、NHKは「総合的な判断」と漠然とした落選理由。近年、和田は「紅白」に選ばれるたびにバッシングを受けていた。 「ヒット曲がない」「事務所のゴリ押し」などが主な非難だ…

異例の「見たくない」宣言

落選でケンカ腰…和田アキ子にNHK紅白“永久追放”の心配

27日のワイドショーや情報バラエティーでも、今年のNHK紅白歌合戦に和田アキ子(66)が落選したことを軒並み取り上げたほど。同じホリプロに所属する女医の西川史子は「ホリプロ内はかなりザワザワしてます。アッコさんの功績を考えて、ちゃんと花道を飾ってあげるべき」とNHKを公然と批判。どうやら、NHKとホリプロとの間に“しこり”ができるほど、今回の選考は揉めてしまったら…

40回出場は幻に?

すでに落選報道…和田アキ子「紅白」逆転出場はあるのか

今年で40回目の出場となる歌手の和田アキ子(66)が落選したというのだ。40回の“メモリアル”ということで、出場が確実視されていただけに、関係者のショックは大きいという。 “アッコ落選”に拍車をかけたのが、今年の司会だ。紅組は朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロイン・高畑充希(24)で決まりとみられていたが、フタを開けてみると、来年の朝ドラ「ひよっこ」のヒロイン・有村架純(…

“犬猿の仲”といわれた小林幸子と和田アキ子

同じ紅白選出でも…小林幸子と和田アキ子を分けた“明暗”

あえて言えば、近年「なんで選ばれるの」と批判の矢面に立っている和田アキ子が今年も選ばれたことぐらい。選考基準には【(1)今年の活躍。(2)世論の支持。(3)企画、演出面】とある。「特別枠」として選出された小林は(3)に当てはまるのだろうが、和田に照らし合わせてみると――。和田の活躍は確かに飛び抜けているが、歌手としてよりもタレントとしての活躍が大。付属するように世論…

川島さんを大勢が見送った(左)

訃報をスルー…和田アキ子「川島なお美さんと不仲」の真相

和田アキ子(65)である。芸能界の“ゴッド姉ちゃん”として多くのタレントに慕われ、人一倍情に厚い人だが、川島さんへのわだかまりが亡くなる前から話題だったためだ。 通夜、告別式には多くの芸能プロ、タレントが供花を送ったが、斎場に和田の名札は見当たらなかった。生前の付き合いにもよるし、所属事務所は違うので、なくても何らおかしくないのだが、実は9月7日、川島さんがシャンパ…

38回出場の常連だが…

ツイッター開始も話題にならず 和田アキ子“紅白落選”ピンチ

歌手の和田アキ子(65)が先月18日、突如、公式ツイッターを開設。しかし、それほど頻繁に書き込むわけでもなく、ほとんどは仕事絡み。開設1週間ほど経った時点で、フォロワーは約4万7000人を超えたほどで“人気爆発”とはいかないようだ。 「このところ、ネットニュースなどを中心にやたらと和田のバッシング記事が出始めている。そんなこともあって、イメージアップのために“素”を…

芸能評論家が“素顔”を語る

嫌い部門トップも「好き」で4位 和田アキ子“本当の評価”は?

嫌いな女性有名人のトップに和田アキ子(65)が選ばれたのは分かる(?)として、好きな有名人部門でも和田は4位にランクされていた。ちなみに、「嫌い」部門で和田に続くのは神田うの、泉ピン子、熊切あさ美、安藤美姫など。逆に「好き」部門で和田の上を行くのはローラ、松田聖子、ベッキーのみ。両部門で顔を出すのは和田とローラぐらいだ。 同誌で作家の岩井志麻子さんが「その人たちの…

「かわいい」のひと言だった

あの人は今こうしている

元お天気お姉さん相沢早苗 和田アキ子専属マッサージ時代も

和田アキ子さんからご指名をいただいて施術したところ、“専属契約しない?”って。約3年半、『アッコにおまかせ!』の収録後、マッサージのために楽屋に通いました」 その後、姿勢保健均整師の資格を得たのをきっかけに「さなえ健康工房」を開業。さらに介護予防運動指導員、健康運動実践指導者、ウオーキングトレーナーなどの資格を取得。婦人会や介護施設などで中高年の健康づくりをサポート…

小物も大物もバッサリ/(C)日刊ゲンダイ

和田アキ子食い “新・ご意見番”泉ピン子にTV界が熱視線

ワイドショーの番組スタッフが何かコトが起きると重宝してきたのが「芸能界のご意見番」こと和田アキ子(64)だ。ちなみに“ご意見番”とは、テレビ局やタレントから一目置かれ、他の事務所に所属するタレントについても遠慮なく持論を展開し、毒舌を吐ける人物のこと。ところが最近、和田の舌にキレがなくなってきたという。 「以前ならまさにズバリのコメントを的確に発してくれたんですが、…

公私とも親しい2人/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

安田美沙子「壁にぶつかるたびに和田アキ子さんがアドバイスを」

安田美沙子(32)はTBS系「アッコにおまかせ!」の準レギュラーになった10年前、和田アキ子(64)から「ほな、飲みいこか」と誘われて……。 アッコさんは怖いイメージもあるし、挨拶とかマナーに厳しい方ですので、とても緊張したのを覚えています。でも、お酒の席でカチカチになっていても、かえって失礼ですよね。だからどうせならたくさん飲もう、酔っぱらってしまっても仕方ないっ…

芸能界のゴッド姐さん/(C)日刊ゲンダイ

“無理チュー”類焼?蒸し返された和田アキ子「酔うとキス魔」

今回の騒動とはまったく無関係ながら、“キス強要”つながりで各局で名前が上がったのが、歌手の和田アキ子(64)。和田といえば酔うとキス魔になることで知られ、唇を奪われた男性タレントたちが度々そうしたエピソードを明かしている。 皮切りは「サンデー・ジャポン」(TBS系)。出演者たちが口々に橋本氏を批判する中、司会を務める爆笑問題の太田光(49)が「(キス魔)というのはア…

野々村県議のブログから

和田アキ子 “号泣県議”にア然…「兵庫の人は平気なんかな」

歌手の和田アキ子(64)が、6日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、政務活動費の不正使用疑惑で“号泣会見”を開いた野々村竜太郎兵庫県議(47=無所属、西宮選出)をバッサリ切り捨てた。 番組では、野々村県議について「動画再生回数460万回を突破」「195回の日帰り出張は地球2周分の移動距離」などと大々的に特集。 和田は野々村県議のコーナーが始まるや、「どうしち…

ゴッドねえちゃん/(C)日刊ゲンダイ

辻&中山“中性化離婚騒動”に和田アキ子「私はどうなんねん」

9日、リーブ21「第14回発毛日本一コンテスト」が開かれ、イメージキャラクターの和田アキ子(63)がゲスト出演した。 このイベント中は、STAP細胞の論文問題で小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が記者会見の真っ最中。和田は「みなさんが聞きたいはずの小保方晴子さんの会見は私も非常に興味があったんだけど、このお仕事でテレビが見られなかったから、よく分からないの」と前…

None

リップサービスが命取り 和田アキ子はネット世論に“抹殺”される!?

「女性として人間としてさみしいかな」 芸能界のご意見番こと歌手の和田アキ子(63)が、不倫→離婚→休業のタレント矢口真里(30)に対して、そんな苦言を呈していた。矢口が“間男”と半同棲状態と報じられたからだ。 「もう大人なんだから、周りのことをもうちょっと考えないと」とも話していたが、まあ“正論”なんだろう。 ネット上では<今回に関しては、その通りだと思う>なんて和…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事